佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第23編 美術館
佐賀大学美術館における募金箱による少額の寄附金の受入れに関する要項
(平成28年6月22日制定)
(目的)
第1 この要項は,佐賀大学美術館(以下「美術館」という。)への支援を目的とする募金箱による少額の寄附金の受入れについて,国立大学法人佐賀大学寄附金事務取扱規程(平成16年4月1日制定)第12条に基づき,必要な事項を定め,その適正な管理を図ることを目的とする。
(設置)
第2 学長の承認のもと,美術館に募金箱を設置する。
(募金箱の仕様及び鍵の保管)
第3 募金箱は,施錠可能なものとし,美術館において厳重に管理しなければならない。ただし,施錠した鍵は,国立大学法人佐賀大学会計事務委任規程(平成16年4月1日制定)第2条の規定により美術館における収入金の収納に関する事務の委任を受けた者(以下「収納事務受任者」という。)が保管するものとする。
(募金の収納)
第4 募金箱を開けるときは,収納事務受任者は他の教務課事務員の立会いにより現金を収納した上で募金額報告書を作成し,美術館長に報告するものとする。
2 美術館長は,前項の報告を受けたときは,学長に報告するものとする。
(募金の受入れ)
第5 募金箱により受け入れた現金は,寄附金として取り扱うものとし,募金箱に現金が投入されたことにより,寄附者から寄附金の申入れがあったものとみなすものとする。
(雑則)
第6 この要項に定めるもののほか,募金箱による少額の寄附金受入れに関し必要な事項は,学長が別に定める。
 
 
附 則
 この要項は,平成28年6月22日から実施する。
附 則(平成30年3月8日改正)
 この要項は,平成30年4月1日から実施する。