佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第6章 理工学部 > 第1款 規則
佐賀大学理工学部規則
(平成16年4月1日制定)
(趣旨)
第1条 佐賀大学理工学部(以下「本学部」という。)に関する事項は,国立大学法人佐賀大学基本規則(平成16年4月1日制定)及び佐賀大学学則(平成16年4月1日制定。以下「学則」という。)に定めるもののほか,この規則の定めるところによる。
(学部の目的)
第1条の2 本学部は,幅広い教養と科学・技術の専門的な素養を持ち,社会の広い分野で活躍できる人材を育成することを目的とする。
(学科,コース類及びコース)
第1条の3 本学部に次の学科,コース類及びコースを置く。
学  科
コース類
コース
理工学科
数学コース類

数理サイエンスコース

知能情報システム工学コース

情報ネットワーク工学コース

化学コース類

生命化学コース

応用化学コース

物理学コース類

物理学コース

機械エネルギー工学コース

メカニカルデザインコース

電気エネルギー工学コース

電子デバイス工学コース

都市基盤工学コース

建築環境デザインコース

(コースの目的)
第1条の4 学科の各コースの目的は,次に掲げるとおりとする。
(1) 数理サイエンスコース 幅広い教養と数理サイエンス分野の専門的な素養を持ち,論理的な思考能力に優れた教育者,技術者,企業人として中学・高校の数学教育や情報技術などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(2) 知能情報システム工学コース 幅広い教養と知能情報システム工学分野の専門的な素養を持ち,ハードウェアにも強いソフトウェア技術者として情報技術や人工知能などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(3) 情報ネットワーク工学コース 幅広い教養と情報ネットワーク工学分野の専門的な素養を持ち,ハードウェアにも強いソフトウェア技術者として情報通信や情報システムなどの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(4) 生命化学コース 幅広い教養と生命化学分野の専門的な素養を持ち,化学に基盤を置いて生命現象や生体物質を理解した科学者として化学,製薬,食品などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(5) 応用化学コース 幅広い教養と応用化学分野の専門的な素養を持ち,材料開発や化学工学に強い化学技術者として有機・無機工業化学などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(6) 物理学コース 幅広い教養と物理学分野の専門的な素養を持ち,自然界の現象に関する知的探究心と論理的思考法を身につけた教育者,研究者及び技術者として中学・高校の理科教育や情報技術,宇宙利用,材料開発などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(7) 機械エネルギー工学コース 幅広い教養と機械エネルギー工学分野の専門的な素養を持ち,再生可能エネルギー等の高度エネルギー利用技術分野に強い機械工学技術者として環境配慮型エネルギーシステムの構築や基盤整備などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(8) メカニカルデザインコース 幅広い教養とメカニカルデザイン分野の専門的な素養を持ち,モノづくりに強い機械工学技術者として先進的機器開発・生産などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(9) 電気エネルギー工学コース 幅広い教養と電気エネルギー工学分野の専門的な素養を持ち,ソフトウェアにも強い電気技術者として電気エネルギーの発生・変換・利用などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(10) 電子デバイス工学コース 幅広い教養と電子デバイス工学分野の専門的な素養を持ち,ソフトウェアにも強いハードウェア技術者としてエレクトロニクスや情報通信などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(11) 都市基盤工学コース 幅広い教養と都市基盤工学分野の専門的な素養を持ち,安全・安心で豊かな地域社会の構築に貢献できる技術者として建設,運輸,電力,ガス,その他都市基盤に関連する社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(12) 建築環境デザインコース 幅広い教養と建築環境デザイン分野の専門的な素養を持ち,建築及びその周辺環境の空間のあり方を創造的に提示し,魅力的で豊かな地域の創生に貢献できる技術者として建築や都市計画などの社会の広い分野で活躍できる人材を養成すること。
(入学)
第2条 本学部に入学することのできる者は,学則第9条及び第14条に定めるところによる。
2 編入学に関する事項は,佐賀大学理工学部編入学規程(平成16年4月1日制定)及び佐賀大学理工学部履修細則(平成16年4月1日制定。以下「履修細則」という。)の定めるところによる。
第3条 削除 
(教育課程の編成)
第4条 本学部の教育課程は,次の教育科目をもって編成する。
  教養教育科目
  専門教育科目
2 教養教育科目は,大学入門科目,共通基礎科目,基本教養科目,インターフェース科目及び共通教職科目に区分する。
3 共通基礎科目は,外国語科目及び情報リテラシー科目に区分する。
4 基本教養科目は,自然科学と技術の分野,文化の分野及び現代社会の分野に区分する。
5 専門教育科目は,学部共通基礎科目,学部共通専門科目,コース類共通専門科目及び専門科目に区分し,コース別に,必修科目,選択科目及び自由科目に区分する。
(履修方法)
第5条 学生は,本学部の定める教育課程により,教養教育科目及び専門教育科目から成る別表に示す単位を修得しなければならない。
2 教養教育科目の授業科目,単位数及び履修方法は,佐賀大学教養教育科目履修規程(平成25年2月27日全部改正)及び履修細則の定めるところによる。
3 専門教育科目の授業科目,単位数及び履修方法は,履修細則の定めるところによる。
(履修手続)
第6条 学生は,履修しようとする授業科目について,各学期とも所定の期間内に定められた方法により履修手続をしなければならない。ただし,学期の中途から開始される授業科目については,その都度履修手続をしなければならない。
(成績判定及び単位の授与)
第7条 授業科目を履修した場合には,成績判定の上,合格した者に対して所定の単位を与える。
2 成績判定は,平素の学修状況,学修報告,論文及び試験等によって行う。
3 成績は,秀・優・良・可・不可の評語をもって表わし,秀・優・良・可を合格とし,不可は不合格とする。
4 前項の規定にかかわらず,成績の判定に当たり,前項に規定する評語により難いと佐賀大学教育委員会が認めた授業科目においては,合又は不可の評語をもって表すことができるものとし,合を合格とし,不可は不合格とする。 
(試験)
第8条 試験は,各授業科目につき,学期ごとに行うことを原則とする。
2 不合格と判定された科目については,再試験を行うことがある。
3 やむを得ない理由により,定期試験を受験できなかった科目については,追試験を行う。
(他の大学又は短期大学における授業科目の履修等)
第9条 教育上有益と認めるときは,他の大学又は短期大学(外国の大学又は短期大学を含む。)における授業科目の履修,大学以外の教育施設等における学修及び入学前の他の大学又は短期大学(外国の大学又は短期大学を含む。)における授業科目の履修により修得した単位について,教授会の議を経て,認定する。
(転入学した者の履修科目等の認定)
第10条 転入学,編入学又は再入学した者の履修科目及び修得単位数は,教授会の議を経て,認定する。
(卒業の要件)
第11条 本学部を卒業するには,所定の期間在学し,第4条に定める教育課程を履修し,かつ,所定の単位を修得しなければならない。
(技術者教育プログラム)
第12条 本学部に技術者教育プログラムを置く。
2 技術者教育プログラムを置くコースは,次のとおりとする。
  機械エネルギー工学コース
  メカニカルデザインコース
3 技術者教育プログラムの履修に関し必要な事項は,別に定める。
(科目等履修生)
第13条 科目等履修生に関する事項は,佐賀大学科目等履修生規程(平成16年4月1日制定)の定めるところによる。
(特別聴講学生)
第14条 特別聴講学生に関する事項は,佐賀大学学生交流に関する規程(平成16年4月1日制定)の定めるところによる。
(研究生)
第15条 研究生に関する事項は,佐賀大学研究生規程(平成16年4月1日制定)の定めるところによる。
(外国人留学生)
第16条 外国人留学生に関する事項は,佐賀大学外国人留学生規程(平成16年4月1日制定)の定めるところによる。
(公開講座)
第17条 学部の主催する公開講座については,教授会の議を経て,これを行うものとする。
(雑則)
第18条 この規則に定めるもののほか,本学部に関し,必要な事項は,教授会において定める。
 
 
附 則
 この規則は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成16年5月12日改正)
1 この規則は,平成16年5月12日から施行し,平成16年4月1日から適用する。
2 この規則施行の際,平成16年3月31日において現に在学する者及び知能情報システム学科を平成15年度に卒業した者並びに平成16年4月1日以降において知能情報システム学科に転入学,編入学又は再入学する者については,改正後の第12条第2項及び第3項の規定を適用する。
附 則(平成17年1月21日改正)
1 この規則は,平成17年4月1日から施行する。
2 平成17年3月31日において現に在学する者(以下この項において「在学者」という。)及び平成17年4月1日以降において在学者の属する年次に転入学,編入学及び再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成18年2月16日改正)
1 この規則は,平成18年4月1日から施行する。
2 平成18年3月31日において現に在学する者(以下この項において「在学者」という。)及び平成18年4月1日以降において在学者の属する年次に転入学,編入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成19年2月16日改正)
1 この規則は,平成19年4月1日から施行する。
附 則(平成19年5月18日改正)
1 この規則は,平成19年5月18日から施行し,平成19年4月1日から適用する。
2 平成19年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学,編入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成19年12月21日改正)
 この規則は,平成20年4月1日から施行する。
附 則(平成20年2月15日改正)
1 この規則は,平成20年4月1日から施行する。
2 平成20年3月31日において現に在学する者(以下この項において「在学者」という。)及び平成20年4月1日以降において在学者の属する年次に転入学,編入学及び再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成21年2月20日改正)
1 この規則は,平成21年4月1日から施行する。
2 平成21年3月31日において現に在学する者(以下この項において「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学,編入学及び再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成22年11月24日改正) 
 この規則は,平成22年11月24日から施行する。 
附 則(平成25年3月27日改正) 
1 この規則は,平成25年4月1日から施行する。
2 平成25年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学,編入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成28年2月24日改正)
1 この規則は,平成28年4月1日から施行する。
2 平成28年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学,編入学及び再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成30年3月28日改正)
 この規則は,平成30年4月1日から施行する。
附 則(平成31年2月27日改正)
1 この規則は,平成31年4月1日から施行する。
2 平成31年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学,編入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(令和2年2月26日改正)
1 この規則は,令和2年4月1日から施行する。
2 令和2年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学,編入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
 
 
別表(第5条関係)