佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第5編 教育研究院
国立大学法人佐賀大学教育研究院学域会議規程
(平成30年2月28日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人佐賀大学教育研究院規則(平成30年2月28日制定)第18条第2項の規定に基づき,国立大学法人佐賀大学教育研究院の各学域に置く学域会議の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。
(審議事項)
第2条 学域会議は,次に掲げる事項を審議する。
(1) 学域の組織及び運営に関する基本的事項
(2) 学域の将来構想及び人事計画に関する事項
(3) 教員候補者の教育研究業績の審査等に関する事項
(4) 学域におけるプロジェクト研究等に関する事項
(5) その他学域長が必要と認めた事項
2 前項第3号に規定する教育研究業績の審査等を行うに当たっては,関係する学部,研究科,センター等の意向を尊重しながら行うものとする。
(組織)
第3条 学域会議は,次に掲げる構成員をもって組織する。
(1) 当該学域の学域長
(2) 当該学域の副学域長
(3) 当該学域の学系長(医療系にあっては,医療系長。以下「学系等長」という。)
(4) 当該学域の学系会議(医療系にあっては,医療系会議)の構成員から,当該学系等長が推薦した者
(5) 教育研究院長が必要と認めた者
2 前項第4号の規定により各学系等長が推薦する構成員の人数は,次に掲げるとおりとする。

学 系 等

構成員の人数

教育学系,芸術学系,経済学系

各6人

医学系,医療系,理工学系,農学系

各8人

3 第1項第4号及び第5号の構成員の任期は,同項第4号の構成員にあっては,当該構成員を推薦した学系等長の任期,同項第5号の構成員にあっては,当該者を構成員とした教育研究院長の学長としての任期とし,再任を妨げない。
4 第1項第4号及び第5号の構成員に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
(議長)
第4条 学域会議に議長を置き,学域長をもって充てる。
2 議長は,学域会議を主宰する。
3 議長に事故があるときは,あらかじめ議長が指名した構成員が,その職務を代行する。
(議事)
第5条 学域会議は,構成員の3分の2以上の出席がなければ,議事を開き,議決をすることができない。
2 学域会議の議事は,出席した構成員の過半数をもって決し,可否同数のときは議長の決するところによる。
3 前2項の議事及び議決に当たり,第3条第1項の各構成員で同一人が複数の役職を兼ねるときは,当該役職の数にかかわらず,1人の構成員及び1人の出席者として取り扱うものとする。
(構成員以外の者の出席)
第6条 学域会議が必要と認めたときは,構成員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。
(事務)
第7条 学域会議の事務は,学域長が所属する学系等の事務を担当する学部事務部が行う。
(雑則)
第8条 この規程に定めるもののほか,学域会議に関し必要な事項は,学域長が別に定める。
 
 
附 則
1 この規程は,平成30年4月1日から施行する。
2 この規程施行後,最初に推薦される第3条第1項第4号に規定する構成員は,国立大学法人佐賀大学教育研究院の設置に伴う運営体制の整備に関する要項(平成30年2月28日制定)第2第2項の規定に基づき,学長が選考した者とする。