佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第5章 医学部附属病院 > 第13款 横断的診療班
佐賀大学医学部附属病院外来化学療法室内規
平成16年12月24日
制         定
(設置)
第1条 佐賀大学医学部附属病院規則(平成16年4月1日制定)第14条の規定に基づき,佐賀大学医学部附属病院外来化学療法室(以下「外来化学療法室」という。)を置く。
(目的)
第2条 外来化学療法室は,本院の外来化学療法を実施する体制等の整備を図るとともに,抗癌剤の適正使用に関する教育及び啓発を行い,もって外来化学療法の安全な施行の推進を目的とする。
(職員)
第3条 外来化学療法室に,次の各号に掲げる職員を置く。
(1) 室長
(2) 副室長
(3) 専任看護師
(4) 専任薬剤師
2 室長は,病院長の命を受け,外来化学療法室の業務を統括する。
3 副室長は,室長を補佐し,室長に事故あるときはその職務を代行する。
4 専任看護師及び専任薬剤師は,室長及び副室長の指示に基づき,各診療科等の外来化学療法の業務に従事する。
(室長及び副室長)
第4条 室長は,病院企画室会議の議を経て病院長が委嘱する。
2 副室長は,室長の推薦に基づき,病院長が委嘱する。
3 室長及び副室長の任期は2年とする。ただし,再任を妨げない。
4 室長及び副室長に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
(業務)
第5条 外来化学療法室は,次の各号に掲げる業務を行う。
(1) 外来化学療法の適正かつ安全な施行に関すること。
(2) 抗癌剤の適正使用に関する教育及び啓発に関すること。
(3) 関係各診療科及び関係診療施設等との連絡調整に関すること。
(4) その他外来化学療法に関すること。
(運営)
第6条 外来化学療法室の管理運営に関する事項は,外来化学療法室運営委員会(以下「運営委員会」という。)において審議する。
2 運営委員会に関する事項は,別に定める。
(雑則)
第7条 この内規に定めるもののほか,外来化学療法室に関し必要な事項は,別に定める。
 
 
附 則
1 この内規は,平成16年12月24日から施行する。
2 この内規の施行後,最初に委嘱される室長及び副室長の任期は,第4条第3項の規定にかかわらず,平成18年3月31日までとする。
附 則(平成17年4月14日改正)
 この内規は,平成17年4月14日から施行し,平成17年4月1日から適用する。