佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第20編 大学院 > 第7章 農学研究科 > 第3款 人事
佐賀大学大学院農学研究科教員資格審査判定基準
(平成19年4月1日制定)
1.大学院農学研究科における指導教員資格は,原則として以下の基準により判定する。
2.主指導教員
  主指導教員は,修士課程の研究指導及び講義を担当し,学位論分審査の主査となることができる。
  論文Ⅰが20編以上〔ただし,第1著者(Corresponding Authorを含む。)である論文が10編以上あること〕で,最近5年間の業績が5編以上ある教授。
  論文Ⅰが20編以上〔ただし,第1著者(Corresponding Authorを含む。)である論文が10編以上かつ英文論文が10編以上あること〕で,最近5年間の業績が5編以上〔ただし,第1著者(Corresponding Authorを含む。)である論文が2編以上あること〕ある准教授。
  社会科学系の准教授の場合,主指導教員資格審査判定基準は教授の主指導教員資格審査判定基準に準じる。
3.副指導教員
  副指導教員は,修士課程の研究指導及び講義を担当する。
  論文Ⅰが12編以上〔ただし,第1著者(Corresponding Authorを含む)。〕である論文が6編以上あること〕で,最近5年間の業績が5編以上あること。
4.社会科学系の研究に関する著書は論文Ⅰとみなす。
5.論文Ⅰと著書については,別に定める。
 
 
附 則
 この申合せは,平成19年4月1日から実施する。ただし,平成19年3月31日現在において,大学院を担当している教授は主指導教員,助教授及び講師は副指導教員とし,助教授及び講師は本申合せによる主指導教員の資格審査を受けることができる。
附 則
 この申合せは,平成24年9月5日から実施する。
附 則 
 この申合せは,平成28年3月4日から実施する。
附 則
 この申合せは,平成29年6月14日から実施する。