佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第20編 大学院 > 第6章 工学系研究科 > 第5款 学務
佐賀大学大学院工学系研究科(博士後期課程)における論文提出による学位の授与に関する取扱要項
(平成16年4月1日制定)
(趣旨)
第1条 佐賀大学大学院工学系研究科(博士後期課程)における論文提出による学位の授与に関する取扱いについては,佐賀大学学位規則(平成16年4月1日制定。以下「学位規則」という。)及び佐賀大学大学院工学系研究科規則(平成16年4月1日制定。以下「研究科規則」という。)に定めるもののほか,この要項の定めるところによる。
(学位申請の資格)
第2条 学位規則第6条第2項に規定する学位の授与を申請することのできる者は,次の各号のいずれかに該当する者で次条に規定する内見審査に合格したものとする。
(1) 工学系研究科の博士後期課程(以下「博士後期課程」という。)において,所定の期間以上在学し,所定の単位を修得し,かつ,必要な研究指導を受けて退学した者
(2) 大学院の博士前期課程又は修士課程を修了した後,4年以上の研究歴を有する者
(3) 大学を卒業した後,7年以上の研究歴を有する者
(4) 前3号に掲げる者のほか研究科教授会において資格があると認めた者
2 前項第2号及び第3号にいう研究歴とは,次の各号に掲げるものとする。
(1) 大学の専任教員として研究に従事した期間
(2) 大学の研究生として研究に従事した期間
(3) 大学院の学生として在学した期間
(4) 官公庁,会社等において研究に従事した期間
(5) その他研究科教授会において前4号と同等以上と認めた期間
(内見審査) 
第2条の2 学位規則第6条第2項に規定する学位の授与を受けようとする者は,学位の申請を行う前に博士論文の草稿の内見審査(以下「内見審査」という。)を受け,その審査に合格しなければならない。  
2 内見審査を受けようとする者は,次に掲げる書類を博士論文の内容と関連のある分野の教授に提出するものとする。  
(1) 博士論文草稿内見願        1部 
(2) 博士論文の草稿          4部 
(3) 博士論文の内容の要旨の草稿    4部 
(4) 論文目録             4部 
(5) 参考論文別冊          各4部 
(6) その他参考資料等        各4部 
(7) 履歴書              4部 
(8) 研究経歴書            4部 
(内見委員会) 
第2条の3 学位の授与を受けようとする者から内見審査を受理した教授(以下「内見受理教授」という。)は,当該教授の属する部門において,内見委員会を設置する。  
2 内見委員会の委員は,内見受理教授及び内見受理教授が選定した2人以上の教授又は准教授とし,内見受理教授を委員長とする。  
3 内見委員会は,提出のあった博士論文の草稿の内容その他の資料等に基づき,学位の授与を受けようとする者の研究内容等について内見審査を行うとともに,学位の授与を受けようとする者を主著者とする原著論文が審査制度のある外国又は国内の学会誌等に3編以上印刷されているか又は受理されていて,博士論文の草稿がこれらの原著論文に基づいていることを確認する。  
4 前項の規定にかかわらず,第2条第1項第1号に規定する者のうち,退学したときから3年以内の者については,佐賀大学大学院工学系研究科(博士後期課程)における課程修了による学位の授与に関する取扱要項(平成16年4月1日制定。)第1条の2第4項を準用し内見審査を行う。  
5 内見審査の審査結果は,各部門における議を経て,部門長が工学系研究科長に報告する。  
6 学位の授与を受けようとする者への内見審査の結果通知は,受理したときから6月以内に内見受理教授が行うものとする。  
(博士論文等の提出)
第3条 学位規則第6条第2項の規定により学位の授与を受けようとする者は,次の各号に掲げる書類等を研究科長に提出するものとする。ただし,第2条第1項第1号に規定する者のうち,退学したときから1年を超えない者については,学位論文審査手数料の納付を免除する。
(1) 学位申請書                           1部
(2) 博士論文                            4部
(3) 博士論文の要旨(別紙第1号様式)                4部
(4) 論文目録                            4部
(5) 履歴書(別紙第2号様式)                    4部
(6) 研究歴に関する証明書(別紙第3号様式)             4部
(7) 最終出身大学(院)の卒業(修了)証明書又は単位取得退学証明書  4部
(8) 論文共著者の承諾書(別紙第4号様式)              4部
(9) その他参考論文等                       各4部
(10) 学位論文審査手数料                     57,000円
2 前項に掲げる書類等の提出は,随時受け付けるものとする。ただし,学位の授与は,9月又は3月とする。
(審査員)
第4条 学位規則第10条第2項及び研究科規則第11条第2項に規定する審査員は,博士論文の内容及び専攻科目に関連する分野の教員4人以上とし,うち1人は互選により主査とする。
2 前項の教員は,専任又は兼任の教授,准教授及び講師とする。
3 前項の規定にかかわらず,第1項の審査員として,他の研究科,他の大学院又は研究所等の教員等を加えることができる。
4 第1項の規定にかかわらず,審査員として,他の分野の教員を加えることができる。
5 第1項の審査員の選出は,当該コースの申請に基づき,研究科教授会で行う。
(博士論文の審査) 
第4条の2 審査員は,博士論文の審査を実施する。 
2 審査員は,博士論文の審査に当たって,博士論文が新しい重要な発見を含むか,又は独創性のある新しい理論若しくは実験に基づいていることを確認する。 
(博士論文公聴会)
第5条 審査員は,博士論文審査の一環として,博士論文の公聴会を開催しなければならない。
2 公聴会の日程等は,開催日の1週間までに公示するものとする。
(試験の通知)
第6条 審査員は,学位規則第13条に規定する試験の内容,方法及び期日等を定め,これを実施日の1週間前までに学位を申請した者に通知するものとする。
(学力の確認の通知等)
第7条 審査員は,学位規則第14条に規定する学力の確認の内容,方法及び期日等を定め,これを実施日の1週間前までに学位を申請した者に通知するものとする。
2 外国語については,1種類を課すものとする。ただし,外国人については,母国語を除くものとする。
3 前2項の規定にかかわらず,第2条第1項第1号に規定する者のうち,退学したときから3年以内の者については,学力の確認を免除する。
(博士論文の審査及び試験等の結果の報告)
第8条 審査員は,博士論文の審査及び試験等が終了したときは,博士論文審査及び試験等結果報告書を研究科長に提出するものとする。
(雑則)
第9条 この要項に定めるもののほか,学位の授与に関する事項は,研究科教授会において定める。
 
 
附 則
 この要項は,平成16年4月1日から実施する。
附 則
 この要項は,平成19年4月1日から実施する。
附 則(平成22年3月22日改正)
 この要項は,平成22年4月1日から実施する。
附 則(平成29年3月21日改正) 
 この要項は,平成29年4月1日から実施し,平成29年度に学位の授与を受けようとする者から適用する。