佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第5章 医学部附属病院 > 第13款 横断的診療班
佐賀大学医学部附属病院横断的止血・血栓診療班内規
(平成29年5月2日制定)
 (設置) 
第1条  佐賀大学医学部附属病 院(以 下「本院 」という 。)に ,佐賀大学医学部附属 病院規則(平成16年4月1日制定)第14条の規定に基づき,佐賀大学医学部 附属病院横断的止血・血栓診療班(以下「横断的止血・血栓診療班」という。)を置く。
(目的) 
第2条  横断的止血・血栓診療班は,止血・凝固・血栓に係る様々な疾患や病態について,内科,小児科のみならず,外科,高度救命救急センター,手術部,薬剤部及び検査部等,多職種が総合的な診療体制を整備することにより,治療方法の標準化や該当薬剤を適正に使用することを目的とする。
(組織) 
第3条  横断的止血・血栓診療班は,次に掲げる者をもって組織する。
(1) 内科及び小児科を担当する医師     若干人
(2) 産科婦人科の医師           若干人
(3) 高度救急救命センターの医師      若干人
(4) 手術部あるいは集中治療部の医師    若干人
(5) 薬剤師                若干人
(6) 検査部及び輸血部の技師        若干人
(7) その他病院長が必要と認めた者
2  前項に掲げる者は,各所属又は配置部署の長が病院長に推薦するものとする。  
3  構成員の任期は1年とし,再任を妨げない。
(リーダー及びサブリーダー)  
第4条  横断的止血・血栓診療班にリーダー及びサブリーダーを置き,第3条第1項に属する構成員の中から病院長が指名する。
2  リーダーは,横断的止血・血栓診療班の活動を統括し,必要に応じ,構成員を招集して連絡会議を開催し,その議長となる。
3  リーダーは,横断的止血・血栓診療班の活動状況等を病院長に報告する。
4  サブリーダーは,リーダーを補佐し,リーダーに事故がある時はその職務を代 行する。
(活動内容)  
第5条  横断的止血・血栓診療班は,次に掲げる活動を行う。
(1) 本院における止血・血栓診療の企画・立案に関すること。
(2) 止血・血栓診療に対する各部門への教育・指導及び助言に関すること。
(3) 抽出された問題症例及び診療事項に対して ,定期的にカンファレンスを行う。
(4) 止血・血栓診療に関する使用薬剤及び検査方法に関する実態調査を行う。
(5) 標準的な治療及び最新技術に関する情報収集の取り組みを行う。
(6) 必要に応じて他施設の専門家と連携して診療を行う。
(7) その他止血・血栓診療に関すること。
(院内の協力体制)  
第6条  横断的止血・血栓診療班は,活動を円滑に行うため,診療科及び診療施設等の部署に対して協力を要請することができる。
2  協力を要請された部署は,業務に支障のない限り要請に応えるものとする。
(横断的止血・血栓診療班協力者)  
第7条  横断的止血・血栓診療班に ,活動の支援のため,横断的止血・血栓診療班協 力 者を置くことができる。
2  横断的止血・血栓診療班協 力者は ,当該協力者の所属又は配置部署の長の了承を得てリーダーが委嘱する。
(事務)  
第8条  横断的止血・血栓診療班に関する事務は,医事課が行う。
(その他)  
第9条  この内規に定めるもののほか ,横断的止血・血栓診療班の 運営に関して必要な事項は,別に定める。
 
 
 
附 則 
 この内規は,平成29年5月2日から施行し,平成29年4月1日から適用する。  
   附 則(平成29年6月7日改正) 
 この内規は,平成29年6月7日から施行し,平成29年4月1日から適用する。 
附 則(平成30年3月20日改正) 
 この内規は,平成30年4月1日から施行する。