佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第27編 学内共同教育研究施設 > 第1章 佐賀大学総合分析実験センター
佐賀大学総合分析実験センター長及び副センター長選考規程
(平成18年2月6日制定)
(趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人佐賀大学基本規則(平成16年4月1日制定)第33条第3項及び佐賀大学総合分析実験センター規則(平成16年4月1日制定)第7条の規定に基づき,佐賀大学総合分析実験センター(以下「センター」という。)におけるセンター長及び副センター長の選考に関し,必要な事項を定めるものとする。
(選考)
第2条 センター長及び副センター長の選考は,佐賀大学総合分析実験センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)の議を経て,学長が行う。
(センター長候補者の選定)
第3条 運営委員会は,次の各号のいずれかに該当する場合に,センター長候補者を選定する。
(1) センター長の任期が満了するとき。
(2) センター長が辞任を申し出たとき。
(3) センター長が欠員となったとき。
2 センター長候補者の選定は,前項第1号に該当する場合は,任期満了の日の1月前までに行い,同項第2号又は第3号に該当する場合は,その事由が生じたときから原則として1月以内に行う。
3 運営委員会は,センター長候補者を選定する必要が生じたときは,各学部に適任者の推薦を依頼する。
4 各学部は,適任者を選出の上,書面により運営委員会に推薦する。適任者がいない場合は,その旨運営委員会に通知する。
5 運営委員会は,前項の推薦に基づき,センター長候補者を選定する。
6 センター長候補者の選定は,運営委員会出席者の単記無記名投票により行い,有効投票数の過半数を得た者をセンター長候補者とする。過半数を得た者がいないときは,上位の投票者2人(得票同数の者がある場合は,2人を超えてもこれに加える。)について2回目の投票を行い,得票多数の者をセンター長候補者とする。ただし,得票多数の者の得票が同数であるときは,1回目の投票における得票多数の者をセンター長候補者とし,1回目の投票における得票が同数であるときは,年長者をセンター長候補者とする。
(副センター長候補者の選定)
第4条 副センター長候補者の選定は,センター長候補者選定の例に準ずる。
(選考経過の報告)
第5条 センター長は,運営委員会においてセンター長候補者又は副センター長候補者を選定したときは,速やかに学長に報告しなければならない。
(雑則)
第6条 この規程に定めるもののほか,センター長及び副センター長の選考に関し,疑義が生じたときは,運営委員会が処理する。
 
 
附 則
 この規程は,平成18年2月6日から施行する。
附 則(平成22年4月1日改正) 
1 この規程は,平成22年4月1日から施行する。
2 この規程施行の際,現にこの規程による改正前の佐賀大学総合分析実験センター長及び副センター長選考規程第3条第3項により理工学部から推薦されている教員は,この規程による改正後の佐賀大学総合分析実験センター長及び副センター長選考規程(以下「新規程」という。)第3条第3項により工学系研究科から推薦された教員とみなし,その任期は新規程第3条第3項の規定にかかわらず,理工学部から推薦された教員としての任期の末日までとする。
附 則(平成22年11月24日改正) 
 この規程は,平成22年11月24日から施行する。 
附 則(平成27年3月26日改正)
 この規程は,平成27年4月1日から施行する。
附 則(平成30年3月28日改正) 
 この規程は,平成30年4月1日から施行する。
この規程は,平成30年4月1日から施行する。