佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第17編 研究協力
国立大学法人佐賀大学寄附金事務取扱規程
(平成16年4月1日制定)
(趣旨)
第1条 国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)における寄附金の受入れ及び経理に関する事務の取扱いについては,他の法令等に定めるもののほか,この規程の定めるところによる。
(定義)
第2条 この規程において「寄附金」とは,次に掲げる経費に充てることを目的として受け入れた現金及び有価証券をいう。
(1) 学術研究に要する経費
(2) 教育研究の奨励に供する経費
(3) その他本学の業務遂行に要する経費
2 この規程において「部局」とは,事務局(リージョナル・イノベーションセンター,アドミッションセンター,キャリアセンター,国際交流推進センター,全学教育機構,美術館,保健管理センター,共同利用・共同研究拠点及び各学内共同教育研究施設を含む。),各学部(理工学部を除く。),学校教育学研究科,工学系研究科及び附属図書館をいう。
3 この規程において「部局長」とは,前号に規定する部局の長をいう。
4 この規程において「役職員」とは,学長,理事,国立大学法人佐賀大学職員就業規則(平成16年4月1日制定)第2条に規定する職員,国立大学法人佐賀大学契約職員就業規則(平成21年3月11日制定)第2条に規定する職員及び国立大学法人佐賀大学臨時職員就業規則(平成16年4月1日制定)第2条に規定する職員をいう。
(受入れの制限)
第3条 寄附金を受け入れようとする場合において,次に掲げる条件が付されているものは,受け入れることができないものとする。
(1) 寄附金により取得した財産を無償で寄附の申込者(以下「寄附者」という。)に譲与すること。
(2) 寄附金による学術研究の結果,得られた特許権,実用新案権,意匠権,商標権,著作権その他これらに準ずる権利を寄附者に譲渡し,又は占有使用させること。
(3) 寄附申込後,寄附者がその意思により,寄附金の全部又は一部を取り消すことができること。
(4) 寄附金を受け入れることにより,著しい経費の負担を伴うもの
(5) その他学長が特に本法人の業務遂行上支障があると認める条件
(届出の義務)
第4条 役職員は,寄附者から寄附金の申入れがあったときは,別紙様式第1号によりこれをすべて学長に届け出るものとする。
(受入れの決定)
第5条 学長は,寄附の目的,寄附条件等が教育又は学術研究上支障がないと認め,受入れを決定したときは,国立大学法人佐賀大学会計規則(平成16年4月1日制定)第6条に定める会計責任者(以下「会計責任者」という。)及び部局長に通知するものとする。
(寄附金の収納)
第6条 会計責任者は,前条の通知を受けたときは,寄附者に寄附金納入依頼文書及び振込依頼書を送付するものとする。
2 会計責任者は,寄附金が納入されたときは,学長及び役職員に報告するものとする。
3 学長は,前項の報告を受けたときは,寄附者に礼状を送付するものとする。
(寄附金の使途)
第7条 寄附金は,その寄附目的以外には使用してはならない。
(寄附金の使途変更等)
第8条 学長は,理事又は部局長から,役職員が寄附目的を達成し,残額が生じ,他の使途目的に使用する旨の申請があったときは,その内容が適当と認められる場合に限り,承認するものとする。
2 学長は,理事又は部局長から,役職員が他の国立大学法人又は他の研究機関(以下「他の機関」という。)へ転出し,当該他の機関へ寄附金を移し替える旨の申請があったときは,その内容が適当と認められた場合に限り,承認するものとする。
3 役職員(理事を除く。以下この項において同じ。)が異動等により所属が変わる場合の寄附金の管理は,原則として役職員の元の所属部局が管理するものとする。ただし,特別な理由により,学長が適当と認めた場合は,管理する部局を変更することができる。 
(助成金等の取扱い)
第9条 役職員が,研究助成財団等(以下「財団等」という。)の公募による助成金等を受け,当該助成金等を用い,本法人における本務として教育研究等を行う場合は,当該助成金を役職員又は財団等が本法人へ寄附しなければならない。
2 前項の寄附を行う場合は,役職員又は財団等は,別紙様式第2号又は別紙様式第3号により寄附を申し出なければならない。 
3 助成期間終了後,財団等への報告等が必要となる場合には,当該役職員が行うものとする。 
(地方公共団体からの寄附金等の取扱い) 
第10条 地方公共団体からの寄附金等(寄附金,法令に基づかない負担金その他これらに類するものをいう。以下同じ。)の受入れに当たっては,地方財政法(昭和23年法律第109号)第4条の5で禁止されている割当的寄附金等その他のそれと誤解を受けるような行為を行わないものとする。 
2 地方公共団体から自発的な寄附金等を受領したときには,別紙様式第4号により,寄附金等の金額,経緯及び内容を,当該寄附金等を受領した年度の翌年度にまとめて公表するものとする。
(帳簿の整理)
第11条 会計責任者は,現金出納簿及び寄附金別受払簿のほか,必要に応じて帳簿を整え,現金の受払いをしなければならない。
2 帳簿等の記録・保存については,電子媒体によることができる。
(雑則)
第12条 この規程に定めるもののほか,この規程の実施に関し必要な事項は,学長がその都度定めるものとする。
 
 
附 則
 この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成17年4月1日改正)
 この規程は,平成17年4月1日から施行する。
附 則(平成18年5月23日改正)
 この規程は,平成18年5月23日から施行し,平成18年4月1日から適用する。
附 則(平成19年2月28日改正)
 この規程は,平成19年2月28日から施行し,平成18年8月1日から適用する。
附 則(平成20年3月1日改正)
 この規程は,平成20年3月1日から施行する。
附 則(平成20年12月1日改正)
 この規程は,平成20年12月1日から施行し,平成19年10月1日から適用する。
附 則(平成22年7月6日改正)
 この規程は,平成22年7月6日から施行し,平成22年4月1日から適用する。
附 則(平成23年3月23日改正)
 この規程は,平成23年4月1日から施行する。
附 則(平成23年9月28日改正) 
 この規程は,平成23年10月1日から施行する。
附 則(平成24年3月26日改正)
 この規程は,平成24年4月1日から施行する。
附 則(平成25年6月26日改正) 
 この規程は,平成25年6月26日から施行する。 
附 則(平成26年3月26日改正) 
 この規程は,平成26年4月1日から施行する。 
附 則(平成28年3月25日改正) 
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。 
附 則(平成29年1月19日改正) 
 この規程は,平成29年2月1日から施行する。 
附 則(平成29年9月27日改正)
 この規程は,平成29年10月1日から施行する。
 
 
別紙様式第1号(第4条関係) 
別紙様式第2号(第9条関係) 
別紙様式第3号(第9条関係) 
別紙様式第4号(第10条関係)