佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第11編 総務
国立大学法人佐賀大学個人情報の開示及び訂正等の手続に関する細則
(平成17年3月15日制定)
(趣旨)
第1条 この細則は,国立大学法人佐賀大学個人情報ファイル簿及び個人情報の開示・訂正等に関する規程(平成17年3月15日制定。以下「規程」という。)に基づき,国立大学法人佐賀大学(以下「本学」という。)が行う個人情報の開示及び訂正等の手続に関し,必要な事項を定めるものとする。ただし,診療情報については,佐賀大学医学部附属病院における診療情報の提供に関する取扱要項による。
(開示の申出)
第2条 規程第4条第1項の書面(法定代理人が開示の申出をする場合におけるものを含む。)には,次の各号に掲げる事項を記載しなければならない。
(1) 開示の申出の年月日
(2) 開示の申出をする者の氏名及び住所
(3) 開示の申出に係る個人情報ファイルの名称
(4) 開示の申出に係るファイル記録項目
(5) 処理情報の本人の氏名(第2号に掲げる氏名と異なる場合に限る。),生年月日及び性別
(6) 氏名,生年月日及び性別のみでは処理情報の本人を検索することが困難であるものとして本学が指定する個人情報ファイルにあっては,処理情報の本人の検索に資するためのものとして本学が指定する符号又は記述
2 個人情報ファイルのうち,一定の期間ごと,ものごと又はその他の事項ごとに分別して構成されているものについて開示の申出をする場合にあっては,当該期間,もの又はその他の事項の一部を指示して処理情報の一部のみの開示の申出をすることを妨げない。
(法定代理人による開示の申出に必要な書類等)
第3条 規程第4条第1項の規定により法定代理人が開示の申出をする場合にあっては,当該法定代理人は,戸籍謄本その他その資格を証明する書類を本学に提出しなければならない。
2 開示の申出をした法定代理人は,開示又は不開示の通知の前にその資格を喪失したときは,直ちに書面でその旨を本学に届け出なければならない。
(処理情報の本人であることの確認に必要な手続等)
第4条 本学は,開示をするにあたり,自己を処理情報の本人とする処理情報に係る開示の申出者に対し,次の各号に掲げる書類のいずれかであって,その者の氏名が記載されているものの提示を求めなければならない。ただし,当該開示申出者が,規程第4条第5項の規定により規程第4条第2項の書面の送付を請求している場合においては,次の各号に掲げる書類のいずれかであって住所が記載されているもの,住民票の写し若しくは住民票に記載をした事項に関する証明書(住所が記載されているものに限る。)又はこれらの書類を複写機により複写したものにより当該開示申出者の住所が真正であることを確認した上,当該住所に送付することをもって足りる。
(1) 運転免許証,健康保険の被保険者証,外国人登録証明書その他法律又はこれに基づく命令により交付された書類であって当該開示申出者が処理情報の本人であることを確認するに足りるもの
(2) 前号に掲げる書類をやむを得ない理由により提示することができない場合には,当該開示申出者が処理情報の本人であることを確認するため本学が適当と認める書類
2 前項の規定は,規程第4条第1項の規定による開示申出者に対し開示をする場合に準用する。この場合において,前項中「自己を処理情報の本人とする処理情報に係る」とあるのは「法定代理人である」と,同項各号中「処理情報の本人である」とあるのは「人違いでない」と読み替える。
(開示等の通知)
第5条 規程第4条第2項及び第3項の書面には,次の各号に掲げる事項を記載しなければならない。
(1) 開示申出者の氏名
(2) 開示の申出を受付けた年月日
(3) 開示の申出に係る個人情報ファイルの名称
(4) 法定代理人が開示申出者である場合にあっては,当該開示の申出に係る処理情報の本人の氏名
(5) 処理情報の全部又は一部について開示をしない場合にはその旨及び理由
(開示等期限延長の通知)
第6条 規程第4条第7項の書面には,次の各号に掲げる事項を記載しなければならない。
(1) 開示申出者の氏名
(2) 開示の申出を受付けた年月日
(3) 開示の申出に係る個人情報ファイルの名称
(4) 法定代理人が開示申出者である場合にあっては,当該開示の申出に係る処理情報の本人の氏名
(5) 規程第4条第6項に規定する期間内に開示等をすることができない理由
(6) 開示等の期限
(手数料等)
第7条 開示申出者は,規程第4条第4項の手数料を納めなければならない。
2 前項の手数料の額は,行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律施行令(平成15年政令第548号)第18条第1項の手数料の額を参酌して,学長が別に定める。 
3 手数料は,次の各号のいずれかの方法により,納付するものとする。
(1) 現金(現金書留を含む。)による納付
(2) 本学が指定する金融機関の口座への振込み(振込手数料は,開示申出者の負担とする。)
(訂正等の申出)
第8条 規程第5条第1項に規定する処理情報の訂正等の申出をする書面には,次の各号に掲げる事項を記載するものとする。
(1) 訂正等の申出の年月日
(2) 訂正等の申出をする者の氏名及び住所
(3) 訂正等の申出に係る個人情報ファイルの名称
(4) 訂正等の申出に係るファイル記録項目及び申出の内容
(5) 開示を受けた年月日
2 訂正等の申出をする者は,当該申出に関し,参考となる資料を本学に提出することができる。
3 規程第5条第1項に規定する調査の結果を通知する書面には,次の各号に掲げる事項を記載するものとする。
(1) 訂正等の申出をした年月日
(2) 訂正等の申出をした者の氏名
(3) 訂正等の申出に係る個人情報ファイルの名称
(4) 調査結果の内容
(5) 調査結果の内容に不服があるときは,再調査の申出をすることができる旨
(再調査の申出)
第9条 規程第5条第2項において準用する同条第1項の書面で同条第2項の再調査の申出をする者は,次の各号に掲げる事項を当該書面に記載するものとする。
(1) 再調査の申出の年月日
(2) 再調査の申出をする者の氏名及び住所
(3) 再調査の申出に係る個人情報ファイルの名称
(4) 調査結果に対する不服の内容
(5) 調査結果の通知を受けた年月日
2 再調査の申出をする者は,当該申出に関し,参考となる資料を本学に提出することができる。
3 規程第5条第2項において準用する同条第1項の書面で同条第2項の再調査の結果を通知する者には,次の各号に掲げる事項を当該書面に記載するものとする。
(1) 再調査の申出をした年月日
(2) 再調査の申出をした者の氏名
(3) 再調査の申出に係る個人情報ファイルの名称
(4) 再調査の結果の内容 
(他規程の準用)
第10条 この細則に定めるもののほか,個人情報の開示及び訂正等の手続に関し,必要な事項は,国立大学法人佐賀大学情報公開規程(平成16年4月1日制定)を準用するものとする。
 
 
附 則 
 この細則は,平成17年4月1日から施行する。