佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第15編 財務
国立大学法人佐賀大学事務局所属の自動車運用管理規程
(平成16年8月1日制定)
(趣旨)
第1条 国立大学法人佐賀大学事務局に所属する乗用自動車,貨物自動車及びスクールバス(以下「自動車」という。)の運用及び管理については,法令等に定めるもののほか,この規程の定めるところによる。
(運用及び管理)
第2条 自動車の運用及び管理は,財務部経理調達課長(以下「管理者」という。)が行うものとする。
(補助管理者の職務)
第3条 管理者から委任された職員(以下「補助管理者」という。)は,常に自動車の現況を把握し,適正かつ効率的な運用及び管理に努めるものとする。
2 補助管理者は,乗用自動車及び貨物自動車については,事務センターの副センター長とし,スクールバスについては,財務部経理調達課係長のうち管理者が指名した者とする。
3 補助管理者は,自動車について,次に掲げる業務を適正に処理するものとする。
(1) 自動車運転者の指導及び監督
(2) 自動車使用承認の確認及び配車計画の立案,運用
(3) 自動車の定期点検及び機能の確認
(4) 自動車の運用及び管理に関する手続,記録等の整理保存及び報告
(5) 自動車の整備(修理を含む。)事項の確認
(6) 車庫及び関係施設の点検並びに火災予防措置
(7) 自動車の安全管理及び事故防止の措置
(8) その他運用及び管理のため必要があると認める事項
(使用の原則)
第4条 自動車の使用は,業務の円滑な遂行を図るため必要がある場合で,次に掲げるところによるものとする。ただし,管理者が特に必要があると認めるときは,この限りでない。
(1) 1日の使用時間が8時間以内で,かつ,運行距離が300キロメートル未満であること。
(2) 1回の使用期間が1日を超えないこと。
(3) 交通量,道路状況,天候等を勘案し,自動車の運転の安全が確保される場合であること。
2 前項に掲げるもののほか,スクールバスを使用する場合は,次に掲げるところによるものとする。
(1) 授業計画に基づく実習及び校外学習(ゼミ合宿等を除く。)のため必要があるとき。
(2) 国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)主催の会議,研修会等で必要とするとき。
(3) 乗車人員が10人以上であるとき。
(使用の承認)
第5条 自動車(スクールバスを除く。)の使用は,自動車の運転を行う者(以下「運転者」という。)の所属(附属学校教員を除く教育職員にあっては,配置をいう。以下同じ。)する部署ごとに定める承認者又は代理承認者の承認を経て補助管理者に請求するものとする。 
2 承認者又は代理承認者は,使用目的(フィールドワークを除く。),緊急度,使用時間,運行距離,運行方法等を勘案して承認するものとする。 
3 前2項の規定による請求及び承認は,本法人の事務用電子計算機システムを利用して行うものとする。 
4 第1項の承認者又は代理承認者は,別表のとおりとする。
第6条 スクールバスの使用は,使用予定日の14日前までに,スクールバス使用申込書(別紙様式第1号又は別紙様式第1号の2)を別表の承認者の承認(別紙様式第1号にあっては学務部教務課長の承認を含む。)を経て補助管理者に提出し請求するものとする。ただし,緊急を要する場合等,申込期限日までに請求することができないときは,この限りでない。
(使用の許可) 
第7条 補助管理者は,前2条の規定による請求があったときは,自動車の使用状況,整備状況,道路状況,天候等を勘案の上,自動車の使用の許可又は不許可を決定するものとする。
2 前項の場合において,補助管理者から不許可の通知がない場合は,許可の通知があったものとみなす。
(使用許可の取消し)
第8条 補助管理者は,前条の規定による許可後において自動車の使用に支障があるときは,その許可を取り消すことができるものとする。
(運行日誌等)
第9条 運転者は,自動車の使用後,自動車運行日誌(別紙様式第2号)に所要事項を記入の上,速やかに補助管理者に報告するものとする。
(修理)
第10条 運転者は,自動車の修理又は部品の取替えについて必要があるときは,補助管理者に修理等の請求を行うものとする。
2 補助管理者は,前項の請求を受けたときその他修理箇所等を随時点検の上,必要があるときは速やかに所要の措置を講ずるものとする。
(給油)
第11条 運転者は,自動車について,常に運行に支障のないよう燃料を補給しておくものとする。
(事故発生時の措置)
第12条 運転者は,運行中に事故が発生したときは,直ちに道路交通法(昭和35年法律第105号)その他関係法令に基づく応急の措置を講ずるとともに,補助管理者に通報してその指示を受けるものとする。
2 補助管理者は,前項の通報を受けたときは,直ちに所轄警察署の現場検証に立ち会うとともに,事故の原因を詳細に調査し管理者に報告するものとする。
3 補助管理者は,運行中に事故が発生したときは,当該自動車に乗車していた者からその状況等について報告を求めるものとする。
(雑則)
第13条 乗用自動車,貨物自動車の運用及び管理に関する事務は,事務センターが行い,スクールバスの運用及び管理に関する事務は,財務部経理調達課が行う。 
 
附 則
 この要項は,平成16年8月1日から実施する。
附 則(平成17年4月1日改正)
 この要項は,平成17年4月1日から実施する。
附 則(平成18年5月23日改正)
 この要項は,平成18年5月23日から施行し,平成18年4月1日から実施する。
附 則(平成19年2月28日改正)
 この要項は,平成19年2月28日から実施し,平成18年8月1日から適用する。
附 則(平成20年12月1日改正)
 この要項は,平成20年12月1日から施行し,アドミッションセンター及びキャリアセンターの設置に関する改正は,平成19年10月1日から適用し,係の廃止に関する改正は,平成20年4月1日から適用する。
附 則(平成22年7月6日改正)
 この要項は,平成22年7月6日から施行し,平成22年4月1日から適用する。
附 則(平成22年11月24日改正)
 この要項は,平成22年11月24日から実施する。
附 則(平成23年3月23日改正)
 この規程は,平成23年4月1日から施行する。
附 則(平成23年9月28日改正) 
 この規程は,平成23年10月1日から施行する。
附 則(平成24年8月9日改正) 
 この規程は,平成24年8月9日から施行し,平成24年4月1日から適用する。 
附 則(平成25年6月26日改正) 
 この規程は,平成25年6月26日から施行する。 
附 則(平成26年3月26日改正) 
 この規程は,平成26年4月1日から施行する。 
附 則(平成26年10月29日改正) 
 この規程は,平成26年11月1日から施行する。 
附 則(平成27年9月25日改正)
 この規程は,平成27年9月25日から施行する。
附 則(平成28年3月25日改正)
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。
附 則(平成28年10月31日改正)
 この規程は,平成28年11月1日から施行する。
附 則(平成29年9月27日改正)
 この規程は,平成29年10月1日から施行する。
附 則(平成30年3月28日改正) 
 この規程は,平成30年4月1日から施行する。 
 
 
 
別表(第5条,第6条関係) 

所属部署

承認者

代理承認者

監査室

室長

総務担当係長

事務局

課長

副課長又は総務担当係長

リージョナル・イノ

ベーションセンター

センター長

副センター長又は所掌課総務担当係長

アドミッションセン

ター

センター長

副センター長又は所掌課総務担当係長

キャリアセンター

センター長

副センター長又は所掌課総務担当係長

国際交流推進センター

センター長

副センター長又は所掌課総務担当係長

学部

事務長(医学部事務部にあっては課長)

副事務長(医学部事務部にあっては副課長)又は総務担当係長

全学教育機構

機構長

副機構長又は所掌課当該機構担当係長

附属図書館

館長

副館長又は所掌課総務担当係長

美術館

館長

副館長又は所掌課総務担当係長

保健管理センター

センター長

副センター長又は所掌課当該センター担当係長

共同利用・共同研究拠

センター長

副センター長又は所掌課当該拠点担当係長

学内共同教育研究施設

施設長

副施設長又は所掌課当該施設担当係長

学部附属の教育施設及

び研究施設

施設長

副施設長又は当該施設担当事務員

 
別紙様式第1号(第6条関係) 
別紙様式第1号の2(第6条関係) 
別紙様式第2号(第9条関係)