佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第12編 総務
国立大学法人佐賀大学基金規則
(平成20年3月21日制定)
(趣旨)
第1条 この規則は,国立大学法人佐賀大学基金(以下「基金」という。)の管理運用に関し必要な事項を定めるものとする。
(目的)
第2条 基金は,国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)が地域と共に未来に向けて発展し続ける大学を目指して,教育,研究,社会貢献及び国際交流の一層の推進を図ることを目的とする。
(管理)
第3条 基金は,学長が本法人の他の経理と区分して管理運用する。
(事業)
第4条 第2条に規定する目的を達成するため,国立大学法人法(平成15年法律第112号)第22条第1項各号(次条第4項に規定する特例寄附資産等基金にあっては,同法第22条第1項第1号から第5号まで)に規定する業務のうち,次に掲げる事業を行う。
(1) 教育研究振興事業
(2) 地域・国際交流事業
(3) その他基金の目的を達成するために必要な事業 
(基金の区分)
第5条 基金は,一般基金,特定基金及び特例寄附資産等基金に区分する。
2 「一般基金」とは,寄附者から使途を特定されていない寄附金及び特定基金に該当しない寄附金により管理運用するものをいう。
3 「特定基金」とは,寄附金のうち特定目的の事業を実施するため使途を特定した寄附金で,一般基金と区分して,及びそれぞれの特定基金毎に区分して管理運用するものをいう。
4 「特例寄附資産等基金」とは,寄附された現物資産(租税特別措置法施行令(昭和32年政令第43号。以下「施行令」という。)第25条の17第7項第2号イに規定する方法により管理する資産(租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第40条に基づき,受け入れた資産を施行令第25条の17第7項第2号イに規定する方法により管理することとした資産を含む。)に限る。以下同じ。)により管理運用するものをいう。 
(基金の構成)
第6条 一般基金は,次に掲げる資金をもって充てる。
(1) 附則第3項により承継された資金
(2) 基金設立後に寄附者から寄附された資金
(3) 前2号の資金から生ずる果実
2 特定基金の資金は,当該特定基金の目的に賛同する寄附者から寄附された資金及びその資金から生ずる果実をもって充てる。
3 特例寄附資産等基金の資金は,寄附者から寄附された現物資産及びその資産から生ずる果実をもって充てる。 
(特定基金)
第7条 学長は,別表に定める特定基金を設ける。
2 前項の特定基金に関し必要な事項は,別に定める。
(使途の変更)
第8条 第5条第3項に規定する特定基金のうち特定目的の事業を達成した特定基金の残金は,第12条に規定する基金管理委員会及び役員会の議を経て,学長が使途を変更することができる。
(特例寄附資産等基金)
第9条 学長は,現物資産を特例寄附資産等基金に組み入れた場合は,種類,寄附者の当該財産の取得価格,当該財産の寄附時における価格その他参考となるべき事項を記載した基金明細書を作成し,作成した日の属する事業年度の翌年度の開始日から5年間保存するとともに,その写しを毎事業年度終了後3月以内に文部科学大臣に提出するものとする。
(事業年度)
第10条 基金の事業年度は,毎年4月1日に始まり,翌年の3月31日に終わるものとする。
(募金活動の支援)
第11条 本法人は,基金による事業を持続的に実施するため,基金の担当部局による募金活動を積極的かつ継続的に支援するものとする。
(謝意表明)
第12条 学長は,基金への寄附者に対して,次条に規定する基金管理委員会の定めに基づき,謝意を表明することができる。
2 前項に規定する謝意の表明に関し必要な事項は,別に定める。
(管理委員会)
第13条 本法人に,基金の管理運用に関する重要な事項を審議するため,国立大学法人佐賀大学基金管理委員会(以下「管理委員会」という。)を置く。
2 管理委員会に関し必要な事項は,別に定める。
(基金事務室)
第14条 基金の資金の管理,運用その他基金事業の整備を推進するため,国立大学法人佐賀大学基金事務室(以下「基金事務室」という。)を置く。
2 前項の基金事務室に関し必要な事項は,別に定める。
(他規程の適用)
第15条 基金の管理運用に関しこの規則及びこの規則に基づき制定する規程等に定めのない事項については,国立大学法人佐賀大学寄附金事務取扱規程(平成16年4月1日制定)その他関係法令等の定めるところによる。
(事務)
第16条 基金の管理運用に係る事務は,関係各課及び学部事務部の協力を得て,総務部総務課が行う。
(雑則)
第17条 この規則に定めるもののほか,基金の管理運用に関し必要な事項は,別に定める。
 
 
附 則
1 この規程は,平成20年4月1日から施行する。
2 国立大学法人佐賀大学国際交流基金規程(平成18年5月17日制定)は,廃止する。
3 この規程施行の際,現に存する国立大学法人佐賀大学国際交流基金による資金は,この規程の資金として承継する。
附 則(平成22年11月24日改正)
 この規程は,平成22年11月24日から施行する。
附 則(平成28年3月25日改正)
 この規則は,平成28年4月1日から施行する。
附 則(平成29年3月8日改正)
1 この規則は,平成29年4月1日から施行する。
2 この規則施行の際,現に改正前の国立大学法人佐賀大学基金規則第4条に規定する国立大学法人佐賀大学基金の資金は,改正後の第5条第2項の一般基金の資金とみなす。
3 この規則施行の際,現に存する佐賀大学美術館募金,木下記念和香奨学基金及び院内保育所事業基金は,改正後の第7条の特定基金とみなす。
附 則(平成29年9月27日改正) 
 この規則は,平成29年9月27日から施行する。 
附 則(平成29年12月13日改正)
 この規則は,平成29年12月13日から施行する。
附 則(平成30年3月28日改正) 
 この規則は,平成30年4月1日から施行する。 
附 則(平成30年12月12日改正)
 この規則は,平成30年12月12日から施行する。
 
 
別表(第7条関係) 

特定基金の名称

佐賀大学美術館募金

木下記念和香奨学基金

院内保育所事業基金

修学支援基金

課外活動支援基金

佐賀大学医学部開講40周年記念事業募金