佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第3編 管理運営
国立大学法人佐賀大学年俸評価判定会議規程
(平成26年11月26日制定)
(設置) 
第1条 国立大学法人佐賀大学に,国立大学法人佐賀大学教員人事評価実施規程(平成20年5月16日制定。以下「実施規程」という。)に基づく業績評価を判定するため,年俸評価判定会議(以下「会議」という。)を置く。
(審議事項) 
第2条 会議は,国立大学法人佐賀大学年俸制教員給与規程(平成26年9月30日制定)第3条第1項に規定する年俸制教員の業績評価に関し,次に掲げる事項を審議する。  
(1) 評価区分に関する事項 
(2) その他業績評価に関する重要事項 
(組織) 
第3条 会議は,次に掲げる構成員をもって組織する。  
(1) 学長 
(2) 理事(非常勤の理事を除く。) 
(3) 学系長(医療系にあっては,医療系長)
(4) その他学長が指名する学外者 若干人 
2 前項第4号の委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。  
3 前項第4号の委員に欠員が生じた場合の補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。  
(議長) 
第4条 会議に議長を置き,前条第1号の構成員をもって充てる。  
2 議長は,会議を招集し,その議長となる。  
3 議長に事故があるときは,議長があらかじめ指名した構成員が,その職務を代行する。  
(議事) 
第5条 議事は,構成員の過半数の出席がなければ,議事を開き,議決をすることができない。  
2 議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。 
(構成員以外の者の出席) 
第6条 議長が必要と認めたときは,会議に構成員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。  
(部局判定会議) 
第7条 実施規程第3条第2項に規定する部局等に係る業績評価等に関する必要な事項を審議し,その実施に当たるため,部局判定会議を置く。  
2 前項に定めるもののほか,部局判定会議に関し必要な事項は,当該部局の長が定める。  
(評価区分の決定等)
第8条 学長は,会議の議を経て,評価区分を決定する。
2 学長は,前項の決定をしたときは,速やかに当該年俸制教員に通知するものとする。
(審査結果に対する不服申立て)
第9条 年俸制教員は,前条第1項の決定に対して不服がある場合は,書面により,学長に不服の申立てを行うことができる。ただし,不服申立ては,前条第2項の通知を受けた日の翌日から起算して10日以内にしなければならない。
2 学長は,前項の申立てを受けたときは,当該申立てに基づき,会議の議を経て,当該年俸制教員の評価区分を決定する。
3 前項の場合において,学長が必要と認めたときは,当該部局に対して意見を求めることができる。
4 学長は,第2項の決定を行ったときは,速やかに当該年俸制教員に通知するものとする。
5 当該申立てを行った年俸制教員は,第2項の決定について不服申立てを行うことはできない。
(事務) 
第10条 会議の事務は,総務部人事課が行う。  
(雑則) 
第11条 この規程に定めるもののほか,会議に関し,必要な事項は議長が別に定める。  
 
 
附 則 
 この規程は,平成26年12月1日から施行する。 
附 則(平成28年6月22日改正)
 この規程は,平成28年6月22日から施行する。
附 則(平成30年3月28日改正)
 この規程は,平成30年4月1日から施行する。