佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第2編 学則
佐賀大学学部入学者選抜試験に係る検定料に対する佐賀大学学則の特例措置に関する学則
(平成24年9月26日制定)
(目的)
第1条 この学則は,東日本大震災(以下「震災」という。)で被災した志願者の経済的負担を軽減し,進学機会の確保を図るため,佐賀大学学部入学者選抜試験に係る検定料に対する佐賀大学学則(平成16年4月1日制定)の特例措置を定めることを目的とする。
(定義)
第2条 この学則において「検定料免除対象者」とは,次に掲げるものをいう。
(1) 震災における災害救助法(昭和22年法律第118号)が適用されている地域で被災した志願者で,次のいずれかに該当した者
ア 主たる家計支持者が所有する自宅家屋が全壊,大規模半壊,半壊又は流出した場合
イ 主たる家計支持者が死亡又は行方不明の場合
(2) 居住地が福島第一原子力発電所事故により,警戒区域又は計画的避難区域に指定された者
(申請の手続)
第3条 前条の検定料免除対象者は,次に掲げる申請書類を学部入学者選抜試験の出願書類とともに提出するものとする。
(1) 検定料免除申請書(別紙様式)
(2) り災証明書(前条第1号アに該当した者に限る。)
(3) 死亡又は行方不明を証明する書類(前条第1号イに該当した者に限る。)
(4) 被災証明書(前条第2号に該当した者に限る。)
2 前項の出願書類の提出に当たっては,検定料振込依頼書の「C票」を貼付した検定料振込証明台紙の提出を要しない。
(検定料)
第4条 検定料免除対象者が前条に定める申請書類を提出した場合は,佐賀大学学則第46条の2の規定にかかわらず,検定料を徴収しない。
2 前項の場合において,検定料を納付していた場合には,納付した者の申出により当該検定料に相当する額を返還する。
 
 
附 則
 この学則は,平成24年9月26日から施行し,平成25年度学部入学者選抜試験志願者から適用する。