佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第1章 教育学部 > 第2款 管理運営
佐賀大学教育学部・大学院学校教育学研究科施設・安全衛生管理規程
(平成28年3月20日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,佐賀大学教育学部及び大学院学校教育学研究科(以下「本学部」という。)における安全衛生管理及び環境保全活動を円滑に進めるため,必要な事項を定めるものとする。
(施設・安全衛生委員会) 
第2条 本学部に,佐賀大学教育学部・大学院学校教育学研究科施設・安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を置く。 
(審議事項) 
第3条 委員会は,次に掲げる事項について,立案・審議する。  
(1) 教育学部及び学校教育学研究科の施設に関すること。 
(2) 職員及び学生の安全衛生活動に関すること。 
(3) 職員及び学生に対する安全教育に関すること。 
(4) 安全衛生管理状況の点検及び改善策に関すること。 
(5)) 人身事故,施設設備の損壊又はこれに類する事故(以下「事故」という。)が発生した場合の事故原因の解明及び対策に関すること。 
(6) 環境保全に関すること。 
(7) その他教育学部長又は学校教育学研究科長(以下「学部長」という。)が諮問する事項に関すること。 
(巡視・勧告・指導・助言)
第4条 委員会は,必要に応じて,本学部の安全衛生管理状況を巡視により確認し,その結果等に基づき,学部長に対し,勧告・指導・助言を行うことができる。  
(組織) 
第5条 委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。  
(1) 各グループ及び学校教育学研究科から推薦された教員 各1人 
(2) 事務長 
(3) その他学部長が必要と認めた者 若干人 
(任期) 
第6条 前条第1号及び第3号の委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。  
2 前条第1号及び第3号の委員に欠員が生じた場合の補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。  
(委員長) 
第7条 委員会に,委員長を置き,委員の互選によって定める。  
2 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。  
3 委員長に事故があるときは,あらかじめ委員長が指名した委員が,その職務を代行する。  
(議事) 
第8条 委員会は,委員の過半数の出席がなければ,議事を開き,議決をすることができない。  
2 議事は,出席者の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。  
(委員以外の者の出席) 
第9条 委員長は,必要があると認めるときは,委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。  
(職員の措置) 
第10条 事故の発生を知った職員は,事故発生区域を管理する者(以下「責任者」という。)及び学部長に直ちに通報しなければならない。  
(責任者の措置) 
第11条 責任者は,事故発生の通報を受けたときは,直ちに事故の状況把握に努め,事故の程度を考慮し,次に掲げる措置をとるものとする。  
(1) 人が死傷した場合は,直ちに医師又は救急車を呼ぶ等,救護の措置をとること。 
(2) その他自己の判断により必要な緊急措置をとること。 
(3) 必要に応じて,事故の状況を学部長へ報告すること。 
2 警察への通報は,学部長が行うものとする。ただし,状況が切迫している等相当の理由があるときは,責任者が通報を行うことができる。この場合は,責任者は,その旨を直ちに学部長に報告しなければならない。  
(緊急時の措置) 
第12条 事故の発生を知った職員は,その事故が緊急に措置をとる必要のあるものであり,かつ,責任者に通報してその措置を待ついとまがない場合には,自ら事故の状況把握に努め,前条に掲げる措置をとるものとする。  
2 前項に掲げる措置をとった職員は,直ちに責任者に報告しなければならない。  
(学部長への報告) 
第13条 責任者は,第11条に定める措置をとった後,又は前条第2項に定める報告を受けた場合は,別紙様式により直ちに学部長に報告しなければならない。  
2 事故報告を受けた学部長は,事故調査,原因解明及び再発防止対策について委員会に検討を指示し,適宜その報告を受けるものとする。  
(教授会等への報告) 
第14条 学部長は,本学部における安全衛生管理及び環境保全の状況並びに事故処理状況について教授会又は研究科委員会に適宜報告するものとする。  
(本庄地区安全衛生委員会への報告) 
第15条 委員会は,委員会の活動について国立大学法人佐賀大学本庄地区安全衛生委員会へ報告しなければならない。  
(専門部会) 
第16条 委員会が必要と認めたときは,専門部会を置くことができる。  
2 専門部会に関し,必要な事項は,委員会が別に定める。  
(事務) 
第17条 委員会の事務は,学務部教務課,学務部学生生活課及び教育学部事務部において処理する。  
(附属学校園における安全衛生管理) 
第18条 本学部と附属学校園は,安全衛生管理について相互に連携協力を図るものとする。  
2 附属学校園における安全衛生管理については,別に定める。  
(雑則) 
第19条 この規程に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,委員会が別に定めるものとする。  
 
 
附 則 
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。