佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第5章 医学部附属病院 > 第8款 受入関係
国立大学法人佐賀大学医学部附属病院薬剤師実務受託研修生受入規程
平成16年4月1日
制       定
(趣旨)
第1条 この規程は,財団法人日本薬剤師研修センター(以下「研修センター」という。)から要請のあった薬剤師を,佐賀大学医学部附属病院(以下「本院」という。)において薬剤師実務受託研修生(以下「受託研修生」という。)として受入れるために必要な事項を定めるものとする。
(定義) 
第2条 この規程において受託研修生とは,研修センターからの研修委託の申請に基づき,本院において研修することを許可された者をいう。
(受入許可)
第3条 受託研修生の受入れは,研修センターの長からの受入れの申請に基づき, 本院の業務に支障がない場合に限り,薬剤部長の同意を得て,病院長が許可する。
2 前項に定める受入れの申請は,薬剤師実務受託研修申請書(別紙様式)により,病院長に行うものとする。
(研修期間)
第4条 研修期間は,2か月又は10か月とし,受入れを許可された日の属する年度を超えることはできない。
(研修料)
第5条 受託研修生に係る研修料は,国立大学法人佐賀大学料金規程(平成16年4月1日制定)第2条に規定する額とする。
2 前項の研修料は,全額を前納しなければならない。
3 研修料を研修の開始前までに納付しない場合,病院長は受託研修生の受入れの許可を取り消すものとする。
4 既納の研修料は,原則として返還しない。
(研修方法等)
第6条 受託研修生の研修方法等については,研修センターが定める「薬剤師実務研修プログラム」を踏まえ,薬剤師実務研修実施計画を策定し,実施するものとする。
(規則の遵守)
第7条 受託研修生は,佐賀大学が定める諸規則を遵守しなければならない。
(許可の取消等)
第8条 病院長は,受託研修生が前条の規定に違反し,又は受託研修生としてふさわしくない行為があったときは,当該受託研修生の受入れの許可を取り消すことができる。
(診療報酬の帰属)
第9条 受託研修生が研修に参加することにより生じたすべての診療報酬は,本院に帰属する。
(損害賠償等)
第10条 受託研修生は,本人の故意又は過失により,医療過誤を生じさせた場合又は施設,設備等を損傷させた場合は,法令の定めるところにより損害賠償等の責任を負うものとする。
(事務)
第11条 受託研修生の受入れに関する事務は,経営管理課において処理する。
(雑則)
第12条 この規程に定めるもののほか,受託研修生に関して必要な事項は,病院長が別に定める。
 
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成17年4月14日改正)
 この規程は,平成17年4月14日から施行し,平成17年4月1日から適用する。
附 則(平成31年4月24日改正) 
 この規程は,令和元年5月1日から施行する。 
 
別紙様式