佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第20編 大学院 > 第6章 工学系研究科 > 第3款 人事
工学系研究科における教員の健康問題による長期療養者の職場復帰支援実施に関する申合せ
(平成25年4月10日制定)
(趣旨)
第1 この申合せは,国立大学法人佐賀大学職員の健康問題による長期療養者の職場復帰支援実施に関する要領(平成23年6月24日決定。以下「要領」という。)に定めるもののほか,工学系研究科の当該教員が円滑に職場復帰し,職務を継続できるように支援を行うことについて必要な事項を申し合わせる。
(復職支援チーム)
第2 研究科長は,当該教員が円滑に職場復帰できるように,代議員会に対して職場復帰支援プログラムの作成を指示するとともに,研究科長,教育研究評議会評議員及び専攻長を含む復職支援チームを結成する。
2 復職支援チームの構成は,必要に応じ柔軟に組織する。
3 復職支援チームは,定期的に当該教員及び所属内関係教職員との面談により,当該教員の状況を把握する。
(職場復帰支援プログラム)
第3 職場復帰支援プログラムは,仮出勤プログラム及び慣らし出勤プログラムとする。
2 職場復帰支援プログラムは,当該教員の意向を踏まえ,産業医及び人事課等と協議しながら作成し,遂行する。
(仮出勤プログラム)
第4 仮出勤プログラムは,要領に示された職場復帰可否の判断基準の例を参考にして作成する。
2 仮出勤プログラムの期間は原則として5週間とし,別に定める仮出勤プログラム(例)を基本形とする。
(慣らし出勤プログラム)
第5 慣らし出勤プログラムは,産業医の判断により作成する。
 
 
附 則
 この申合せは,平成25年4月10日から実施する。
附 則(平成31年4月24日改正) 
 この申合せは,令和元年5月1日から実施する。 
 
 
仮出勤プログラム(第4関係)