佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第12編 総務
国立大学法人佐賀大学感謝状贈呈規程
(平成16年9月7日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)発展のための寄与及び佐賀大学(以下「本学」という。)の学生,本法人の職員に対する善意,善行に対し,感謝状を贈呈して謝意を表わすため必要な事項を定めるものとする。
(選考基準)
第2条 感謝状を贈呈される者(以下「被贈呈者」という。)は,学外者のうち次の各号のいずれかに該当する者であってこの規程による感謝状贈呈を相当と認められた者とする。
(1) 本法人の運営のために一定額以上の寄附又は寄贈を行った者
(2) 本学の学生に対し,継続的な精神的援助を行った者
(3) 本学の学生,本法人の職員の生命,身体等に対する危険を防止した者
(4) 前3号のほか,本学の学生,本法人の職員の福祉,厚生の向上に尽力した者
(5) その他本法人の発展に寄与した者
2 前項第1号を適用するに当たって基準とする額は,金銭にあってはおおむね1,000,000円以上,物品等にあってはおおむね1,000,000円相当以上である場合とする。
(被贈呈者の選考)
第3条 被贈呈者の選考は,理事,リージョナル・イノベーションセンター長,アドミッションセンター長,キャリアセンター長,国際交流推進センター長,学部長,学校教育学研究科長,全学教育機構長,附属図書館長,美術館長,保健管理センター長又は共同利用・共同研究拠点若しくは各学内共同教育研究施設の長の推薦に基づき,役員会の議を経て,学長が決定する。
(感謝状の贈呈)
第4条 感謝状の贈呈は,必要の都度学長が行う。
(褒章手続)
第5条 第3条により被贈呈者と決定された者のうち紺綬褒章の要件を満たすものについては,文部科学省へ当該褒章の手続を行うことがある。
(事務)
第6条 感謝状の贈呈に関する事務は,総務部総務課が行う。
 
 
附 則
 この要項は,平成16年9月7日から実施する。
附 則(平成18年7月31日改正)
 この要項は,平成18年7月31日から実施し,平成18年5月1日から適用する。
附 則(平成19年2月28日改正)
 この要項は,平成19年2月28日から実施し,平成18年8月1日から適用する。
附 則(平成20年12月1日改正)
 この要項は,平成20年12月1日から施行し,平成19年10月1日から適用する。
附 則(平成22年2月9日改正)
 この要項は,平成22年2月9日から実施する。
附 則(平成22年7月6日改正)
 この要項は,平成22年7月6日から実施し,平成22年4月1日から適用する。
附 則(平成22年11月24日改正)
 この要項は,平成22年11月24日から実施する。
附 則(平成23年3月23日改正)
 この規程は,平成23年4月1日から施行する。
附 則(平成23年9月28日改正) 
 この規程は,平成23年10月1日から施行する。 
附 則(平成24年3月28日改正)  
 この規程は,平成24年4月1日から施行する。 
附 則(平成25年6月26日改正) 
 この規程は,平成25年6月26日から施行する。 
附 則(平成26年3月26日改正) 
 この規程は,平成26年4月1日から施行する。 
附 則(平成27年9月25日改正)
 この規程は,平成27年9月25日から施行する。
附 則(平成28年3月25日改正)
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。
附 則(平成29年9月27日改正) 
 この規程は,平成29年10月1日から施行する。
附 則(平成30年3月28日改正) 
 この規程は,平成30年4月1日から施行する。