佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第5章 医学部附属病院 > 第4款 医事
佐賀大学医学部附属病院診療預り金取扱要領
平成25年4月3日
制       定 
(趣旨)
第1条 この要領は,佐賀大学医学部附属病院(以下「本院」という。)において,入院患者,時間外に診療を受けた患者及びがん遺伝子パネル検査を受ける患者から円滑に診療費を収納するために実施する預り金の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。
(対象者) 
第2条 診療費の預り金(以下「預り金」という。)の対象者は,次の各号に掲げる者とする。ただし,(1)~(5)の患者については,佐賀県こどもの医療,公費負担医療,労働災害及びに交通事故(保険会社支払)の対象者並びにクレジットカード支払申込書を提出した者にあっては,預り金の対象外とする。
(1) 土日祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)に診療を受けた者 
(2) 平日の時間外(19時以後)に診療を受けた者
(3) 出産育児一時金制度の申請を行わない者
(4) 前期高齢者・後期高齢者の区分Ⅰ・区分Ⅱを除く者
(5) 入院診療を受ける者
(6) がん遺伝子パネル検査を受ける患者
(周知及び説明) 
第3条 時間外診療患者及び入院患者にかかる預り金については,掲示により周知するとともに,時間外診療患者にあっては時間外診療受付において,入院患者にあっては入院予約受付の際に説明するものとする。
2 がん遺伝子パネル検査を受ける患者については診察時に説明するものとする。 
(預り金の金額) 
第4条 預り金の金額は,時間外診療は10,000円,入院保険診療は50,000円(自由診療にあっては300,000円),がん遺伝子パネル検査を受ける患者については別途契約する金額とする。
2 時間外診療患者及び入院患者については,前項の預り金を支払えない旨の申し出があった場合は,千円を単位として,支払可能な金額を預るものとする。
(徴収時期) 
第5条 預り金の徴収は,時間外診療にあっては診療終了後時間外診療受付において,入院の場合にあっては入院日に収入窓ロにおいて,がん遺伝子パネル検査を受ける患者にあっては受診日に収入窓口において行う。
(預り証) 
第6条 前条により預り金を徴収したときは,預り証を交付する。
2 預り証の管理は,医事課収入主担当において行う。
(預り金の管理) 
第7条 収納担当者は,時間外診療受付の担当者から預り金を引き継いだとき又は入院患者及びがん遺伝子パネル検査を受ける患者から預り金を徴収したときは,医事課収入主担当が管理する金庫にて現金で保管又は本院が管理するロ座に預金し,預り金として管理を行う。
(預り金の精算) 
第8条 預り金の精算は,診療費の確定後,原則として預り証と引き替えに行う。
(返還金) 
第9条 前条の精算の結果,返還金が生じた場合は,収納担当者は金庫の現金から返還するものとする。
 
 
附 則 
 この要領は,平成25年4月3日から実施し,4月1日から適用する。 
附 則(令和2年1月20改正) 
 この要領は,令和2年1月20日から実施し,12月1日から適用する。