佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第5編 教育研究院
国立大学法人佐賀大学教育研究院規則
(平成30年2月28日制定)
(趣旨)
第1条 この規則は,国立大学法人佐賀大学基本規則(平成16年4月1日制定。以下「基本規則」という。)第10条第2項の規定に基づき,国立大学法人佐賀大学教育研究院(以下「教育研究院」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。
(目的)
第2条 教育研究院は,教員を教育研究院に一元的に所属させることにより,国立大学法人佐賀大学における教員人事の透明性の確保,定員の適正配置を実現するとともに,総合大学としての特色をいかした全学的な教育研究活動の充実,社会のニーズに対応した学際分野の創出等を推進することを目的とする。
(組織)
第3条 教育研究院に,次に掲げる学域並びに学系及び系(以下「学系等」という。)を置く。 

学   域

学 系 等

人文・社会科学域

教育学系

芸術学系

経済学系

医学域

医学系

医療系

自然科学域

理工学系

農学系

(教員の所属)
第4条 教員は,教育研究院のいずれかの学域及び学系等に所属する。
2 教育研究院に所属する教員は,国立大学法人佐賀大学職員人事規程(平成16年4月1日制定)別表に規定する教育職員(附属学校教員を除く。)及び国立大学法人佐賀大学契約職員人事規程(平成21年3月11日制定)別表に規定する教育職員(寄附研究部門教員を除く。)とする。
(教員の担当業務)
第5条 教員は,教育研究院の運営に関する業務を担当するほか,次の各号のいずれか又は複数の業務を担当する。
(1) 学部及び大学院並びに全学教育機構における教育,研究,運営等に関する業務
(2) 医学部附属病院における診療,運営等に関する業務
(3) 基本規則に規定する組織(前2号に規定する組織を除く。)に関する業務
(4) その他必要な業務
(教育研究院長)
第6条 教育研究院に教育研究院長(以下「院長」という。)を置き,学長をもって充てる。
2 院長は,教育研究院の業務をつかさどり,教育研究院所属の教員を統督する。
(副教育研究院長)
第7条 教育研究院に副教育研究院長(以下「副院長」という。)を置き,理事(非常勤を除く。)をもって充てる。
2 副院長は,院長の職務を補佐し,院長に事故があるときは,副院長のうちあらかじめ院長が指名したものがその職務を代行する。
(学域長等)
第8条 学域に,当該学域の業務をつかさどり,当該学域所属の教員を統督する学域長を置く。
2 学域に,学域長を補佐する副学域長を置く。
3 前2項に規定する学域長及び副学域長の選考の手続等に関し必要な事項は,別に定める。
(学系等長等)
第9条 学系等に,当該学系等の業務をつかさどり,当該学系等所属の教員を統督する学系長(医療系にあっては,医療系長。以下「学系等長」という。)を置く。
2 学系等に,学系等長を補佐する副学系長(医療系にあっては,副医療系長。以下「副学系等長」という。)を置く。
3 前2項に規定する学系等長及び副学系等長の選考の手続等に関し必要な事項は,別に定める。
(教育研究院会議)
第10条 教育研究院にその管理運営に関する重要な事項を審議するため,国立大学法人佐賀大学教育研究院会議(以下「教育研究院会議」という。)を置く。
(審議事項)
第11条 教育研究院会議は,次に掲げる事項を審議する。
(1) 教育研究院の組織及び運営に関する基本的事項
(2) 全学的な教員人事の計画に関する事項
(3) 学系等に係る教員の公募,選考の可否等に関する事項
(4) 教育研究に係る企画立案,全学的な制度等に関する事項
(5) その他院長が必要と認めた事項
(組織)
第12条 教育研究院会議は,次に掲げる構成員をもって組織する。
(1) 院長
(2) 副院長
(3) 学域長
(4) 学系等長
(5) 全学教育機構長
(6) 附属図書館長並びに共同利用・共同研究拠点及び学内共同教育研究施設の長のうち院長が指名した者 1人
(7) 各学系から推薦された教授 各1人
(8) その他院長が必要と認めた者 若干人
2 前項第7号及び第8号の構成員の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,院長の学長としての任期の末日を超えることができない。
3 第1項第7号及び第8号に規定する構成員に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
(議長)
第13条 教育研究院会議に議長を置き,前条第1項第1号の構成員をもって充てる。
2 議長は,教育研究院会議を主宰する。
3 議長に事故があるときは,前条第1項第2号の構成員のうちからあらかじめ議長が指名したものがその職務を代行する。
(議事)
第14条 教育研究院会議は,構成員の3分の2以上の出席がなければ議事を開き,議決をすることができない。
2 教育研究院会議の議事は,出席した構成員の過半数をもって決し,可否同数のときは議長の決するところによる。
3 前2項の議事及び議決に当たり,第12条第1項の各構成員で同一人が複数の役職を兼ねるときは,当該役職の数にかかわらず,1人の構成員及び1人の出席者として取り扱うものとする。
(構成員以外の者の出席)
第15条 議長が必要と認めたときは,構成員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。
(開催)
第16条 教育研究院会議は,原則として毎月1回定例により開催するものとする。
2 前項の規定にかかわらず,議長が必要と認めたときは,臨時に開催することができるものとする。
(教育研究院会議の事務)
第17条 教育研究院会議に関する事務は,総務部総務課が行う。
(学域会議)
第18条 各学域に学域会議を置く。
2 学域会議の組織及び運営に関し必要な事項は,別に定める。
(学系等会議)
第19条 各学系等に学系会議(医療系にあっては,医療系会議。以下「学系等会議」という。)を置く。
2 学系等会議の組織及び運営に関し必要な事項は,別に定める。
(室等)
第20条 教育研究院に,必要に応じ,室,委員会その他の組織(以下「室等」という。)を置くことができる。
2 前項の室等に関し必要な事項は,別に定める。
(雑則)
第21条 この規則に定めるもののほか,教育研究院に関し必要な事項は,院長が別に定める。
 
 
附 則
1 この規則は,平成30年4月1日から施行する。
2 国立大学法人佐賀大学教員組織規則(平成16年4月1日制定)は,廃止する。
3 この規則施行後,最初に推薦される第12条第1項第7号に規定する構成員は,国立大学法人佐賀大学教育研究院の設置に伴う運営体制の整備に関する要項(平成30年2月28日制定)第2第2項の規定に基づき,学長が選考した者とする。