佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第21編 全学教育機構
佐賀大学全学教育機構規則
(平成23年3月23日制定)
(趣旨)
第1条 この規則は,国立大学法人佐賀大学基本規則(平成16年4月1日制定)第18条の2第2項の規定に基づき,佐賀大学全学教育機構(以下「機構」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。
(目的)
第2条 機構は,佐賀大学(以下「本学」という。)の目的,使命にのっとり,本学の共通教育,国際教育及び高等教育開発並びに本学の教育における情報通信技術の活用支援及び情報メディアによるコンテンツのデザインと研究開発を総合的に行うことにより,「佐賀大学学士力」に基づく学士課程教育の質保証に資することを目的とする。
2 前項に規定するもののほか,機構は,本学の目的,使命にのっとり,本学の大学院に置く各研究科における大学院教養教育を支援すること,及び本学の生涯学習を推進することを目的とする。 
(定義)
第2条の2 この規則において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるとおりとする。
(1) 共通教育 学部が編成する教育課程における教養教育,分野横断的教育プログラム及び副専攻プログラムの学部に共通する教育をいう。
(2) 国際教育 国際社会において主体的に行動できる人材の育成教育(留学生教育(派遣及び受入れ)を含む。)をいう。
(3) 高等教育開発 本学の教育に関する研究開発,企画及び支援をいう。
(4) 情報メディアによるコンテンツのデザインと研究開発 多様な情報メディアを用いたコンテンツデザインとそれを活用した教育の企画及び支援をいう。
(業務)
第3条 機構は,前条に掲げる目的を達成するため,次に掲げる業務を行う。
(1) 共通教育の企画,立案及び実施に関すること。
(2) 国際教育の企画,立案及び実施に関すること。
(3) 高等教育開発に関すること。
(4) 情報通信技術を活用した教育の支援に関すること。
(5) 情報メディアによるコンテンツのデザインと研究開発及び教育支援に関すること。 
(6) 大学院教養教育の企画,立案に関すること。
(7) 生涯学習に関すること。
(8) その他前条の目的を達成するための必要な業務に関すること。
(組織)
第4条 機構に次に掲げる組織を置く。
(1) 教育組織
(2) 支援組織
2 前項第1号の教育組織には,教育分野別に組織した部会を置く。
3 第1項第2号の支援組織には,高等教育開発室,クリエイティブ・ラーニングセンター及び生涯学習センターを置く。
4 第1項の組織に関し必要な事項は,別に定める。 
(職員等)
第5条 機構に,次の職員を置く。
(1) 機構長
(2) 副機構長
(3) 専任の教員
(4) 併任の教員
(5) その他必要な職員
2 前項各号に掲げる職員のほか,機構に特任教員を置くことができる。
3 第1項第4号の併任の教員の任期は2年とし,再任を妨げない。 
4 第1項各号に掲げる職員のほか,機構が開講する授業科目を担当し,及びその他の機構に関する業務を担当する教員を学内の教員のうちから委嘱し,協力教員とする。 
(機構長)
第6条 機構長は,副学長のうちから学長が指名した者をもって充てる。
2 機構長は,機構の業務をつかさどり,機構の職員を統督する。
3 機構長の任期は2年とし,再任を妨げない。
4 機構長に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
(副機構長)
第7条 副機構長は,本学の専任の教授のうちから機構長が指名した者をもって充てる。
2 副機構長は,機構長を助け,機構の業務を整理する。
3 副機構長の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,当該副機構長を指名した機構長の任期の終期を超えることはできない。
4 副機構長に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
第8条 削除
(部会長)
第9条 第4条第2項に規定する部会に,部会長を置く。 
2 部会長は,部会の業務を掌理する。
3 部会長は,機構の専任又は併任の教授又は准教授のうちから,第12条に規定する運営委員会の議を経て,機構長が定める。 
4 部会長の任期は2年とし,再任を妨げない。 
5 部会長に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
(高等教育開発室長) 
第10条 第4条第3項に規定する高等教育開発室に,高等教育開発室長を置く。
2 高等教育開発室長は,副機構長のうちから機構長が指名した者をもって充てる。
第11条 削除
第12条 削除
(運営委員会)
第13条 機構に,その管理運営に関する重要な事項を審議するため,佐賀大学全学教育機構運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。
(審議事項)
第14条 運営委員会は,次に掲げる事項を審議する。
(1) 専任教員の配置要望その他機構の教員の人事に関する事項
(2) 共通教育の編成及び実施に関する事項
(3) 国際教育の編成及び実施に関する事項
(4) 高等教育開発に関する事項
(5) 情報通信技術を活用した教育の支援に関する事項
(6) 情報メディアによるコンテンツのデザインと研究開発及び教育支援に関する事項 
(7) 大学院教養教育の企画,立案に関すること。 
(8) 生涯学習に関すること。 
(9) その他機構の管理運営に関する事項
(組織)
第15条 運営委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) 機構長
(2) 副機構長
(3) 部会長 
(4) 高等教育開発室長 
(5) クリエイティブ・ラーニングセンター長
(6) 生涯学習センター長 
(7) 各学部から選出された者 各1人 
(8) その他本学の職員のうちから学長が指名した者
2 前項第7号及び第8号の委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。
3 第1項第7号及び第8号の委員に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。 
(委員長)
第16条 運営委員会に委員長を置き,機構長をもって充てる。
2 委員長は,運営委員会を招集し,その議事を主宰する。
3 委員長に事故があるときは,副機構長のうちからあらかじめ委員長が指名した者がその職務を代行する。
(議事)
第17条 運営委員会は,構成員の3分の2以上の出席がなければ,議事を開き,議決をすることができない。
2 運営委員会の議事は,出席した構成員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。ただし,第14条第1号及び運営委員会が特に必要があると認めた事項については,出席者の3分の2以上の多数をもって議決しなければならない。
3 前2項の議事に当たり,第15条第1項の各委員で同一人が複数の役職を兼ねるときは,当該役職の数にかかわらず,1人の構成員及び1人の出席者として取り扱うものとする。 
(専門委員会)
第18条 運営委員会に,専門委員会を置くことができる。
(教員会議) 
第19条 機構に,機構長が機構の業務に関し意見聴取及び連絡調整を行うため,教員会議を置く。
(事務)
第20条 機構の事務は,学務部教務課が行う。
(雑則)
第21条 この規則に定めるもののほか,機構に関し必要な事項については,運営委員会の議を経て,機構長が定める。
 
附 則
1 この規則は,平成23年4月1日から施行する。
2 学長は,この規則施行後2年を経過する前までに,機構に関する検討状況を勘案し,この規則の規定について検討を加え,必要があると認めるときは,その結果に応じて所要の見直しを行うものとする。
附 則(平成23年10月26日改正) 
 この規則は,平成23年10月26日から施行する。
附 則(平成24年3月28日改正) 
1 この規則は,平成24年4月1日から施行する。 
2 この規則施行の際現に部門長,部会長,情報通信技術活用教育支援室長及び併任の教員の職にある者の任期は,改正後の第5条第3項,第8条第4項,第9条第4項及び第11条第3項の規定にかかわらず,平成25年3月31日までとする。
3 この規則施行後最初に選出される第14条第1項第7号から第9号までの運営委員会委員の任期は,同条第2項の規定にかかわらず,平成25年3月31日までとする。 
4 佐賀大学高等教育開発センター規則(平成16年4月1日制定)は,廃止する。 
附 則(平成27年3月26日改正)
 この規則は,平成27年4月1日から施行する。 
附 則(平成28年2月24日改正)
1 この規則は,平成28年4月1日から施行する。
2 佐賀大学eラーニングスタジオ設置規程(平成21年1月15日制定)は,廃止する。
附 則(平成28年9月21日改正)
 この規則は,平成28年9月21日から施行し,平成28年7月29日から適用する。
附 則(平成30年3月28日改正)
1 この規則は,平成30年4月1日から施行する。
2 この規則施行の際現にこの規則による改正前の佐賀大学全学教育機構規則(以下「旧規則」という。)第15条第1項第9号により工学系研究科から選出されている委員は,この規則による改正後の佐賀大学全学教育機構規則(以下「新規則」という。)第15条第1項第7号により理工学部から選出された委員とみなし,その任期は新規則第15条第2項の規定にかかわらず,旧規則第15条第1項第9号により選出された委員としての任期の末日までとする。
附 則(令和元年7月10日改正)
 この規則は,令和元年7月10日から施行し,平成31年4月1日から適用する。