佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第5章 医学部附属病院 > 第4款 医事
佐賀大学医学部附属病院における診療情報の提供に関する取扱要項
(令和2年12月16日全部改正)
1 
(目的)
第1 この要項は,「国立大学附属病院における診療情報の提供に関する指針(ガイドライン)第2版」(平成18年1月通知)の趣旨に沿った佐賀大学医学部附属病院(以下「本院」という。)における診療情報の提供に関する取扱いについて,国立大学法人佐賀大学個人情報の開示及び訂正等の手続きに関する細則(平成17年3月15日制定)第1条の規定に基づき,必要な事項を定めるものとする。なお,インフォームド・コンセント(十分な説明に基づく同意)の一環として主治医が診療録等の情報を積極的に患者本人に提供する場合,法令に基づく照会の場合及び佐賀県診療情報地域連携システムを用いて医療機関が相互に診療情報を閲覧する場合は,この要項の対象とはしないものとする。
(定義)
第2 この要項における用語の定義は,次の各号に定めるところによる。 
(1) 診療情報とは,診療の過程で,患者の身体状況,病状,治療等について,本院の医療従事者が知り得た情報をいう。
(2) 診療記録とは,診療録(カルテ),処方箋,検査記録及びエックス線写真,紹介状,退院した患者に係る入院期間中の診療経過の要約その他の診療の過程で患者の身体状況,病状,治療等について作成,記録又は保存された書類,画像等の記録をいう。
(3) 診療情報の提供とは,口頭による説明,説明文書の交付及び診療記録の開示等具体的な状況に即した適切な方法により,患者等に対して診療情報を提供することをいう。
(4) 診療記録の開示とは,患者等の求めに応じ,診療記録を閲覧に供すること又は診療記録の写しを交付することをいう。
(5) 親族とは,配偶者,6親等内の血族及び3親等内の姻族をいう。
(6) 親族に準ずる者とは,内縁者,事実上の養親子の関係にある者又は現実に患者本人の世話をしている親族以外の縁故者をいう。
(提供する診療情報の範囲)
第3 本院が提供する診療情報の範囲は,法定保存期間内のものを対象とする。ただし,法定保存期間を経過したものであっても,本院に保存しているものについては提供の対象とする。
2 他の医療機関の医師からの紹介状等,第三者が作成した,又は第三者から得た診療情報について,当該第三者の了解が得られた場合には,提供する診療情報の範囲に含むものとする。
(診療情報を提供する対象者)
第4 診療情報の提供は,原則として患者本人からの申請に基づいて患者本人へ提供するものとする。ただし,次の各号の場合は,患者本人以外の者からの申請であっても診療情報を提供するものとする。
(1) 患者が未成年の場合は,法定代理人(ただし,患者が満15歳に達していて合理的判断が出来る場合は,患者本人と法定代理人が連名で申請することを原則とするが,連名で申請できない場合は,いずれか一方がその理由を記載して申請するものとする。)
(2) 診療契約に関する代理権が付与されている任意後見人
(3) 診療情報の提供に関する代理権が付与されている親族又はそれに準ずる者
(4) 診療情報の提供に関する代理権が付与されている任意代理人(保険会社,法律事務所等の機関に限る)
(5) 患者が成人で,疾病や治療についての理解や判断(以下「合理的判断」という。)が出来ない状態にある場合は,法定代理人,又は実質的に患者の世話を行っている親族又はそれに準ずる者
(6) 患者本人が死亡した場合において,患者の遺族(患者の配偶者,子,父母又はそれに準ずる者,及びこれらの法定代理人を含む。)ただし,この場合は患者本人の生前の意思や名誉等を十分に尊重するものとする。
2 前項にかかわらず,次の各号に該当する場合は提供しないことがある。
(1) 患者への診療情報の提供が,本院の医療従事者を除く第三者の不利益になると考えられる場合
(2) 医学的見地から,診療情報を提供することが患者の不利益になると考えられる場合
 (診療情報の提供申請の受付)
第5 診療情報の提供申請の受付は次のとおりとする。
(1) 受付場所は,医事課とする。
(2) 受付時間は,原則として8時30分~17時15分とする。(土曜,日曜,祝日及び12月29日から1月3日を除く。)
(3) 診療情報の提供を受けようとする者(以下「申請者」という。)が来院して,住所,氏名(記名押印又は署名),生年月日,診療情報の種類,対象とする期間等,提供を受けたい部分を特定する事項及び申請する理由を記載した診療情報提供申請書(様式1)(以下「申請書」という。)等を提出したものについて受け付ける。郵送による申請は原則認めないが、遠方からの申請又は身体が不自由等のやむを得ない事情がある場合には,郵送による申請を認めるものとする。
(4) 申請書と併せて提出が必要な書類は以下のとおりとする。
ア 患者本人
 運転免許証,旅券,健康保険の被保険者証,国民年金手帳,厚生年金手帳,マイナンバーカード等,申請者本人であることの確認書類(以下「本人確認書類」という。)
イ 法定代理人
 本人確認書類,戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)(成年後見人又は未成年後見人の場合は,後見に関する登記事項証明書)
ウ 診療契約に関する代理権が付与されている任意後見人本人確認書類,後見に関する登記事項証明書
エ 診療情報の提供に関する代理権が付与されている親族又はそれに準ずる者
 本人確認書類,戸籍全部事項証明書(戸籍謄本),委任状(様式2)(以下「委任状」という。)
オ 診療情報の提供に関する代理権が付与されている任意代理人(保険会社,法律事務所等の機関に限る)
 本人確認書類(社員証の場合は併せて公的な本人確認書類を添えるものとする。),委任状
ア 実質的に患者の世話を行っている親族又はそれに準ずる者
 本人確認書類,戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等
キ 患者の遺族
 本人確認書類,戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等
(5) 前号の委任状に定める委任者は,患者本人とする。ただし,病気その他の理由で患者本人が委任できない場合は,患者本人以外の者を委任者とすることができる。この場合,申請者となる任意代理人は、委任状に加え,戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等,委任者と患者本人との関係を証明できるものを別途提出するものとする。
(6) 複数診療科を受診している場合は、特に提供を受けたい診療科を確認する。
(申請の受理)
第6 病院長は,申請の受理に当たっては,診療情報提供の申請者,診療情報を提供する対象者,診療情報の範囲及び提供希望日時等を慎重に確認しなければならない。
2 病院長は,前項の確認を行い,不備がなければ下記留意事項を明らかにしてこれを受理する。
(1) 提供の決定に当たり,部分提供,不提供が有り得ること。
(2) 提供にかかる費用は,申請者の負担となること。
(3) 申請者が希望する場合は,担当医師等の説明を受けることができること。
(4) 提供日には,申請者本人の確認を行うため,本人確認書類を持参すること。
3 同一の申請者が頻回にわたり提供を求める場合は,提供を必要とする合理的な理由がないものとして,申請書を受理しないことができる。
(診療情報提供の適否決定及び手続き)
第7 病院長は,申請を受理した日から原則として14日以内に提供の適否の判断を行う。ただし,事務処理上の困難その他正当な理由がある場合は,その期間を延長するものとする。
2 病院長は,申請書を受理した場合は,当該患者に関する診療情報提供の差し支えの有無を様式3により当該患者に関係する診療科長等へ照会するものとする。
3 診療科長等は,診療記録に記載されている内容を確認し,当該診療記録に関係する担当医師等から意見を聴取して,次の事項を調整する。この場合,提供の日時は,申請者の都合をできる限り配慮するものとする。
(1) 提供(一部提供)の是非
(2) 一部提供又は不提供の場合は,その理由
(3) 提供の日時及び提供場所
(4) 提供立会者
4 前項の内容が確認されたときは,診療科長等は様式3により直ちに病院長に回答する。
5 病院長は,診療科長等からの回答に基づき,診療情報提供の可否を決定するものとする。ただし,診療科長等から差し支えがある旨の回答を得た場合には,個々の申請内容に関して診療情報の提供の適否を診療記録委員会に諮り,同委員会での決定結果に基づき診療情報提供の可否を決定するものとする。
6 病院長は,診療情報提供の可否について決定したときは,速やかに申請者に対し決定内容を電話等の方法により連絡するものとする。また,提供の場合は,提供の日時及び提供にかかる費用負担の説明を併せて行い,同意を得るものとする。
(診療情報提供の方法等)
第8 診療情報の提供の方法等については,次のとおりとする。
(1) 提供は原則として8時30分~17時15分とする。(土曜,日曜,祝日及び12月29日から1月3日を除く。)
(2) 医事課は,申請者から本人確認書類の提示を受ける。
(3) 診療記録の閲覧又は写しの交付は,本院が指定する場所において行うものとし,診療記録の病院外への持ち出しは禁止する。
(4) 診療記録の閲覧は,原則として医師又は歯科医師又は医事課職員の立会いのもとで行い,申請者からの求めがあれば,医師又は歯科医師がその内容について説明するものとする。
(5) 写しの交付の申請があった場合は,医事課職員が複写の上,写しを交付するものとする。
(6) 医事課職員は,申請者に診療記録の写しを交付する場合は,個人情報の秘密保持の観点から,取扱いには慎重を期すよう注意を喚起する。
(7) 提供時,様式4により決定内容を通知するものとする。なお,診療科長等から診療記録の不存在の報告があった場合は,申請者に様式5により通知するものとする。
(8) 閲覧が終了したときは,診療科長(立会者)は様式6を作成し,病院長へ報告するものとする。
(9) 郵送による写しの交付は原則認めないが,遠方からの申請又は身体が不自由等のやむを得ない事情がある場合には,郵送による写しの交付を認める。
(診療情報の提供にかかる費用)
第9 診療情報の提供にかかる費用は,申請者が負担するものとし,その費用は国立大学法人佐賀大学料金規程に定める額とする。
(診療情報提供の記録管理)
第10 診療情報提供の申請の記録,診療記録委員会の議事録のうち当該患者に関する事項,申請者への回答文書等の諸記録については,医事課で保管・管理するものとする。なお,提供に当たり医師が申請者に求められた説明事項については,診療録にその内容を記載するものとする。
(不服申立て)
第11 申請者は,診療情報提供に関して不服がある場合には,様式7を病院長に提出するものとする。
2 病院長は,様式7を受理した時は,直ちに診療記録委員会に意見を求めるものとする。
3 病院長は,不服申立てに対する検討の結果を様式8により申立者に回答するものとする。
(事務)
第12 この要項に定める事務は,医事課が行う。
(雑則)
第13 この要項に定めるもののほか,診療情報の提供の実施に関し必要な事項は病院長が別に定める。
 
 
附 記(令和2年12月16日制定)
1 この要項は,令和3年1月1日から実施する。
2 佐賀大学医学部附属病院における診療情報の提供に関する実施要領(平成16年4月1日制定)は廃止する。
 
 
  
様式1 申請書
様式2 委任状
様式3、4、5、6 
様式7 不服申立書 
様式8 診療記録の提供に関する不服申立について