佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 大学院 > 第7章 経済学研究科(平成28年度より学生募集停止) > 第4款 学務
佐賀大学大学院経済学研究科履修細則
(平成16年4月1日制定)
(趣旨)
第1条 佐賀大学大学院経済学研究科規則(平成16年4月1日制定。以下「研究科規則」という。)第4条の規定に基づく佐賀大学大学院経済学研究科(以下「研究科」という。)の授業科目,単位数及び履修方法は,この細則の定めるところによる。
(授業科目,単位数及び履修方法)
第2条 授業科目及び単位数は,各専攻ごとに別表Ⅰ,別表Ⅱ及び別表Ⅲに定めるとおりとする。
2 学生は,各専攻ごとに別表Ⅰ又は別表Ⅱに掲げる自専攻の授業科目から22単位以上(基礎科目から4単位以上,演習Ⅰ4単位,演習Ⅱ4単位及び総合セミナー2単位を含む。),自専攻又は他専攻の授業科目から6単位以上,別表Ⅲの共通科目の中から2単位以上の計30単位以上を履修しなければならない。
3 演習については,演習Ⅰ,演習Ⅱを2年間にわたり履修するものとする。ただし,優れた業績を上げた者については,当該課程に1年以上在学すれば足りるものとし,自専攻の授業科目をもって演習Ⅱに代えることができる。
4 学生(社会人特別選抜により入学した者を除く。)の単位について,研究科規則第4条第2項により夜間に開講される授業科目の単位は,10単位までを限度として第2項に定める単位に含めることができる。ただし,夜間に開講される基礎科目のうち4単位まで及び演習Ⅰ及び演習Ⅱの単位は,第2項に定める単位に含めることができる一方で,上記の限度に含まれないものとする。
(単位認定)
第3条 研究科規則第5条及び第6条の規定により履修した授業科目の単位数は,6単位を限度として,前条第2項に定める自専攻又は他専攻の授業科目から6単位以上のうちに含めることができる。
2 別表Ⅳの研究科間共通科目として教育学研究科で開講される科目及び他研究科の提供科目のうち本研究科への受入科目並びに別表Ⅴの地域社会教育研究プログラムに掲げる授業科目の履修による単位数は,前条第2項に規定する自専攻又は他専攻の授業科目から6単位以上のうちに含めることができる。
3 成績評価は,試験,レポート,平素の発表等により行う。
 
 
附 則
 この細則は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
 この細則は,平成16年10月1日から施行する。
附 則
 この細則は,平成17年4月1日から施行する。
附 則
 この細則は,平成18年4月1日から施行する。
附 則
1 この細則は,平成19年4月1日から施行する。
2 平成19年3月31日において現に研究科に在学する者は, なお従前の例による。
附 則
 この細則は,平成20年4月1日から施行する。
附 則
1 この細則は,平成21年4月1日から施行する。
2 平成21年3月31日において現に研究科に在学する者は, なお従前の例による。
附 則
1 この細則は,平成22年4月1日から施行する。
2 平成22年3月31日において現に研究科に在学する者(以下「在学者」という。)及び平成22年4月1日以降において在学者の属する年次に転入学または再入学する者については, なお従前の例による。
附 則
 この細則は,平成23年4月1日から施行する。
附 則 
1 この細則は,平成24年4月1日から施行する。
2 平成24年3月31日において現に研究科に在学する者(以下「在学者」という。)及び平成24年4月1日以降において在学者の属する年次に転入学または再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成25年2月6日改正) 
1 この細則は,平成25年4月1日から施行する。
2 平成25年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成26年2月5日改正) 
1 この細則は,平成26年4月1日から施行する。
2 平成26年3月31日において現に研究科に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
 
 
佐賀大学大学院経済学研究科履修細則(別表)26.4.1