佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 
佐賀大学総合分析実験センター学外者利用細則
(平成30年4月1日制定)
(趣旨)
第1条 この細則は,佐賀大学総合分析実験センター学外者利用規程(平成30年4月1日制定。以下「学外者利用規程」という。)第11条に基づき,学外者が研究設備を利用する際の手続き等に関し必要な事項を定めるものである。
(定義)
第2条 この細則における用語の定義は,学外者利用規程で定めるところによる。
(利用の申請及び許可)
第3条 学外者が,研究設備を利用したい場合は,佐賀大学総合分析実験センター利用申請書(別紙様式第1号)に必要事項を記入し,センターに利用申請を行う。
2 利用申請書は,センターウェブページからダウンロードし,利用受付担当者にメールで申請する。
3 利用申請書の受付担当者は,センター機器分析部門鍋島地区教職員とする。
4 利用申請書を掲載したセンターウェブページのURL及び申請受付メールアドレスは別に定め,公表する。
5 学外者利用規程第3条第5項に規定する研究設備利用期間の更新を行う場合は,センター長が必要と認めた場合を除き,運営委員会への報告により行うことができる。
(設備の利用)
第4条 センター長は,学外者利用規程第4条第3項に規定する事項について,センターウェブページで公表する。
2 センター教職員は,学外利用者が最初に研究設備を利用する場合は,学外者利用規程第4条第3項に規定する事項について,教育訓練を行う。
3 学外者利用規程第5条第1項に規定する利用予約は,学外利用予約書(別紙様式第2号)をセンターウェブページからダウンロードし,センターの利用受付担当者にメールで申請する。
4 利用予約に関する前条第3項及び第4項の規定は,利用予約について準用する。
5 センター教職員は,受け付けた利用予約の可否を学外利用者に通知する。
6 学外利用者が研究設備の利用できる時間は,国立大学法人佐賀大学職員の勤務時間,休暇等に関する規程(平成16年4月1日制定)第5条に規定する勤務時間の範囲内とする。ただし,センター長が特に必要と認めるときは,この限りでない。
(利用料)
第5条 センター長は,利用料金等の内訳を設備利用料内訳書(別紙様式第3号)により学外利用者に通知する。
(表記)
第6条 学外者利用規程第10条に規定する謝辞等において学術論文等に記載するセンターの表記は,次に掲げるとおりとする。
(1) 和文 佐賀大学総合分析実験センター
(2) 英文 Analytical Research Center for Experimental Sciences, Saga University
(雑則)
第7条 この細則に定めるもののほか,研究設備の学外者の利用に関し必要な事項は,センターが別に定める。
 
 
附 則
 この細則は,平成30年4月1日から施行する。
 
 
別記様式第1号(第3条関係) 
別記様式第2号(第4条関係 
別記様式第3号(第5条関係)