佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第8編 国際交流推進センター
国立大学法人佐賀大学国際交流推進センター教員選考規程
(平成23年9月28日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人佐賀大学教員人事の方針(平成16年4月1日制定)1の(4)及び国立大学法人佐賀大学国際交流推進センター規則(平成23年9月28日制定)第11条の規定に基づき,国立大学法人佐賀大学国際交流推進センター(以下「センター」という。)における教員の採用及び昇任(以下「選考」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。
(教員の選考)
第2条 教員の選考は,国立大学法人佐賀大学国際交流推進センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)の議を経て,学長が行う。
(教員選考の原則)
第3条 教員の選考は,センターの理念・目標・将来構想に沿って行う。
2 教員の選考は,原則として,公募により行い,適任者が得られるよう努力する。
(選考委員会の設置)
第4条 センター長は,教員を選考する必要があるときは,運営委員会の議を経て,選考委員会を設置する。
2 選考委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。
(1) センター長
(2) 副センター長
(3) 各学部(理工学部を除く。),工学系研究科及び全学教育機構から選出された運営委員会委員 各1人
(4) センターの専任の教員
(選考委員会委員長)
第5条 選考委員会に委員長を置き,センター長をもって充てる。
2 委員長は,選考委員会を招集し,その議長となる。
3 委員長に事故があるときは,あらかじめ委員長が指名した委員が,その職務を代行する。
(選考委員会の議事等)
第6条 選考委員会は,委員の3分の2以上の出席がなければ,議事を開き,議決をすることができない。
2 議決は,出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。
3 選考委員会が必要と認めた場合は,選考委員会に委員以外の者を出席させ,意見を聴くことができる。
(教員候補者の公募)
第7条 選考委員会は,運営委員会の議を経て,原則として,学内外に教員候補者を公募する。ただし,相応の理由がある場合は,運営委員会の議を経て,公募以外の方法により選考することができる。
(暫定候補者の選定)
第8条 選考委員会は,国立大学法人佐賀大学教員選考規則(平成16年4月1日制定)に基づき調査選考の上,暫定候補者を定め,運営委員会に報告する。
2 教員の選考に当たって,選考委員会が必要と認めた場合は,他の関連学部及び学内共同教育研究施設等の意見を聴くことができる。
(候補者の選定)
第9条 運営委員会は,前条第1項の報告に基づき,候補者を選定する。
(選考経過の報告)
第10条 センター長は,運営委員会において決定した候補者の氏名とその選考経過を資料を添えて,学長に報告する。
(結果等の公表)
第11条 センター長は,選考経過及びその結果を応募者のプライバシーに配慮した上で,公表するものとする。
(雑則)
第12条 この規程に定めるもののほか,教員の選考等に関し疑義等が生じたときは,運営委員会が処理する。
 
 
附 則
1 この規程は,平成23年10月1日から施行する。
2 この規程施行後最初に任命される教員の選考のための手続は,この規程の施行前において国際交流センター(仮称)設置準備委員会が行うことができる。
附 則(平成26年2月24日改正)
 この規程は,平成26年4月1日から施行する。 
附 則(平成27年3月26日改正) 
 この規程は,平成27年4月1日から施行する。 
附 則(平成28年3月25日改正)
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。
附 則(平成29年3月22日改正)
 この規程は,平成29年4月1日から施行する。