佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第3編 管理運営
佐賀大学における質保証の体制及び自己点検・評価の手順に関する細則
(令和2年2月26日制定)
(趣旨)
第1条 この細則は,佐賀大学における質保証に関する規則(令和2年2月26日制定。以下「規則」という。)第10条第2項の規定に基づき,佐賀大学(以下「本学」という。)における質保証の体制及び自己点検・評価の手順に関し必要な事項を定めるものとする。
(質保証の観点)
第2条 質保証を組織的に推進するための観点は,次に掲げるとおりとする。
(1) 教育課程
(2) 施設及び設備
(3) 学生支援
(4) 学生の受入
(5) その他質保証統括本部長が必要と認めた観点
2 前項第1号に規定する観点における教育研究上の基本組織(以下「基本組織」という。)は,原則として,各学部及び各研究科とする。
(質保証に係る責任体制等)
第3条 本学の質保証に係る責任体制は,次に掲げるとおりとする。

役割

責任を持つ機関・組織等

統括

学長

審議機関

役員会

教育研究評議会

中核となる組織

質保証統括本部

自己点検・評価に責任を持つ観点毎の組織

(1) 教育課程 第3項のとおり

(2) 施設及び設備 別表第1のとおり

(3) 学生支援 別表第1のとおり

(4) 学生の受入 別表第1のとおり

改善・向上活動の実施に責任を持つ観点毎の組織

2 前項に規定する責任体制に係る責任者は,次に掲げるとおりとする。

区分

責任者

統括責任者

学長

自己点検・評価の総括責任者

国立大学法人佐賀大学理事室規則(平成21年12月24日全部改正)に規定する評価に関することを任務とする理事室の室長

自己点検・評価の観点毎の責任者

国立大学法人佐賀大学理事室規則に規定する各理事室の室長

改善・向上活動の観点毎の責任者

基本組織の責任者

学部長

研究科長

自己点検・評価の観点毎の実施責任者

(1) 教育課程 次項のとおり

(2) 施設及び設備 別表第1に掲げる各委員会等の長

(3) 学生支援 別表第1に掲げる各委員会等の長

(4) 学生の受入 別表第1に掲げる各委員会等の長

改善・向上活動の観点毎の実施責任者

3 基本組織における教育課程毎の質保証の実施体制,責任者及び自己点検・評価の手順に関する事項は,規則及びこの細則による定めるもののほか,佐賀大学学士課程における教育の質保証に関する方針(平成25年3月15日制定),佐賀大学大学院課程における教育の質保証に関する方針(平成25年3月15日制定),佐賀大学教育コーディネーター制度実施規程(平成31年3月27日制定)その他教育の質保証に関する定めで定めるところによる。
4 全学教育機構は,前項に規定する定めにおいて定められた体制及び手順に協力するものとする。
(各観点における自己点検・評価の実施手順等)
第4条 第2条第1項に規定する観点における自己点検・評価の評価項目は,認証評価機関が定める評価基準のほか,業務の内容等を踏まえて自己点検・評価の観点毎の実施責任者が定めるものとする。
2 基本組織は,前条第3項の規定を踏まえ,第2条第1項第1号に規定する観点における自己点検・評価を定期的に実施し,その結果を教育研究等の改善・向上に活用するものとする。
3 自己点検・評価に責任を持つ観点毎の組織(第2条第1項第1号に規定する観点に係る組織を除く。)は,それぞれ第2条第1項第2号から第5号までの観点のうち所掌する業務に係るものにおける自己点検・評価を定期的に実施し,その結果を教育研究等の改善・向上に活用するものとする。
4 前2項に規定する自己点検・評価にあたっては,自律的な自己点検・評価の実施及び点検・評価結果を活用したマネジメントサイクルに関する方針(平成23年2月9日学長決定)に規定する自律的な自己点検・評価及び外部評価等の結果を活用するほか,関係者(学生,卒業生(修了生),卒業生(修了生)の就職先等をいう。以下同じ。)から意見を聴取するものとする。
5 前項の場合において,関係者からアンケート等調査により意見を聴取するときは,実施目的,定期的な実施時期,対象者,聴取する内容,聴取した結果の改善・向上への活用方針等を定めるものとする。
(各観点における自己点検・評価結果の報告)
第5条 国立大学法人佐賀大学理事室規則第4条に規定する教育室長は,自己点検・評価の責任者として,前条第2項に規定する自己点検・評価の結果を取りまとめ,定期的に統括本部に報告するものとする。
2 自己点検・評価の観点毎の責任者は,自己点検・評価の責任者として,前条第3項に規定する自己点検・評価の結果を取りまとめ,定期的に統括本部に報告するものとする。
(各観点における自己点検・評価結果の活用)
第6条 統括責任者は,前条に規定する報告により,教育研究等の改善・向上が必要と判断した場合は,役員会及び教育研究評議会の議を経て,基本組織の責任者又は改善・向上活動の観点毎の責任者に改善・向上のための対応措置を指示するものとする。
2 前項に規定する指示に基づく第4条第1項第1号に規定する観点に係る対応措置は,基本組織において,第3条第3項に規定するそれぞれの定めの趣旨を踏まえて行うものとする。
3 第1項に規定する指示に基づく第4条第1項第2号から第5号までに規定する観点に係る対応措置は,改善・向上活動の観点毎の実施責任者を通じて改善・向上活動の実施に責任を持つ観点毎の組織が行うものとする。
(対応措置の進捗状況の管理)
第7条 前条第1項に規定する対応措置の指示を受けた基本組織の責任者又は改善・向上活動の観点毎の責任者は,当該対応措置の進捗状況について,統括責任者に定期的に報告するものとする。
2 統括責任者は,前項に規定する報告に基づき,必要に応じて追加の対応措置を指示するものとする。
3 統括責任者は,前2項に規定する対応措置の進捗状況を定期的に取りまとめ,統括本部に報告するものとする。
(自己点検・評価の総括とその結果の公表)
第8条 統括責任者は,国立大学法人佐賀大学基本規則(平成16年4月1日制定)第14条の規定に基づき,第4条から前条までの規定の実施状況について総合的な自己点検・評価を定期的に実施し,当該結果を公表するものとする。
 
 
附 則
 この細則は,令和2年4月1日から施行する。
 
 
別表第1(第3条,第4条,第5条,第6条関係) 

事項

責任体制

施設及び設備

(施設設備一般・学習施設)施設マネジメント委員会

(情報設備)情報企画委員会

(図書館)附属図書館

学生支援

(学生支援・学習支援)学生委員会,学生支援室

(就職支援)就職委員会,キャリアセンター

(留学生支援)国際交流推進センター

学生の受入

(学生の受入)入学試験委員会,アドミッションセンター