佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第12編 総務
国立大学法人佐賀大学の名義の使用許可に関する規程
(平成16年4月1日制定)
(目的)
第1条 この規程は,国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)の名義の使用許可に関し必要な事項を定めることを目的とする。
(名義の区分) 
第2条 名義の区分については,次に掲げるとおりとする。 
(1) 主催 本法人が事業を主体的に開催する場合 
(2) 共催 団体等が主催する事業について,本法人が共同して実施する場合
(3) 後援 団体等が主催する事業について,本法人がその趣旨に賛同し外部的に支援する場合
(4) 協賛その他これに類する名義 特に団体等から要望がある場合 
(許可の基準)
第3条 本法人の名義の使用を許可することができる事業は,次に該当するものとする。
(1) 本法人の目的に沿った事業であること又は佐賀大学の教育研究上有益であり,本法人の発展に寄与すると認められること。
(2) 主催名義以外の名義の使用の場合にあっては,主催する団体等が,当該事業を遂行できる能力があると認められること。
(3) 宗教活動,政治活動又は営利事業の一環として行われるものでないこと。
(4) 主催名義以外の名義の使用の場合にあっては,参加者等に生じた損害について,本法人が賠償責任を負わないこと。 
(5) 共催名義の使用の場合にあっては,本法人職員が職務として運営等に参画するものであること。
(資格要件)
第4条 学長は,主催名義以外の名義の使用については,次の各号のいずれかに該当する団体等が主催するものに限り,許可するものとする。
(1) 国及び地方公共団体
(2) 教育研究機関
(3) 学術団体
(4) 公益法人及びこれに準ずる団体(宗教法人及びこれに準ずる団体を除く。)
(5) その他学長が適当と認めたもの 
(申請)
第5条 本法人の名義の使用許可を受けようとする者は,次に掲げる事項を記載した申請書を学長に提出しなければならない。この場合において,前条第3号から第5号までの団体等にあっては必要に応じ,寄附行為,定款等を添えるものとする。
(1) 事業の目的,計画その他内容に関する事項
(2) 役員その他事業関係者の氏名等に関する事項
(許可)
第6条 学長は,前条の申請書を受理したときは,許可又は不許可を決定するものとする。
2 学長は,名義の使用を許可する場合は,必要に応じ,次に掲げる条件を付すことができる。 
(1) 申請時の事業計画に変更があった場合は,直ちに届け出ること。
(2) 主催名義以外の名義の使用の事業を行うに当たっては,原則として本法人は当該事業に係る経費を負担しないこと。
(3) その他学長が必要と認めたこと。 
3 学長は,名義の使用の許可又は不許可を決定したときは,申請者に通知するものとする。 
(許可の取消し) 
第7条 学長は,次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,名義の使用許可を取り消すことができる。
(1) 申請書に虚偽の記載があったとき。 
(2) この規程の規定又は本法人の付した条件に違反したことが判明したとき。
(3) その他名義を使用させることが不適当と認めたとき。 
2 名義の使用許可を取り消したときは,申請者に通知するものとする。 
(事務)
第8条 名義の使用許可に係る事務は,総務部総務課が行う。
(雑則)
第9条 この規程に定めるもののほか,名義の使用許可に関し必要な事項は,別に定める。
 
 
附 則
 この要項は,平成16年4月1日から実施する。
附 則(平成17年4月1日改正)
 この要項は,平成17年4月1日から実施する。
附 則(平成18年7月31日改正)
 この要項は,平成18年7月31日から実施し,平成18年5月1日から適用する。
附 則(平成22年11月24日改正)
 この要項は,平成22年11月24日から実施する。
附 則(平成24年4月26日改正) 
 この規程は,平成24年4月26日から施行する。 
附 則(平成28年3月25日改正)
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。