佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第3編 管理運営
国立大学法人佐賀大学医学部附属病院業務監督諮問委員会規則
(令和元年10月2日制定)
(設置)
第1条 役員会に,国立大学法人佐賀大学役員会規則(平成16年4月1日制定)第9条第2項の規定に基づき,国立大学法人佐賀大学医学部附属病院業務監督諮問委員会(以下「委員会」という。)を置く。
(目的) 
第2条 委員会は,次条第1項各号に規定する事項について学長に意見を述べることで,学長が,医療法(昭和23年法律第205号)第19条の2第3号の規定により佐賀大学医学部附属病院(以下「附属病院」という。)の業務監督を適切に遂行することに資することを目的とする。 
(任務等)
第3条 委員会は,附属病院の管理運営状況が,学長による国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)における全学的な経営,運営等の方針と一体性及び整合性を取りつつ,医療法の趣旨に沿ったものとなるよう,学長の諮問に応じて,次に掲げる事項について協議し,その意見を述べる。
(1) 運営方針及び経営方針に関すること。
(2) 運営状況,経営状況等を踏まえた改善等の措置に関すること。
(3) 予算及び決算に関すること。
(4) 人事計画(職員の公募,選考等に係る事項を含む。)に関すること。
(5) 施設整備に関すること。
(6) その他附属病院の管理運営に関する事項のうち学長が必要と認めたもの
2 学長は,附属病院に係る人事,予算その他附属病院の管理運営に関する事項について必要な改善指導を行うに当たり,前項に規定する意見を参考として行うものとする。
(組織)
第4条 委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) 理事のうち学長が指名した者
(2) 本法人の役員及び職員のうち学長が必要と認めた者 若干人
2 前項に規定するもののほか,学長が必要と認めた場合は,学外者(本法人の役員又は職員以外の者をいう。)のうちから,学長が委嘱したものを委員に加えることができる。
3 第1項第2号の委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,その任期の末日は,学長の任期の末日とする。
4 第1項第2号の委員に欠員が生じた場合の補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。
5 第2項の委員の任期は,学長がその任期の範囲内で別に定める。
(議長)
第5条 委員会に委員長を置き,前条第1項第1号の委員をもって充てる。
2 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。
3 委員長に事故があるときは,委員長があらかじめ指名した委員が,その職務を代行する。
(開催要件)
第6条 委員会は,委員の過半数の出席がなければ,開催することができない。
(委員以外の者の出席)
第7条 委員会が必要と認めたときは,委員会に委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。
(部会)
第8条 委員会に,必要に応じ部会を置くことができる。
2 部会に関し必要な事項は,委員会が別に定める。
(事務)
第9条 委員会の事務は,総務部総務課が行う。
(雑則)
第10条 この規則に定めるもののほか,委員会に関し必要な事項は,委員会が別に定める。
 
 
附 則
1 この規則は,令和元年10月2日から施行し,令和元年10月1日から適用する。
2 この規則の施行後,最初に選出される第4条第1項第2号の委員の任期は,同条第3項の規定にかかわらず,令和3年3月31日までとする。
附 則(令和2年5月27日改正) 
 この規則は,令和2年5月27日から施行する。