佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第20編 大学院 > 第6章 工学系研究科 > 第3款 人事
佐賀大学大学院工学系研究科における年俸制教員の業績評価に関する実施要項
(平成26年12月3日制定)
(趣旨)
第1 この要項は,佐賀大学大学院工学系研究科(以下「本研究科」という。)における年俸制を希望する教育職員及び国立大学法人佐賀大学年俸制教員給与規程(平成26年9月30日制定)第3条第1項に規定する年俸制の適用を学長に認められた教育職員(以下「年俸制教員等」という。)の業績等の審査の実施に関し,必要な事項を定める。  
(評価組織) 
第2 国立大学法人佐賀大学年俸評価判定会議規程(平成26年11月26日制定)第7条に基づき,本研究科における年俸制教員等の業績等の審査に関する必要事項を審議し,その実施に当たるため,佐賀大学大学院工学系研究科年俸評価判定会議(以下「判定会議」という。)を置き,以下に掲げる構成員をもって組織する。 
(1) 研究科長 
(2) 副研究科長 
2 前項の構成員が年俸制の適用を希望した場合は,本人の判定の際には退席し,判定会議に加わることはできない。  
3 判定会議が必要と認めたときは,構成員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。  
(業績等の審査) 
第3 年俸制教員等の業績等の審査は,次の審査領域について行う。 
(1) 教育 
(2) 研究 
(3) 国際交流・社会貢献 
(4) 組織運営 
2 前項の業績等の審査は,審査対象期間における個人の業績により行う。  
(業績評価の判定) 
第4 判定会議は,審査結果に基づき,年俸制教員等の業績評価を判定する。 
(業績評価等の手続) 
第5 研究科長は,前項の判定結果を受け,国立大学法人佐賀大学年俸評価判定会議に報告する。 
(雑則) 
第6 この要項に定めるもののほか,年俸制教員等の業績評価に関する審査領域ごとの審査項目,審査方法及び審査手順について必要な事項は,別に定める。
2 この要項の解釈について疑義があるときは,判定会議が決定する。 
 
 
附 則 
 この要項は,平成26年12月3日から実施する。