佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第22編 附属図書館
佐賀大学附属図書館図書館資料弁償取扱要領
(趣旨)
第1条 この要領は,佐賀大学附属図書館利用規程(平成16年4月1日制定。以下「規程」という。)第16条に規定する図書館資料に関する弁償義務について,規程第20条の規定に基づき,佐賀大学附属図書館(以下「図書館」という。)が所蔵する図書館資料に対する弁償の取扱いについて必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2条 この要領において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。
(1) 汚損 利用者が,利用中の図書館資料を故意又は過失により書き込み,飲食物等で著しく汚した状態をいう。
(2) 亡失 利用者が,利用中の図書館資料を故意又は過失によりなくした状態をいう。
(弁償通知)
第3条 利用者は,汚損又は亡失に気づいた場合は,速やかに佐賀大学附属図書館長(以下「図書館長」という。)に申し出なければならない。
2 図書館長は,利用者から前項の申し出を受けた場合は,速やかに当該図書館資料の状態を確認し,汚損又は亡失が認められたときは,当該利用者に対し弁償を通知するものとする。
3 前項の規定にかかわらず,次の各号のいずれかに該当する場合は,弁償を求めないことがある。
(1) 利用者の過失が軽度である場合
(2) 汚損の程度が修復可能な場合
(3) その他図書館長が弁償不要と判断した場合
(弁償手続)
第4条 前条第2項の通知を受けた利用者は,汚損又は亡失した図書館資料と同一のものをもって弁償しなければならない。
2 前項の規定にかかわらず,同一のものによる弁償が困難な場合は,図書館長が指定する当該図書館資料と同分野・同価格程度のものを代納することで弁償に代えることができる。
3 図書館長は,弁償された本等を受領した場合は,速やかに状態を確認し,当該利用者に受領書を交付するものとする。
(改廃)
第5条 図書館長は,佐賀大学附属図書館運営委員会の議を経て,この要領を改廃することができる。
(雑則)
第6条 この要領に定めるもののほか,図書館が所蔵する図書館資料に対する弁償の取扱いに関し,必要な事項は,図書館長が別に定める。
 
 
附 則
 この要領は,令和2年12月22日から実施する。