佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 大学院 > 第4章 工学系研究科 > 第1款 規則
佐賀大学大学院工学系研究科規則
(平成16年4月1日制定)
(趣旨)
第1条 佐賀大学大学院工学系研究科(以下「研究科」という。)に関する事項は,国立大学法人佐賀大学基本規則(平成16年4月1日制定),佐賀大学大学院学則(平成16年4月1日制定。以下「大学院学則」という。)及び佐賀大学学位規則(平成16年4月1日制定。以下「学位規則」という。)に定めるもののほか,この規則の定めるところによる。
(研究科の目的)
第1条の2 研究科は,理学及び工学の領域並びに理学及び工学の融合領域を含む関連の学問領域において,創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ研究者・技術者等,高度な専門的知識・能力を持つ職業人又は知識基盤社会を支える深い専門的知識・能力と幅広い視野を持つ多様な人材を養成し,もって人類の福祉,文化の進展に寄与することを目的とする。
(博士前期課程の専攻の目的)
第1条の3 研究科の前期2年の課程(以下「博士前期課程」という。)の各専攻の目的は,次に掲げるとおりとする。
(1) 数理科学専攻 数学及び数理科学の領域において,知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養のある人材を養成すること。
(2) 物理科学専攻 物理学及び物理科学の領域において,知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養のある人材を養成すること。
(3) 知能情報システム学専攻 情報科学及び情報工学の学問領域における深い専門知識・能力及び幅広い視野をもって知識基盤社会を支える人材を養成すること。
(4) 循環物質化学専攻 化学の領域において,循環型社会を実現するための確かな知識と実践力を持つ高度な専門技術者等を養成すること。
(5) 機械システム工学専攻 機械工学及びその関連の領域において,高度な専門的知識・能力を持つ職業人を養成すること。
(6) 電気電子工学専攻 電気工学及び電子工学の領域において,高度な専門的知識・能力を持つ職業人を養成すること。
(7) 都市工学専攻 都市工学の領域において,高度な専門的知識・能力を持つ職業人を養成すること。
(8) 先端融合工学専攻 医工学又は機能材料工学の領域において,確かな知識と実践力を持つ高度な専門技術者等を養成すること。
(博士後期課程の専攻の目的)
第1条の4 研究科の後期3年の課程(以下「博士後期課程」という。)の専攻の目的は,次に掲げるとおりとする。
  システム創成科学専攻 電子情報システム学,生産物質科学,社会循環システム学又は先端融合工学の豊かな学識と高度な専門知識を持ち,学際的立場から自立した研究活動が遂行できる研究者・技術者を養成すること。
(専攻並びにコース及び講座)
第2条 研究科の専攻に,別表のとおりコース及び講座を置く。
(指導教員)
第3条 学生の専攻分野の研究を指導するため,学生ごとに指導教員を置く。
2 博士前期課程の学生の指導教員は,主指導教員1人及び副指導教員1人以上とする。
3 博士後期課程の学生の指導教員は,主指導教員1人及び副指導教員2人以上とする。
(授業科目,単位数及び履修方法)
第4条 授業科目,単位数及び履修方法は,佐賀大学大学院工学系研究科履修細則(平成16年4月1日制定)に定めるところによる。
2 教育上特別の必要があると認められる場合には,夜間その他特定の時間又は時期において授業又は研究指導を行う等の適当な方法により教育を行うことができる。
3 教育上特別の必要があると認められる場合には,他の国立の研究所等の研究者を大学院教員に併任する等の方法により,当該研究所等において授業又は研究指導を行うこと(連携大学院方式と称する。)ができる。
(他の大学院等における授業科目の履修)
第5条 学生は,大学院学則第14条の規定に基づき,他の大学院及び外国の大学院の授業科目を履修することができる。
2 指導教員は,研究指導上必要があると認めるときは,学生が他専攻及び他の研究科の授業科目を履修することを認めることができる。
(入学前の既修得単位の認定)
第6条 研究科が必要と認めたときは,大学院学則第15条の規定に基づき,学生が大学院に入学する前に大学院又は他の大学院において履修した授業科目について修得した単位を,大学院に入学した後の大学院における授業科目の履修により修得したものとみなすことができる。
(他の大学院等における研究指導)
第7条 学生は,大学院学則第17条の規定に基づき,他の大学院又は研究所等(外国の大学院又は研究所等を含む。)において,必要な研究指導を受けることができる。ただし,博士前期課程の学生が当該研究指導を受ける期間は1年を超えないものとする。
2 指導教員は,研究指導上必要があると認めるときは,学生が他の研究科において必要な研究指導を受けることを認めることができる。ただし,博士前期課程の学生が当該研究指導を受ける期間は1年を超えないものとする。
(履修手続)
第8条 履修しようとする授業科目については,各学期とも所定の期間に定められた方法により履修手続をしなければならない。ただし,学期の中途から開始される授業科目については,その都度履修手続をしなければならない。
(成績判定及び単位の授与)
第8条の2 授業科目を履修した場合には,成績判定の上,合格した者に対して所定の単位を与える。
2 成績判定は,平素の学修状況,出席状況,学修報告,論文及び試験等によって行う。
3 成績は,秀・優・良・可・不可の評語をもって表わし,秀・優・良・可を合格とし,不可は不合格とする。
(試験)
第9条 試験は,毎学期末又は毎学年末において授業担当教員が行う。
(学位論文の提出)
第10条 学位規則第7条第1項の規定により,修士の学位の授与を受けようとする者は,申請書類とともに,修士の学位論文又は特定の課題についての研究の成果(以下「修士論文等」という。)学位論文を指定した期日までに研究科長に提出しなければならない。
2 学位規則第7条第2項,第3項及び第4項の規定により,博士の学位の授与を受けようとする者は,申請書類とともに,博士の学位論文(以下「博士論文」という。)学位論文を指定した期日までに研究科長を経て学長に提出しなければならない。
(学位論文審査員)
第11条 佐賀大学大学院工学系研究科教授会(以下「研究科教授会」という。)は,修士論文等の審査のため,研究科の教員の中から3人以上の審査員を選出し,うち1人を主査とする。
2 研究科教授会は,博士論文の審査のため,研究科の教員の中から3人以上の審査員を選出し,うち1人を主査とする。
3 前2項の規定にかかわらず,修士論文等及び博士論文の審査に当たって必要があるときは,研究科教授会の議を経て,他の研究科,他の大学院又は研究所等(外国の大学院又は研究所等を含む。)の教員等を審査員に加えることができる。
(入学者及び進学者の選考)
第12条 博士前期課程の入学者の選考は,各専攻ごとに,専門の科目等についての筆記又は口述試験,大学等の調査書及び面接等により行う。
2 博士後期課程の入学者の選考は,修士論文等又はそれに代る研究業績,専門の科目等についての筆記又は口述試験,大学等の調査書及び面接等により行う。
第13条 博士後期課程への進学者の選考は,修士論文等及びそれに関連する科目等についての口述試験並びに博士前期課程の指導教員の所見等により行う。
(研究生及び科目等履修生)
第14条 研究科の教育研究に支障がないときは,研究科教授会の議を経て,研究生及び科目等履修生の入学を認めることができる。
2 研究生及び科目等履修生として入学できる者は,次の各号のいずれかに該当するものとする。
(1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)第83条に定める大学を卒業した者
(2) 研究科教授会において前号と同等以上の学力があると認められた者
(特別研究学生)
第15条 研究科は,他の大学院又は外国の大学院等との協議に基づき,他の大学院等の学生が特別研究学生として研究指導を受けることを認めることができる。
(特別聴講学生)
第16条 研究科は,他の大学院又は外国の大学院等との協議に基づき,他の大学院等の学生が特別聴講学生として授業科目を履修することを認めることができる。
(転入学又は再入学を許可された者の既修得単位等の認定)
第17条 研究科に転入学又は再入学を許可された者が,本学の大学院又は他の大学院(外国の大学院を含む。)で既に修得した単位数及び在学した期間は,研究科教授会の議を経て通算することができる。
(雑則)
第18条 この規則に定めるもののほか,研究科に関し,必要な事項は,研究科教授会において定める。
 
 
附 則
 この規則は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成19年2月16日改正)
 この規則は,平成19年4月1日から施行する。
附 則(平成19年7月20日改正)
1 この規則は,平成19年7月20日から施行し,平成19年4月1日から適用する。
2 平成19年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成21年3月19日改正)
1 この規則は,平成21年4月1日から施行する。
2 平成21年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成22年1月27日改正)
1 この規則は,平成22年4月1日から施行する。
2 平成22年3月31日において現に在学する者(以下「在学者」という。)及び在学者の属する年次に転入学又は再入学する者については,なお従前の例による。
附 則(平成22年11月24日改正) 
 この規則は,平成22年11月24日から施行する。 
附 則(平成27年12月25日改正)
 この規則は,平成28年4月1日から施行する。
 
 
別表(第2条関係)
博士前期課程

専 攻 名

コース名

講   座   名

数理科学専攻

 

数理科学 

物理科学専攻

 

物理科学 

知能情報システム学

専攻

 

 

知能情報システム学 

循環物質化学専攻

 

循環物質化学

機械システム工学専攻

 

機械システム工学 

電気電子工学専攻

 

電気電子工学 

都市工学専攻

 

都市工学 

先端融合工学専攻

医工学コース

機能材料工学コース

先端融合工学

 
博士後期課程

専 攻 名

コ  ー  ス   名

システム創成科学専攻

電子情報システム学,生産物質科学,社会循環システム学,先端融合工学