佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第5編 教育研究院
佐賀大学教育研究院医学域講師(特定)に関する要項
(平成30年4月18日制定)
(趣旨) 
第1条 この要項は,佐賀大学教育研究院医学域(以下「医学域」という。)における講師(特定)に関し,必要な事項を定める。 
(定義) 
第2条 医学域の助教及び助教採用予定者のうち,国立大学法人佐賀大学教員選考規則(平成30年2月28日全部改正)第10条に該当する資格を満たす者は,医学域会議の選考により,講師(特定)を任命し,専任講師と同格に扱うことができるものとする。 
(選考) 
第3条 医学域会議は,配置部署の長からの講師(特定)候補者の推薦に基づき,当該講師(特定)候補者の資格審査等選考を行う。 
(必要書類) 
第4条 選考に必要な書類は,佐賀大学教育研究院医学域教員の選考に関する内規(平成30年4月18日制定。以下「医学域教員の選考に関する内規」という。)第7条の規定を準用する。 
(配置数) 
第5条 講師(特定)の配置数は,原則として次のとおりとする。 
(1) 佐賀大学医学部における講座に関する規程第2条に規定する講座にあっては,1教授定員当り1名
(2) 附属施設(附属病院を除く。)にあっては,1施設当り1名
(3) 前各号に掲げるほか,医学域長が必要と認める場合は,2名とすることができる。
(4) 附属病院の診療科等にあっては,医学域長と医療系長が協議の上,講師(特定)の配置数を決定する。
(意見の聴取) 
第6条 医学系所属の助教(助教採用予定者を含む。)を講師(特定)に推薦する際には,配置部署の長は,事前に医学系長に意見を求めるものとし,医療系所属の助教(助教採用予定者を含む。)を講師(特定)に推薦する際には,配置部署の長は,事前に医療系長に意見を求めるものとする。 
(命免) 
第7条 講師(特定)の命免は,通知書を交付することによって行う。 
(身分) 
第8条 講師(特定)の身分等については,次のとおり取り扱うものとする。 
(1) 対外的な文書等は,特段の定めのない限り,講師として取り扱う。
(2) 給与,諸手当については,専任講師としての処遇はしない。
(3) 前各号に掲げるほか,事務処理上特に支障のない場合は,専任講師に準じて取り扱う。
(身分の喪失) 
第9条 講師(特定)を命じられた者が昇任した場合又は退職若しくは転出した場合は,その日をもって講師(特定)としての身分を失うものとする。
(専任講師) 
第10条 講師(特定)を専任講師として選考する場合は,国立大学法人佐賀大学教員選考規則(平成30年2月28日全部改正)に基づき行うものとする 。 
(雑則) 
第11条 この要項について疑義が生じた場合は,医学域会議の決定するところによる。 
 
 
 
附 則 
1 この要項は,平成30年4月18日から実施し,平成30年4月1日から適用する。 
2 佐賀大学医学部講師(特定)に関する申合せ(平成15年11月19日制定)は廃止する。 
3 この要項の実施の際,佐賀大学医学部講師(特定)に関する申合せ(平成15年11月19日制定)により,既に講師(特定)に命じられている者は,この要項により命じられたものとする。