佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第17編 研究協力
国立大学法人佐賀大学外国人客員研究員受入規程
(平成16年4月1日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,外国人の学術研究者(受入れについて別に定めのある外国人の研究者を除く。以下「外国人客員研究員」という。)を国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)に受け入れる場合の取扱いについて定めるものとする。
(目的)
第2条 この制度は,外国人客員研究員を本法人に受け入れ,本法人の教員(教授,准教授,常勤講師及び助教又はこれらに相当する者をいう。以下同じ。)と共同研究を行うことにより,学術研究の国際交流を促進し,あわせて学術研究の進展に寄与することを目的とする。
(受入れの原則)
第3条 外国人客員研究員の受入れは,教育,研究その他本法人の運営に支障のない場合に行うものとする。
(外国人客員研究員の資格)
第4条 外国人客員研究員として受け入れることのできる者は,外国の大学の教授,准教授,講師及び助教又はこれらに相当すると認められる者とする。
(受入期間)
第5条 外国人客員研究員の受入期間は,1月以上1年以内とする。ただし,学長が特に必要があると認めるときは,受入期間を延長することができる。この場合における期間延長の手続は,次条から第8条までの規定を準用する。
(受入れの申出)
第6条 外国人客員研究員を受け入れようとする教員は,外国人客員研究員受入申請書(別紙様式第1号)に外国人客員研究員受入調書(別紙様式第2号)2部並びに研究業績の資料及び所属機関の長の推薦書各1部を添えて,産学・地域連携機構,各学部(理工学部を除く。),学校教育学研究科,工学系研究科,全学教育機構,共同利用・共同研究拠点及び学内共同教育研究施設の長(以下「部局長」という。)に申し出るものとする。
(受入れの申請)
第7条 部局長は,前条の申出に基づき,各学部(理工学部を除く。)及び工学系研究科にあっては教授会,学校教育学研究科にあっては研究科委員会,産学・地域連携機構,全学教育機構,共同利用・共同研究拠点及び学内共同教育研究施設にあっては当該施設等の長が適当と認める委員会の議を経て,外国人客員研究員受入承認申請書(別紙様式第3号)に,前条により提出された受入調書1部を添えて,原則として受入希望日の2月前までに,学長に申請しなければならない。
(受入れの承認)
第8条 学長は,外国人客員研究員の受入れについて承認するときは,外国人客員研究員受入承認書(別紙様式第4号)により,当該部局長に通知するものとする。
(受入れ承認の取消し)
第9条 外国人客員研究員が本法人の学内規則等に違反したとき,又は本法人の運営に重大な支障を生ぜしめたときは,学長は,当該外国人客員研究員の受入承認を取り消すことができる。
(施設,設備等の使用)
第10条 外国人客員研究員は,佐賀大学の教育,研究に支障がない範囲において,研究を遂行するために本法人の施設,設備等を使用することができるものとする。
(給与等)
第11条 外国人客員研究員には,給与,渡航費及び滞在費その他の費用を支給しない。
(終了証明書の交付)
第12条 外国人客員研究員の受入期間が満了した場合において,当該外国人客員研究員から請求があったときは,学長は,当該研究の終了証明書を交付することができる。
(学内諸規則等の準用)
第13条 外国人客員研究員には,本法人の学内規則等を準用するものとする。
(細則)
第14条 この規程の施行に関し必要な事項は,別に定めるものとする。
 
 
附 則
 この内規は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成17年4月1日改正)
 この内規は,平成17年4月1日から施行する。
附 則(平成19年2月28日改正)
 この内規は,平成19年2月28日から施行し,平成18年8月1日から適用する。
附 則(平成19年7月10日改正)
 この内規は,平成19年7月10日から施行し,平成19年4月1日から適用する。
附 則(平成20年1月25日改正)
 この内規は,平成20年1月25日から施行する。
附 則(平成22年7月6日改正)
 この内規は,平成22年7月6日から施行し,平成22年4月1日から適用する。
附 則(平成22年11月24日改正)
 この内規は,平成22年11月24日から施行する。
附 則(平成23年3月23日改正)
 この規程は,平成23年4月1日から施行する。
附 則(平成24年3月28日改正) 
 この規程は,平成24年4月1日から施行する。 
附 則(平成28年3月25日改正) 
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。 
 
 
別紙様式第1号(第6条関係) 
別紙様式第2号(第6条関係) 
別紙様式第3号(第7条関係) 
別紙様式第4号(第8条関係)