佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第2章 芸術地域デザイン学部 > 第4款 学務
佐賀大学芸術地域デザイン学部履修細則
(平成28年2月24日制定)
(趣旨)
第1条 佐賀大学芸術地域デザイン学部学生の教養教育科目及び専門教育科目の履修については,佐賀大学学則(平成16年4月1日制定),佐賀大学教養教育科目履修規程(平成25年2月27日全部改正),佐賀大学教養教育科目履修細則(平成25年2月27日全部改正),佐賀大学学部間共通教育科目履修規程(平成25年2月27日制定)及び佐賀大学芸術地域デザイン学部規則(平成28年2月24日制定。以下「学部規則」という。)に定めるもののほか,この細則の定めるところによる。
(教養教育科目) 
第2条 学部規則第8条第2項の教養教育科目の単位数及び履修方法は,別表Ⅰのとおりとする。
2 大学入門科目は,大学入門科目Ⅰを履修し,修得しなければならない。
3 共通基礎科目における外国語科目は,英語4単位を履修し,修得しなければならない。ただし,外国人留学生については,英語又は日本語のうち,母国語以外の1か国語を選択して履修するものとする。
4 共通基礎科目における情報リテラシー科目は,情報基礎概論を履修し,修得しなければならない。
5 基本教養科目は,自然科学と技術の分野,文化の分野及び現代社会の分野から合わせて12単位以上を履修し,修得しなければならない。
6 インターフェース科目は,所定の8単位を履修し,修得しなければならない。
(専門教育科目) 
第3条 学部規則第8条第3項の専門教育科目の修得単位数は別表Ⅱのとおりとする。
2 芸術表現コースの専門教育科目の履修は,別表Ⅲ及び別表Ⅳによる。
3 地域デザインコースの専門教育科目の履修は,別表Ⅲ及び別表Ⅴによる。
4 教育職員免許状取得のための授業科目は別表Ⅵのとおりとする。
5 各年度における授業科目の履修年次及び配当学期は,別に定めるものとする。
6 転入学,編入学又は再入学した者の履修方法等については,別に定めるものとする。
(卒業研究) 
第4条 卒業研究に関する細目は,別に定めるものとする。
(履修手続) 
第5条 学生は,学部規則第9条に規定する履修手続を,各学期ともに所定の期間内に終えなければならない。
2 前項の履修手続を終えなかった場合,当該学期に受講した全ての授業科目の単位は,認定されない。
3 履修科目として登録できる単位数の上限等については,別に定める。
(追試験及び再試験) 
第6条 やむを得ない理由によって定期試験を受験できなかった授業科目について,担当教員の承認を得た後,所定の願書を提出した者については,追試験を行うことがある。
2 再試験は原則として行わない。ただし,不合格と判定された授業科目について,担当教員の承認を得た後,所定の願書を提出したものについては,1回限り再試験を行うことがある。
3 追試験又は再試験の願書は,所定の期日までに提出しなければならない。
(教育職員免許状) 
第7条 教育職員免許状の取得に関する授業科目の履修方法等については,別に定めるものとする。
(雑則) 
第8条 この細則に定めるもののほか,学生の履修に関し必要な事項は,教授会において別に定める。
 
 
附 則 
 この細則は,平成28年4月1日から施行する。 
附 則(平成30年1月17日改正)
 この細則は,平成30年4月1日から施行する。
附 則(平成31年2月20日改正) 
1 この細則は,平成31年4月1日から施行する。 
2 平成31年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学,編入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(令和2年1月15日改正) 
1 この細則は,令和2年4月1日から施行する。
2 令和2年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学,編入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
 
 
別表(第2条,第3条関係)