佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第20編 大学院 > 第1章 学校教育学研究科 > 第2款 管理運営
佐賀大学大学院学校教育学研究科運営委員会規程
(平成28年3月20日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,佐賀大学大学院学校教育学研究科(以下「研究科」という。)委員会規程(平成28年3月20日制定)第7条の規定に基づき,佐賀大学大学院学校教育学研究科運営委員会(以下「運営委員会」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。  
(任務) 
第2条 運営委員会は,次に掲げる事項を協議する。  
(1) 教員(非常勤講師を含む。)の配置要望に関する事項 
(2) 研究科担当教員の資格審査に関する事項 
(3) 研究科の教育の編成に関する事項 
(4) 課程の修了及び学位の授与に関する事項 
(5) 入学者選抜に関する事項 
(6) 入学その他学生の身分に関する事項 
(7) 学生の就職に関する事項 
(8) その他教育研究及び管理運営に関する事項 
(組織) 
第3条 運営委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。  
(1) 研究科長 
(2) 副研究科長 
(3) 研究科専任の教授,准教授,講師及び助教 
(4) 佐賀県教育委員会との協定書(平成28年1月5日締結)に基づき,佐賀県教育委員会からみなし実務家教員として派遣された者 
(特別委員) 
第4条 教育評価システムにおいて運営委員会が担当する事項を審議するに際しては、教育学部附属教育実践総合センターを代表する者が特別委員として出席する。 
(委員長) 
第5条 運営委員会に委員長を置き,副研究科長をもって充てる。  
2 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。  
3 委員長に事故あるとき,又はその他の事情により職務の執行が困難なときは,あらかじめ委員長が指名した委員が,その職務を代行する。  
(委員以外の者の出席) 
第6条 委員長が必要と認めるときは,運営委員会に委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。  
(コース長会議及び専門部会) 
第7条 運営委員会に,研究科全体にわたる事項を調査検討するため,別表に定めるコース長会議を置く。  
2 運営委員会に,専門的事項を調査検討するため,別表に定める専門部会を置く。
3 コース長会議及び専門部会において調査検討した事項は,運営委員会及び研究科委員会に報告若しくは付議するものとする。  
4 別表に定めるコース長会議及び専門部会における委員は,研究科運営委員会の議を経て委員長が委嘱する。  
5 前項の委員の任期は2年とし,再任を妨げない。  
6 第3項の委員に欠員が生じた場合の後任の委員の任期は,前任者の残任期間とする。  
(事務) 
第8条 運営委員会の事務は,教育学部事務部が行う。  
 
 
附 則 
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。 
   附 則(平成30年11月22日改正) 
 この規程は,平成30年12月1日から施行する。
附 則(令和2年4月8日改正) 
 この規程は,令和2年4月8日から施行し,令和2年4月1日から適用する。
 
 
 
別表(第7条関係)  

コース長会議

コース長 

・全体に関すること(予算、施設、人事、評価(認証、全学、学部)、共同研究活動)

・研究成果発表会の企画運営

・教育コーディネーター会議

・レクリエーション(忘年会、歓送迎会等)

入試広報専門部会

各コースから最低1名 計3名

※コース長もいずれかの専門部会に所属する。

 

・入試(募集要項・出願書類の提案、合否判定基準の提案、実施要項・実施計画・監督要項の提案、担当者の提案、評価ポリシーの提案、作問担当者会議の資料提案、実践研究計画書採点の資料作成、筆記試験・口述試験採点の資料作成、入学試験の運営、採点の集計、入学試験会場設営と片付け、入学試験成績表の作成、合格者の提案)

・入試に関する広報(学生募集要項・出願書類・ちらし等の作成と広報活動、入試説明会開催の案内と実施、佐賀県教育専門部会への説明会)

教育学生専門部会

各コースから最低1名 計6名

※コース長もいずれかの専門部会に所属する。

 

・教員採用試験対策(県教委との意見交換会、採用試験対策(面接と模擬授業)の計画)

・探究実習(県庁で実習先の校長に探究実習についての説明会、探究実習事前計画発表会、探究実習事後発表会、新入生実習先決定に向けた県教委との会議)

・学生関係(院生の係、ライフレポート、図書館オリエンテーション、奨学金、就職支援システムへの入力の催促、院生への意見や要望の聞き取り)

・教務関係(教育貢献度評価指標の精査、授業評価アンケートの分析と考察、授業科目のナンバリング、履修の手引きの見直し)

・全学教務専門部会

・全学学生委員会

・人権教育

・FD委員会

地域貢献研究専門部会

各コースから最低1名 計5名

※コース長もいずれかの専門部会に所属する。

・県との連携協力事業・教職大学院部会(実践的指導力向上事業、学校トップリーダーの資質向上事業、特別支援教育の教員研修に関する事業)

・学校教育学研究科紀要の作成

・倫理審査委員会

・修了生のフォローアップ事業(ニッツカフェ等)