佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第3編 管理運営
国立大学法人佐賀大学事務センター規程
(平成21年3月31日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人佐賀大学事務組織規則(平成20年12月1日全部改正)第2条第7項の規定に基づき,国立大学法人佐賀大学事務センター(以下「センター」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。
(目的)
第2条 センターは,国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)における高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(昭和46年法律第68号)に基づき雇用された国立大学法人佐賀大学職員就業規則(平成16年4月1日制定。以下「就業規則」という。)第18条に定める再雇用職員(以下「再雇用職員」という。)及び障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)に対応して国立大学法人佐賀大学臨時職員就業規則(平成16年4月1日制定)第2条第1項に定める臨時職員として雇用された者(以下「臨時職員」という。)の活用を図るとともに,特定の業務を集約して遂行し,もって本法人全体の円滑な運営に資することを目的とする。
(組織)
第3条 センターは,次に掲げる職員をもって組織する。
(1) センター長
(2) 副センター長
(3) センター職員
(センター長)
第4条 センター長は,総務部長をもって充てる。
2 センター長は,センターの運営を掌理する。
(副センター長) 
第5条 副センター長は,次条に定める再雇用職員のうち,センター長が指名する職員をもって充てる。 
2 副センター長は,センター長を補佐し,センターの業務を整理するとともにセンター職員を指揮してセンター業務を処理する。
(センター職員)
第6条 センター職員は,再雇用職員及び臨時職員のうちから配置する。
2 前項にかかわらず,必要に応じて就業規則第2条第1項に定める職員を置くことができる。
(センターの業務)
第7条 センターは,関係部署から依頼された業務及び外部者への委託を見直した業務のうち,センター長が必要と認めた業務を処理する。
(連絡会議) 
第8条 センターの効果的かつ円滑な運営のため,連絡会議を置く。
2 連絡会議は,次に掲げる構成員をもって組織する。
(1) センター長
(2) 副センター長
(3) 総務部総務課長及び総務部人事課長
(4) 総務部総務課副課長及び総務部人事課副課長
(5) その他センター長が必要と認めた者
3 センター長は,連絡会議を招集し,その議長となる。
4 連絡会議が必要と認めたときは,必要に応じて連絡会議の構成員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。
(事務)
第9条 センターの事務は,総務部総務課が行う。
(雑則)
第10条 この規程に定めるもののほか,センターの運営に関し必要な事項は,別に定める。
 
 
附 則
 この要項は,平成21年4月1日から実施する。
附 則(平成22年11月24日改正)
 この要項は,平成22年11月24日から実施する。
附 則(平成22年12月22日改正)
 この規程は,平成23年4月1日から実施する。
附 則(平成23年3月25日改正) 
 この規程は,平成23年4月1日から施行する。 
附 則(平成26年2月20日改正) 
 この規程は,平成26年2月20日から施行する。 
附 則(平成28年3月25日改正)
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。