佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第6編 リージョナル・イノベーションセンター
国立大学法人佐賀大学リージョナル・イノベーションセンター知的財産審査委員会規程
(平成29年10月4日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人佐賀大学リージョナル・イノベーションセンター規則(平成29年9月27日制定)第18条第2項の規定に基づき,国立大学法人佐賀大学リージョナル・イノベーションセンター知的財産審査委員会(以下「審査委員会」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2条 この規程において「発明等」とは,特許,実用新案,意匠,半導体回路,種苗,商標,有体物その他の国立大学法人佐賀大学知的財産管理規程(平成16年4月1日制定)で定める知的財産をいう。
(審議事項)
第3条 審査委員会は,次に掲げる事項を審議する。
(1) 権利の帰属に関する事項
(2) 発明等の出願に関する事項
(3) 審査請求に関する事項
(4) 権利の維持継続に関する事項
(5) その他発明等に関する事項
(組織)
第4条 審査委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。 
(1) 副センター長
(2) 知財戦略・技術移転部門長
(3) 知財戦略を担当するコーディーネーター
(4) 客員教授のうちからセンター長が必要と認めた者 若干人
(5) その他センター長が必要と認めた者 若干人
(委員長及び副委員長)
第5条 審査委員会に委員長を置き,前条第2号の委員をもって充てる。
2 委員長は,審査委員会を招集し,その議長となる。
3 審査委員会に副委員長を置き,前条第1号の委員をもって充てる。
4 副委員長は,委員長を補佐し,委員長に事故があるときは,その職務を代行する。
(議事)
第6条 審査委員会は,委員の過半数が出席しなければ,議事を開き,議決をすることができない。
2 審査委員会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。
3 前2項の規定にかかわらず,審査委員会は必要に応じて書面会議により議事を開き,議決することができるものとする。この場合において,書面会議の議事は,委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。
(委員以外の者の出席)
第7条 委員長は,必要と認めるときは,委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。
(事務)
第8条 審査委員会に関する事務は,学術研究協力部社会連携課が行う。 
(雑則)
第9条 この規程に定めるもののほか,審査委員会に関し必要な事項は,別に定める。
 
 
附 則
 この規程は,平成29年10月4日から施行し,平成29年10月1日から適用する。