佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第5章 医学部附属病院 > 第14款 その他組織
佐賀大学医学部附属病院医療相談室内規
平成16年4月1日
制       定
(趣旨)
第1条 佐賀大学医学部附属病院に,患者や家族等(以下「患者等」という。)からの意見・相談等に対応し,患者等への支援に資するため,佐賀大学医学部附属病院医療相談室(患者さん相談窓口)(以下「医療相談室」という。)を置く。
(業務等)
第2条 医療相談室は,次の各号に掲げる業務を行なう。
(1) 医療行為等に対する意見・相談に関すること。
(2) 診療記録等の開示請求に関すること。
(3) 患者投書「希望の声」に関すること。
(4) その他,患者等からの相談に関すること。
(5) 患者支援体制に関すること。
2 前項第1号の申し出があった場合は,医療相談室窓口(病院玄関ロビー横)において,次の各号に定めるところにより対応するものとする。
(1) 医療相談室窓口の開設時間は,原則として,診療科(外来)の開設日の8時30分から17時15分とする。
(2) 医療相談室窓口において対応する者は,可能な範囲で当該患者等の氏名,住所,電話番号,当該診療科名,相談内容等を聞き取り所定の様式に記録する。
(3) 医療相談室窓口において対応する者は,当該患者等に対し,相談を受けた時点で説明・回答を行ない処理する。相談後は,当該相談内容,処理結果等を別に定める様式により速やかに病院長に報告し,併せて,必要に応じ当該診療科医師等に報告する。
(4) 医療相談室窓口で処理できない事案については,病院長と協議し,また,必要と認める場合は,佐賀大学医学部附属病院医療安全管理室に諮った上で,その結果を速やかに当該患者等に通知する。
(5) 患者等からの相談情報は,プライバシーに配慮し,かつ,相談により患者等が不利益を受けないよう適切な配慮を講じる。
3 第1項第2号及び第3号の対応方法は,「佐賀大学医学部附属病院における診療情報の提供に関する取扱要項」を準用する。
4 医療相談室又は各部門において患者等の対応を行った場合には,別に定める様式により,相談件数及び相談内容,相談後の取扱い,その他患者等への支援に関する実績を記録しなければならない。
5 医療相談室長が必要と認めた場合には,前項の対応実績及び第2項第3号の規定による病院長への報告を佐賀大学医学部附属病院医療安全管理委員会へ報告し,充分な連携を保つものとする。
(組織)
第3条 医療相談室は,次の各号に掲げる職員をもって組織する。
(1) 室長
(2) 医事課職員 若干名
(3) 医療安全管理担当看護師長
(4) 医療ソーシャルワーカー
(5) その他室長が必要と認めた者。
2 室長は医事課長をもって充てる。
3 第1項に定める室員のほか,各診療科等において患者等への支援を担当する職員を置き,セイフティマネジャーをもって充てる。
(運営等)
第4条 医療相談室には,診療科(外来)の開設日の8時30分から17時15分まで,常時1名以上の室員を配置する。
2 患者支援等に関する取組みを評価するため,室員及び看護師(地域医療連携担当)の参加によるカンファレンスを毎週開催する。この場合において,必要と認められるときは,関係職員を加えるものとする。
3 患者支援体制は,毎年見直すものとし,病院企画室会議の審議を経て病院長が定める。
(雑則)
第5条 この内規に定めるもののほか,医療相談室に関し必要な事項は別に定める。
 
 
附 則
 この内規は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成20年6月17日改正)
 この内規は,平成20年6月17日から施行し,平成20年4月1日から適用する。
附 則(平成24年9月18日改正)
 この内規は,平成24年9月18日から施行し,平成24年9月1日から適用する。
附 則(平成25年3月19日改正) 
 この内規は,平成25年4月1日から施行する。
附 則(令和3年1月1日改正) 
 この内規は,令和3年1月1日から施行する。