佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第20編 大学院 > 第6章 工学系研究科 > 第5款 学務
佐賀大学大学院工学系研究科再入学に関する細則
(平成16年12月8日制定)
(目的)
第1条 この細則は,佐賀大学大学院学則第33条の規定に基づき,佐賀大学大学院工学系研究科(以下「研究科」という。)への再入学に関し,必要な事項を定めるものとする。
(資格)
第2条 研究科に再入学を志願できる者は,本学の工学系研究科を退学した者とする。
(手続)
第3条 研究科に再入学を志願する者は,次の各号に掲げる書類を研究科の指定する期日までに,所定の検定料を添えて,研究科長に提出しなければならない。
(1) 再入学願
(2) 研究計画書
(3) 再入学前の大学院における成績証明書
(4) 推薦書(指導教員等又は官公庁,会社等の上司が記入の上,厳封したもの)
(5) 所属長の受験許可書(官公庁,会社等に在職中の者)
(6) 健康診断書
(選考の方法)
第4条 第2条の規定に基づく再入学を志願する者の選考は,当該専攻が教育収容能力に余裕があると判断した場合に限り,当該専攻が必要と認める学力等を検定して行う。
(再入学の年次)
第5条 再入学の年次は,当該専攻の定めるところにより研究科教授会の議を経て,決定する。
(修業期間及び在学期間)
第6条 前条により決定された年次に基づく修業期間は,当該専攻の定めるところにより研究科教授会の議を経て,決定する。
2 修業期間に,休学及び停学(3か月未満のものを除く。)の期間は算入しない。
3 在学期間は,修業期間の2倍を超えることはできない。
4 在学期間に,休学期間は算入しない。
(雑則)
第7条 この細則に定めるもののほか,再入学に関し必要な事項は,研究科教授会において別に定める。
 
 
附 則
 この細則は,平成16年12月8日から施行する。
附 則(平成22年3月22日改正)
1 この細則は,平成22年4月1日から施行する。
2 改正後の第4条から第6条中専攻に関する規定は,平成22年度に1年次に再入学する者から適用し,平成22年3月31日において現に在学する者の属する年次に再入学する者については,なお従前の例による。