佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第12編 総務
国立大学法人佐賀大学における規則等の制定等に関する規則
(平成22年11月24日制定)
(趣旨)
第1条 国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)における規則等の種類,制定改廃の手続等については,この規則の定めるところによる。
(部局等の定義)
第2条 この規則において「部局」とは,各学域,各学系,医療系,事務局,リージョナル・イノベーションセンター,アドミッションセンター,キャリアセンター,国際交流推進センター,各学部,各研究科,全学教育機構,附属図書館,美術館,保健管理センター,共同利用・共同研究拠点及び各学内共同教育研究施設をいう。
2 この規則において「部局長」とは,前項の部局の長をいう。
3 この規則において「委員会等」とは,役員会,経営協議会,教育研究評議会,教育研究院会議,学域会議,学系会議,医療系会議,教授会,運営委員会その他学内各種委員会をいう。
4 この規則において「学域会議等」とは,各学域にあっては学域会議,各学系にあっては学系会議,医療系にあっては医療系会議,各学部にあっては教授会,各研究科にあっては研究科委員会,リージョナル・イノベーションセンター,アドミッションセンター,キャリアセンター,国際交流推進センター,全学教育機構,附属図書館,美術館,保健管理センター,共同利用・共同研究拠点及び各学内共同教育研究施設にあっては運営委員会をいう。
(規則等の種類)
第3条 規則等の種類は,次に掲げるとおりとする。
(1) 基本規則
(2) 学則
(3) 規則
(4) 規程
(5) 細則
(6) 内規
(7) 要項
(基本規則)
第4条 「基本規則」とは,本法人又は本学が設置する大学等(以下「本法人等」という。)の組織及び管理運営に関する基本的な事項について,学長が定めるものをいう。
(学則)
第5条 「学則」とは,学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第4条に規定する事項について,基本規則に基づき,学長が定めるものをいう。
(規則)
第6条 「規則」とは,本法人等の組織及び管理運営に関する重要事項について,学長が定めるものをいう。
(規程)
第7条 「規程」とは,法令等,基本規則,学則若しくは規則に基づき委任された事項又は本法人等の業務若しくは所掌事務を遂行するために必要な事項について,学長又は部局長が定めるものをいう。
(細則)
第8条 「細則」とは,基本規則,学則,規則又は規程(以下「基本規則等」という。)を実施するために必要な事項について,学長又は部局長が定めるものをいう。
(内規)
第9条 「内規」とは,基本規則等又は細則の運用に関する具体的事項について,学長,学長の命を受けた理事若しくは副学長又は部局長が定めるものをいう。
(要項) 
第10条 「要項」とは,基本規則等に定めがない事項,臨時的な委員会の設置に関する事項又は臨時的な業務若しくは事務の実施のために必要な事項について,学長,学長の命を受けた理事若しくは副学長又は部局長が定めるものをいう。
(規則等の審議)
第11条 学長は,基本規則,学則及び規則を制定改廃しようとするときは,経営協議会(経営に関する部分に限る。)又は教育研究評議会(教育研究に関する部分に限る。)の議に基づき,役員会の議を経て定めるものとする。
2 学長は,規程,細則,内規及び要項を制定改廃しようとするときは,内容に応じ経営協議会又は教育研究評議会の議に基づき,役員会の議を経て定めるものとする。
3 学長の命を受けた理事又は副学長は,内規及び要項を制定改廃しようとするときは,内容に応じ委員会等の議を経て定めるものとする。
4 部局長は,規程,細則,内規及び要項を制定改廃しようとするときは,学域会議等の議を経て定めるものとする。
(審議の省略等)
第12条 前条の規定にかかわらず, 委員会等は,法令等の制定改廃, 組織の設置改廃又は職名の変更に伴う条文等の整備その他軽微な改正については,審議を省略することができる。
2 前条の規定にかかわらず,学長は,本法人等が法令上の義務を履行するために緊急の必要がある場合は,一時的な措置を講じることができるものとし,事後に委員会等の審議に付すことができるものとする。
(報告)
第13条 部局長が規程又は細則を制定改廃したときは,学長に速やかに報告するものとする。
(周知)
第14条 学長は,規則等を制定改廃したとき,及び前条により報告を受けたときは,ホームページへの掲載その他の方法により学内に周知するものとする。ただし,ホームページによる周知については,規則等を改正した場合は,当該改正した規則等を掲載し,規則等を廃止する規則等を制定した場合は,当該規則等によって廃止される規則等を削除することによって行うものとする。
(方針等)
第15条 第3条に定める規則等のほか,学長,学長の命を受けた理事若しくは副学長又は部局長は,本法人等又は部局の組織,管理運営及び教育研究に関する事項について,その尺度,準拠すべき基本的な方法等を定めるものとして,方針,指針又は基準を別に定めることができる。
2 第3条に定める規則等及び前項の方針等のほか,学長,学長の命を受けた理事若しくは副学長又は部局長は,規則等の実施に関する事項を定めることができる。
3 前2項の方針等を定めようとするときは,内容に応じ委員会等の議を経て定めるものとする。
(申合せ)
第16条 第3条に定める規則等のほか,委員会等は,規則等の解釈及び一定の事項の取扱い等について,当該委員会等の審議事項その他当該委員会等の組織及び運営に関し,申合せを定めることができる。
(雑則)
第17条 この規則に定めるもののほか,規則等の実施に関し必要な事項は,学長が別に定める。
 
 
附 則
 この規則は,平成22年11月24日から施行する。
附 則(平成23年3月23日改正) 
 この規則は,平成23年4月1日から施行する。 
附 則(平成23年9月28日改正) 
 この規則は,平成23年10月1日から施行する。 
附 則(平成24年3月14日改正) 
 この規則は,平成24年4月1日から施行する。 
附 則(平成25年6月26日改正) 
 この規則は,平成25年6月26日から施行する。 
附 則(平成26年3月26日改正) 
 この規則は,平成26年4月1日から施行する。 
附 則(平成28年3月25日改正)
 この規則は,平成28年4月1日から施行する。
附 則(平成29年9月27日改正)
 この規則は,平成29年10月1日から施行する。
附 則(平成30年3月28日改正)
 この規則は,平成30年4月1日から施行する。