佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第5編 教育研究院
国立大学法人佐賀大学教員選考規則
(平成30年2月28日全部改正)
(趣旨)
第1条 この規則は,国立大学法人佐賀大学教育職員就業規程(平成16年4月1日制定)第3条第1項の規定に基づき,国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)における大学教員(以下「教員」という。)の採用及び昇任のための選考に関し必要な事項を定めるものとする。
2 本法人における教員の採用及び昇任のための選考は,学校教育法(昭和22年法律第26号)その他の法令に定めがあるもののほか,この規則の定めるところによる。
(定義)
第2条 この規則において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。
(1) 大学教員 国立大学法人佐賀大学職員人事規程(平成16年4月1日制定)別表に規定する教育職員(附属学校教員を除く。)をいう。
(2) 教員選考 大学教員の採用及び昇任のための選考(教員の配置計画,公募条件その他の選考に必要な事項の検討を含む。)をいう。
(3) 各学部等 アドミッションセンター,キャリアセンター,国際交流推進センター,学生支援室,保健管理センター,ダイバーシティ推進室,各学部,全学教育機構,共同利用・共同研究拠点及び各学内共同教育研究施設をいう。
(教員選考)
第3条 教員選考は,第6条及び第7条の規定により選考された教員候補者について,教育研究院会議及び教育研究評議会の議を経て,学長が行う。
(教員選考の要望)
第4条 学域長は,教員選考が必要となった場合(次項に規定する要望があった場合を含む。)は,学域会議の議を経て,教育研究院に置く教育企画戦略室又は総合研究戦略室(以下「各戦略室」という。)に教員選考の実施を要望するものとする。
2 各学部等の長は,教員の配置(教員選考を伴うものに限る。以下同じ。)が必要となった場合は,教授会(学部以外の組織にあっては,当該組織の長が適当と認める委員会等をいう。)の議を経て,必要とする教員の専攻分野に応じた学系又は医療系を通じて,学域に教員配置を要望することができる。
3 各戦略室は,第1項に規定する要望があった場合は,次に掲げる事項を審議し,教員選考の実施が必要と認めた場合は,教員選考に係る公募条件その他必要な資料を添えて,学長に報告するものとする。
(1) 教員選考の実施
(2) 要望のあった学域又は各学部等に対して,既に本法人に採用されている教員の配置換,兼担配置その他の教員選考に代えて取るべき措置の実施
(3) その他各戦略室が必要と認めた事項
(教員選考の決定)
第5条 学長は,前条に規定する報告を受け,教育研究院会議及び教育研究評議会の議を経て,教員選考の実施の可否を決定する。
2 前条第3項又は前項の審議の結果,教員選考の実施が認められなかった場合は,各戦略室から当該学域長に対して,当該審議の結果を通知するとともに,教員選考に代えて取るべき措置について協議するものとする。
(学域における選考)
第6条 学域長は,前条の規定に基づき,教員選考の実施が認められた場合は,速やかに当該学域に1次選考委員会を設置する。
2 1次選考委員会は,教員の公募を行い,及び第8条から第12条までに規定する資格その他教員選考基準により選考を行い,助教及び助手以外の選考にあっては,教員候補者を複数人選考の上,助教及び助手の選考にあっては,原則として,複数人選考の上,当該学域会議に推薦するものとする。この場合において,1次選考委員会は,教育研究院会議の求めに応じて,当該教員選考の経過を報告しなければならない。
3 教員の公募に当たっては,本法人の理念・目標・将来構想に基づき,担当する専攻,専門分野を明確にする。
4 教員選考に当たっては,履歴,研究業績,教育業績,社会貢献,国際貢献,教育や研究に対する今後の展望等を多面的に評価するとともに,次に掲げる事項により,教育の能力を具体的に評価する。
(1) 面接
(2) 模擬授業
(3) ティーチング・ポートフォリオ又は講義録
(4) その他必要な事項
5 学域長は,第2項に規定する推薦に基づき,学域会議の議を経て,教員候補者を複数人選考の上,その選考経過の資料を添えて次条に規定する2次選考委員会に推薦するものとする。ただし,助教及び助手の選考の場合であって,学域において選考した教員候補者が1人のときは,その選考経過の資料を添えて学長に推薦するものとする。
(2次選考委員会における選考)
第7条 学長は,1次選考委員会における選考が終了した場合は,教育研究院会議に2次選考委員会を設置するものとする。ただし,学長が特に認めた場合には,2次選考委員会を設置しないことができる。
2 2次選考委員会は,前条の規定に準じて教員選考を行い,教員候補者1人を選考の上,その選考経過の資料を添えて学長に推薦するものとする。
(教授の資格)
第8条 教授の選考は,次の各号のいずれかに該当し,かつ,大学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力を有すると認められる者について行う。
(1) 博士の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。以下同じ。)及び研究上の業績を有する者
(2) 研究上の業績が前号の者に準ずると認められる者
(3) 学位規則(昭和28年文部省令第9号)第5条の2に規定する専門職学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。)を有し,当該専門職学位の専攻分野に関する実務上の業績を有する者
(4) 大学において教授,准教授又は専任の講師の経歴(外国におけるこれらに相当する教員としての経歴を含む。)のある者
(5) 芸術,体育等については,特殊な技能に秀でていると認められる者
(6) 専攻分野について,特に優れた知識及び経験を有すると認められる者
(准教授の資格)
第9条 准教授の選考は,次の各号のいずれかに該当し,かつ,大学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力を有すると認められる者について行う。
(1) 前条各号のいずれかに該当する者
(2) 大学において助教又はこれに準ずる職員としての経歴(外国におけるこれらに相当する教員としての経歴を含む。)のある者
(3) 修士の学位又は学位規則第5条の2に規定する専門職学位(外国において授与されたこれらに相当する学位を含む。)を有する者
(4) 研究所,試験所,調査所等に在職し,研究上の業績を有する者
(5) 専攻分野について,優れた知識及び経験を有すると認められる者
(講師の資格)
第10条 講師の選考は,次の各号のいずれかに該当する者について行う。
(1) 第8条又は前条に規定する教授又は准教授となることのできる者
(2) その他特殊な専攻分野について,大学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力を有すると認められる者
(助教の資格)
第11条 助教の選考は,次の各号のいずれかに該当し,かつ,大学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力を有すると認められる者について行う。
(1) 第8条各号又は第9条各号のいずれかに該当する者
(2) 修士の学位(医学を履修する課程,歯学を履修する課程,薬学を履修する課程のうち臨床に係る実践的な能力を培うことを主たる目的とするもの又は獣医学を履修する課程を修了した者については,学士の学位)又は学位規則第5条の2に規定する専門職学位(外国において授与されたこれらに相当する学位を含む。)を有する者
(3) 専攻分野について,優れた知識及び経験を有すると認められる者
(助手の資格)
第12条 助手の選考は,次の各号のいずれかに該当する者について行う。
(1) 学士の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。)を有する者
(2) 前号の者に準ずる能力を有すると認められる者
(非常勤講師の選考)
第13条 非常勤講師の選考は,次の各号のいずれかに該当する者から各戦略室が行う。
(1) 第10条各号のいずれかに該当する者
(2) 前号の者に準ずる学識,技能及び教育上,研究上の業績を有する者
2 非常勤講師の選考について必要な事項は,別に定める。
(併任の教員の選考)
第14条 併任の教員の選考は,第8条から第12条までに規定する資格により,各戦略室が行う。
2 併任の教員の選考について必要な事項は,別に定める。
(雑則)
第15条 この規則の施行に際し必要がある場合は,教育研究院会議,学域会議又は学系会議(医療系にあっては,医療系会議)が別に定める。
 
 
附 則
1 この規則は,平成30年4月1日から施行する。
2 次に掲げる規程等は,廃止する。
(1) 国立大学法人佐賀大学アドミッションセンター教員選考規程(平成19年12月28日制定)
(2) 国立大学法人佐賀大学キャリアセンター教員選考規程(平成20年1月31日制定)
(3) 国立大学法人佐賀大学国際交流推進センター教員選考規程(平成23年9月28日制定)
(4) 国立大学法人佐賀大学学生支援室教員選考規程(平成26年2月26日制定)
(5) 佐賀大学教育学部教員選考規程(平成28年3月20日制定)
(6) 佐賀大学芸術地域デザイン学部教員選考規程(平成28年3月16日制定)
(7) 佐賀大学経済学部教員選考規程(平成17年12月21日制定)
(8) 佐賀大学医学部教員選考規程(平成16年4月1日制定)
(9) 佐賀大学医学部教員選考規程に関する取扱いについて(平成17年6月15日教授会決定)
(10) 佐賀大学医学部教員選考規程施行細則(平成16年4月1日制定)
(11) 佐賀大学医学部准教授及び講師の選考に関する申合せ(平成17年3月16日教授会決定)
(12) 佐賀大学医学部助教の選考に関する申合せ(平成16年10月20日教授会決定)
(13) 佐賀大学農学部教員選考規程(平成17年4月13日制定)
(14) 佐賀大学大学院工学系研究科教員選考規程(平成22年2月17日制定)
(15) 佐賀大学全学教育機構教員選考規程(平成23年10月26日制定)
(16) 佐賀大学保健管理センター教員選考規程(平成27年9月25日制定)
(17) 佐賀大学海洋エネルギー研究センター教員等選考規程(平成17年4月1日制定)
(18) 佐賀大学総合分析実験センター教員等選考規程(平成18年2月6日制定)
(19) 佐賀大学総合情報基盤センター教員選考規程(平成18年2月1日制定)
(20) 佐賀大学シンクロトロン光応用研究センター教員等選考規程(平成18年3月1日制定)
(21) 佐賀大学地域学歴史文化研究センター教員等選考規程(平成18年6月15日制定)
(22) 佐賀大学肥前セラミック研究センター教員等選考規程(平成29年3月22日制定)
3 この規則施行の際,現に改正前の国立大学法人佐賀大学教員選考規則及び前項の規定よる廃止前の規程等により選考され,教育研究評議会の議を経て,学長が選考した教員候補者は,この規則による改正後の国立大学法人佐賀大学教員選考規則に基づき,選考されたものとみなす。
4 この規則施行の際,現に改正前の国立大学法人佐賀大学教員選考規則及び第2項の規定よる廃止前の規程等により実施している教員の選考は,この規則による改正後の国立大学法人佐賀大学教員選考規則に基づき,選考しているものとみなす。
附 則(令和2年3月25日改正)
 この規則は,令和2年4月1日から施行する。