佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第5章 医学部附属病院 > 第13款 横断的診療班
佐賀大学医学部附属病院臨床腫瘍班内規
平成21年6月3日
制       定
(設置)
第1条 佐賀大学医学部附属病院に,佐賀大学医学部附属病院規則(平成16年4月1日制定)第14条の規定に基づき,佐賀大学医学部附属病院臨床腫瘍班(以下「腫瘍班」という。)を置く。
(目的)
第2条 腫瘍班は,がん診療に携わる各診療部門が連携し,腫瘍臨床に関する事項を審議し,その実施に関し,適切な措置を講ずるものとする。
(組織)
第3条 腫瘍班は,次に掲げる者をもって組織する。
(1) 化学療法に携わる診療科等の腫瘍診療担当医師   若干人
(2) 看護師(外来化学療法室専任看護師を含む)    若干人
(3) 薬剤師                      1人
(4) 検査技師                     1人
(5) 医事課長
(6) その他病院長が必要と認めた者          若干人
2 前項第1号に掲げる者については,病院長が指名し,前項第2号から第4号に掲げる者については,各所属長が病院長に推薦するものとする。
3 構成員の任期は1年とし,再任を妨げない。
(リーダー及びサブリーダー)
第4条 腫瘍班にリーダー及びサブリーダーを置き,第3条第1項第1号に属する構成員の中から病院長が指名する。
2 リーダーは,腫瘍班の活動を統括し,必要に応じ,構成員を招集して連絡会議を開催し,その議長となる。
3 リーダーは,腫瘍班の活動状況等を病院長に報告する。
4 サブリーダーは,リーダーを補佐し,リーダーに事故がある時はその職務を代行する。
(活動内容)
第5条 腫瘍班は,次に掲げる活動を行う。
(1) がん薬物療法の安全管理に関する事項
(2) 地域がん診療連携拠点病院との連携に関する事項
(3) 臨床腫瘍カンファレンスの計画と運営
(4) 腫瘍関連専門の医療スタッフの育成に関する事項
(5) がん薬物療法の標準化に関する事項
(6) 地域医療機関や地域住民に対する広報活動に関する事項
(院内の協力体制)
第6条 腫瘍班は,活動を円滑に行うため,診療科及び診療施設等の部署に対して協力を要請することができる。
2 協力を要請された部署は,業務に支障のない限り要請に応えるものとする。
(腫瘍班協力者) 
第7条 腫瘍班に,腫瘍班活動の支援のため,腫瘍班協力者を置くことができる。
2 腫瘍班協力者は,当該協力者の所属又は配置部署の長の了承を得てリーダーが委嘱する。
(事務) 
第8条 腫瘍班に関する事務は,医事課が行う。
(その他)
第9条 この内規に定めるもののほか,腫瘍班の運営に関して必要な事項は,別に定める。
 
 
附 則
1 この内規は,平成21年6月3日から施行する。
2 この内規施行後,最初に任命される第3条第1項第1号から第4号及び第6号の委員の任期は,同条第3項の規定にかかわらず,平成22年3月31日までとする。
   附 則(平成25年3月19日改正)
 この内規は,平成25年4月1日から施行する。 
附 則(平成30年3月20日改正) 
 この内規は,平成30年4月1日から施行する。