佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第11編 総務
国立大学法人佐賀大学教育職員倫理綱領
(平成20年1月9日制定)
国立大学法人佐賀大学(以下「本学」という。)の教育職員は,本学及び自らの職務が,社会をはじめ本学内外に与える影響力を十分に自覚し,教育・研究を担う大学人として,その職責を誠実に遂行していかなければならない。
教育職員一人一人が職務の遂行に当たり,その行為を自省し,自律的に自らの姿勢を正し,節度と社会的良識を持って行動するための規範として,この倫理綱領を定める。
 
1.法令・規則の遵守
  教育職員は,職務を遂行するに当たり,憲法,その他の法令及び職務にかかわる規則等の趣旨を正しく理解し,遵守する。
2.社会的責任
  教育職員は,職務の社会性と自らの社会的使命を十分に認識し,社会からの期待や要求にこたえるとともに,地域及び社会との良好な関係の維持及び発展に努める。
3.人権と個人の尊厳の尊重
  教育職員は,広く職務を遂行するに当たって関係するすべての人々が,どのような出自,性別,年齢,身体的・精神的状況,人種,信仰,文化的背景,社会的地位等にあるのかを問わず,常にその人権を尊重し,個人の尊厳を守る。
4.教育者・研究者としての自覚
  教育職員は,自らの職務の専門性と特殊性を自覚し,見識と専門的能力を常に向上させ,教育者・研究者としての責任を果たす不断の努力を惜しまない。
5.教育者としての責務
  教育職員は,学生(附属学校における園児,児童及び生徒を含む。以下同じ。)の人格,個性を尊重し,すべての学生に対し常に平等,公平,公正な態度で接するとともに,良好な教育環境をはぐくみ,維持することに最善を尽くす。
6.研究者としての責務
  教育職員は, 研究,調査,実験等を実施するに当たり,その対象者,協力者の立場を常に尊重し,節度を守る。また,研究,調査,実験等の遂行及び研究成果の発表に当たり,資料,記録の捏造,改ざん,並びに他者の研究成果の盗用等不正行為を行わないとともに,研究成果を広く社会に公開,普及することに不断の努力をする。
7.プライバシーの保護と守秘義務
  教育職員は,学生,本学の他の職員,その他職務を遂行するに当たって,関係するすべての人々のプライバシーを守るとともに,正当な理由なく職務上知りえた秘密を他に漏らさない。