佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第5章 医学部附属病院 > 第8款 受入関係
佐賀大学医学部附属病院における臨床協力医受入内規
平成17年11月25日
制         定
(趣旨)
第1条 この内規は,佐賀大学医学部附属病院(以下「病院」という。)が行う診療に関して,指導・協力を依頼した医師(以下「臨床協力医」という。)の受入れについて必要な事項を定めるものとする。
(臨床協力医の資格)
第2条 臨床協力医(Attending Doctor「ADR」)は,医師免許又は歯科医師免許を有し,保険医の登録を受け,現に診療に従事している者でなければならない。
(受入の決定)
第3条 診療科長は,臨床協力医を受入れ診療に従事させる場合,あらかじめ臨床協力医受入申請書(別紙様式1),所属する医療機関の長からの臨床協力医派遣同意書(別紙様式2)及び臨床協力医従事同意書(別紙様式3)を病院長に提出し,受入れの承認を得なければならない。ただし,本学の非常勤講師の委嘱を受けた者は,所属する機関の長からの非常勤講師委嘱の承諾書(写)の提出をもって,臨床協力医派遣同意書に代えることができる。
(診療の従事)
第4条 臨床協力医は,受入れ診療科長の指導・監督の下に,診療に従事しなければならない。
(規程等の遵守)
第5条 臨床協力医は,本学が定める諸規程等を遵守しなければならない。
(損害賠償等)
第6条 臨床協力医は,診療従事に際して本人の故意又は過失により,本院の施設・設備等に損害を与えた場合及び他人に損害を与えた場合は,損害賠償の責任を負うものとする。
(診療報酬の帰属)
第7条 臨床協力医が行う診療により生じたすべての診療報酬は,本院に帰属する。
(事務)
第8条 臨床協力医の受入れに関する事務は,経営管理課において処理する。
(雑則)
第9条 この内規に定めるもののほか,臨床協力医の受入れに関し必要な事項は,病院長が別に定める。
 
 
附 則
 この内規は,平成17年12月1日から施行する。
   附 則(平成26年7月16日改正) 
 この内規は,平成26年7月16日から施行し,平成26年7月1日から適用する。 
附 則(平成31年3月20日改正) 
 この内規は,平成31年4月1日から施行する。
附 則(平成31年4月24日改正) 
 この内規は,令和元年5月1日から施行する。 
 
 
別紙様式1 
別紙様式2 
別紙様式3