佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第3編 管理運営
国立大学法人佐賀大学における法令遵守の基本方針
(平成23年2月23日制定)
1 目的
  この基本方針は,国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)の役員及び職員(以下「役職員」という。)が,法令その他学内規則を遵守(以下「法令遵守」という。)し,適正に職務を遂行し,もって本法人に対する社会的信頼の確保に資することを目的とする。
2 役職員の責務
  役職員は,高等教育機関としての本法人における法令遵守の重要性を深く認識し,社会規範,大学倫理にかなった良識をもって,適正な職務の遂行に努めなければならない。
3 学長及び監事の責務
  学長は,本法人における法令遵守体制を統轄し,内部統制システム(国立大学法人佐賀大学における業務の適性を確保するための体制等について(平成27年3月26日役員会決定)で定める業務の適正を確保するための体制等をいう。以下同じ。)を有効に機能させることにより,役職員の法令遵守状況を点検するとともに必要な措置を講ずる。
  監事は,本法人の法令遵守状況について監査し,法令遵守に関して学長に意見を述べるとともに,学長に重大な法令違反又は職務上の義務違反があると認めるときは,文部科学大臣に報告するものとする。
4 法令遵守のための実施体制
(1) 学長は,役職員が法令遵守し,適切に職務を遂行するため,次に掲げる事項を行う。
ア 個別の業務等毎に必要に応じて学内規則等を定め,法令遵守のための実施体制,講ずべき措置その他法令遵守に関し必要な事項を整備すること。
イ 組織的又は個人的な法令違反行為等に関する通報又は相談のための窓口の設置その他の必要な措置を講じることにより,法令違反行為等に係る事案の早期把握に努めること。
(2) 本法人は,次に掲げる手順により法令遵守の実施状況を確認する。
ア 部局等の長は,法令遵守に関し部局等における研修計画,防災計画,啓発活動その他の法令遵守のために必要な事項に関し具体的な部局実施計画を作成する。
イ 部局等の長は,部局実施計画の実施状況,当該実施状況を踏まえた法令遵守状況の点検その他の必要な事項を大学運営連絡会で報告する。
(3) 学長は,前号における報告その他の必要な方法により把握した部局等における法令遵守の取組状況等について,内部統制システムにおけるモニタリングの実施により検証等を行い,必要に応じて改善を指示するとともに,国立大学法人法(平成15年法律第112号)第35条において読み替えて準用する独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第21条の5の規定(以下「準用通則法の規定」という。)により,監事に報告する。
5 法令遵守に係る事案への対応等
(1) 学長は,法令遵守に係る事案(その疑いがある事案を含む。)が生じた場合は,当該事案に関連する学内規則等により,当該事案に対して適切に対応するものとする。
(2) 学長は,前号に規定する対応の後,再発防止に向けた取組として内部統制システムにおけるモニタリングを実施し,事案への対応経過,対応結果,改善すべき課題その他の必要な事項の検証等を行い,必要に応じて改善を指示するとともに,準用通則法の規定により,監事に報告する。
6 事務
 法令遵守に関する事務は,総務部総務課が行う。
7 その他
  この基本方針,個別の業務等毎に定めた学内規則等に定めるもののほか,法令遵守に関し必要な事項は,学長が別に定める。
 
附 則
 この基本方針は,平成23年2月23日から実施する。 
附 則(平成31年3月27日改正)
1 この基本方針は,平成31年4月1日から実施する。
2 法令遵守のための実施要領(平成23年2月23日制定)は,廃止する。