佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第3編 管理運営
国立大学法人佐賀大学監事監査規則
(平成16年4月1日制定)
(趣旨)
第1条 この規則は,国立大学法人法(平成15年法律第112号。以下「法人法」という。)第11条第4項の規定に基づき,監事が行う国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)の監査に関する基本的事項について定めるものとする。
(監査の目的)
第2条 監査は,本法人の業務の合理的かつ効率的な運営を図ること及び会計経理の適正を期することを目的とする。
(監査の対象)
第3条 監査は,業務及び会計について行う。
(会計監査人及び監査室との連携)
第4条 監事は,会計監査人及び監査室と連携し,的確かつ効率的な監査の実施に努めるものとする。
(監査の種類)
第5条 監査は,定期監査及び臨時監査とする。
2 前項の定期監査のうち,業務監査は毎年度1回行い,会計の監査は毎年度決算時に行う。
3 第1項の臨時監査は,監事が必要と認めた場合に行う。
(監査の方法)
第6条 監査は,書面監査及び実地監査により行う。
(監査計画の提出)
第7条 監事は,事業年度ごとに監査計画を作成し,4月末日までに学長に提出するものとする。ただし,臨時監査については,この限りでない。
(監査職員)
第8条 監事は,監査を行うに当たり,学長の承認を得て,監査室職員以外の本法人の職員に監査に関する事務を補助させることができる。
2 監査室職員及び前項に基づき監査に関する事務補助に従事する職員を監査職員という。
3 監事は,監査職員の独立性の確保について,確認するものとする。
4 監事及び監査職員は,業務上知り得た事項を他に漏らしてはならない。
(役職員への質問等)
第9条 監事は,監査を行うに当たり,役員又は職員に対し,質問をし,又は説明若しくは資料の提出を求めることができる。
2 役員又は職員は,監事及び監査職員が行う監査に協力しなければならない。
(監査結果報告書の作成等)
第10条 監事は,監査を行ったときは,監査結果報告書を作成し,学長に提出するものとする。
2 監事は,監査の結果,改善を要する事項があると認める場合には,前項の報告書に,意見を付すことができる。
3 学長は,監査結果報告書に基づき,改善すべき事項がある場合には,速やかに改善措置を講じ,その結果を監事に文書で通知するものとする。
(文部科学大臣への意見の提出)
第11条 監事は,法人法第11条第9項の定めるところにより文部科学大臣に意見を提出するときは,あらかじめ学長にその旨を通知するものとする。
(学長等への報告義務) 
第11条の2 監事は,役員(監事を除く。)が不正の行為をし,若しくは当該行為をするおそれがあると認めるとき,又はこの法律若しくは他の法令に違反する事実若しくは著しく不当な事実があると認めるときは,遅滞なく,その旨を学長に報告するとともに,文部科学大臣に報告しなければならない。
(会議への出席)
第12条 監事は,本法人の管理運営に係る会議に出席し,意見を述べることができる。
(監事に回付する文書等)
第13条 次に掲げる文書等は,監事に回付し,又は報告するものとする。
(1) 文部科学大臣に提出する中期計画書,年度計画書,事業報告書,決算報告書及び財務諸表
(2) 国立大学法人評価委員会に提出する書類
(3) 会計検査院に提出する重要な書類
(4) 業務に関する重要な報告その他の文書
(5) 第1号から前号までに規定するもののほか,法人法第11条第6項に定める書類
2 監事は,法人法第11条第6項に定める書類を文部科学省に提出しようとするときは,これらの書類を調査しなければならない。
(事故又は異例の事項の報告)
第14条 業務上の事故又は異例の事項が発生したときは,役員又は職員は,速やかにその旨を口頭又は文書で監事に報告しなければならない。
(雑則)
第15条 監査の手続その他この規則の施行に関し必要な事項は,学長と協議の上,監事が別に定める。
 
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成21年11月16日改正)
 この規程は,平成21年11月16日から施行する。
附 則(平成22年11月24日改正)
 この規程は,平成22年11月24日から施行する。
附 則(平成27年3月26日改正) 
 この規則は,平成27年4月1日から施行する。 
附 則(平成28年3月25日改正)
 この規則は,平成28年4月1日から施行する。