佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第20編 大学院 > 第6章 工学系研究科 > 第5款 学務
論博の受入れ及び社会人入学者の在学期間短縮に関する申合せ
平成16年4月1日
工学系研究科委員会
1 論博の受入れについて
  「佐賀大学大学院工学系研究科博士後期課程における学位審査基準(論文提出によるもの)についての申合せ」のⅡ「学位申請資格の認定方法(学位論文の草稿の内見等)」に係る内見受理教授は,主指導教員として博士後期課程の学生を修了させた教授がこれにあたるものとする。
  なお,満期退学した学生(博士後期課程に3年以上在学し,研究科が定めた所定の単位を修得し,かつ必要な研究指導を受けて退学した学生)の主指導教員であった教授もこれにあたることができる。
2 大学院工学系研究科博士後期課程における社会人特別選抜入学者の在学期間短縮の考え方について
  社会人特別選抜入学者の中で,入学前の最近の研究業績が,特に優れた者については,「工学系研究科博士後期課程の在学期間に関する申合せ」2にかかわらず,これらの業績に基づいて,在学期間の短縮をコース主任・部門長会議に諮ることができる。
 
 
附 則(平成24年5月9日改正)
 この申合せは,平成24年5月9日から実施し,平成24年4月1日から適用する。