佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第3章 経済学部 > 第3款 人事
佐賀大学経済学部長候補者選考規程
(平成16年12月15日)
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人佐賀大学学部長選考規則(平成16年9月8日制定)第7条の規定に基づき,佐賀大学経済学部長候補者(以下「候補者」という。)の選考に関し,必要な事項を定めるものとする。
(選考)
第2条 候補者の選考は,佐賀大学経済学部教授会(以下「教授会」という。)の議に基づき行う。
(選挙)
第3条 教授会は,候補者を選考するための選挙を行う。
(被選挙者)
第4条 被選挙者は,佐賀大学経済学部専任の教授とする。
(選挙有資格者)
第5条 選挙有資格者は,佐賀大学経済学部専任の教授,准教授,講師及び助手とする。ただし,選挙の公示日から最終投票日の全期間を通じて,海外渡航中,休職中,停職中,育児休業中及び介護休業中の者はこれを除くものとする。
(選挙管理委員会)
第6条 教授会は,第3条の選挙を管理するため,候補者選挙管理委員会(以下「選挙管理委員会」という。)を置く。
2 選挙管理委員会は,経済学部専任の教員から選出された2人の委員をもって組織する。
(選挙有資格者名簿の作成)
第7条 選挙管理委員会は,選挙有資格者名簿を作成しなければならない。
(選挙の公示)
第8条 選挙管理委員会は,被選挙者の氏名,選挙の日時,場所及び方法を選挙施行日の7日前までに公示しなければならない。
2 投票日は,1日限りとする。
(選挙の成立要件)
第9条 選挙は,単記無記名投票により行い,選挙有資格者総数の3分の2以上の投票をもって成立する。
2 有効投票には,白票を含むものとする。
(不在投票)
第10条 公務等のため,選挙日に投票できない者は,申出によりあらかじめ投票することができる。
(候補者当選者の決定)
第11条 教授会は,選挙の結果に基づき,原則として候補者3人を選考する。
2 有効投票数の過半数を得た者をもって順位1位の候補者とする。
3 過半数を得た者がないときは,上位の得票者2人(得票同数の者がある場合は,2人を超えても被選挙者に加える。)について更に投票を行い,得票多数の者を順位1位の候補者とする。
4 得票多数の者の得票が同数であるときは,教授会の協議をもって順位1位の候補者を決定する。
5 順位1位の候補者を決定した後,その者を除いた被選挙者の中から佐賀大学経済学部教員会議において投票を行い,得票数の多い者を順位2位の候補者とし,次に得票数の多い者を順位3位の候補者とする。得票数が同数であるときは,学部長が順位を決定する。
(候補者の推薦)
第12条 教授会は,前条に規定する手続を経て,候補者を選考し,選考経過の資料を添えて学長に推薦する。
(規程の解釈)
第13条 この規程の解釈に疑義が生じたときは,教授会が判断するものとする。
(雑則)
第14条 この規程にない選挙管理事務については,選挙管理委員会が行う。
2 この規程に定めるもののほか,候補者の選考に関し必要な事項は,教授会の議を経て,学部長が別に定める。
 
 
附 則
 この規程は,平成16年12月15日から施行する。
附 則(平成19年3月20日改正)
 この規程は,平成19年4月1日から施行する。
附 則(平成27年5月13日改正)
 この規程は,平成27年5月13日から施行し,平成27年4月1日から適用する。
附 則(令和元年11月6日改正) 
 この規程は,令和元年11月6日から施行する。 
附 則(令和元年12月4日改正) 
 この規程は,令和元年12月4日から施行する。ただし,改正後の第5条の規定については,令和2年4月1日から施行する。