佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第3編 管理運営
国立大学法人佐賀大学における業務の適性を確保するための体制等について
平成27年 3月26日
役  員  会  決  定 
平成28年 4月 1日
一   部   改   正
平成29年 5月10日 
一   部   改   正 
平成29年 9月27日
一  部  改  正
平成30年 3月28日 
一  部  改  正 
令和元年10月 2日 
一  部  改  正 
  独立行政法人通則法の一部を改正する法律(平成26年法律第66号)に基づく「「独立行政法人の業務の適正を確保するための体制等の整備」について」(平成26年11月28日総管査第322号。以下「総務省通知」という。)の内容を踏まえ,国立大学法人佐賀大学(以下「本法人」という。)における業務の適正を確保するための体制等(以下「内部統制システム」という。)について,次のとおり定める。
 
1.学長の責務 
(1) 学長は,本法人における内部統制システムに関する業務を総理する。
(2) 内部統制システムの整備及び運用に関して,必要な事項は,役員会の議を経て,学長が定めるものとする。
 
2.内部統制担当理事等 
(1) 内部統制担当理事を置き,学長が指名する理事をもって充てる。 
(2) 内部統制推進責任者を置き,学域,学系,医療系,事務局,リージョナル・イノベーションセンター,アドミッションセンター,キャリアセンター,国際交流推進センター,教員免許更新講習室,学長企画室,国立大学法人佐賀大学基本規則(平成16年4月1日制定)第12条に規定する室,地域創生推進センター,学部(学部附属の教育施設及び研究施設を含む。),研究科,全学教育機構,附属図書館,美術館,保健管理センター,共同利用・共同研究拠点及び学内共同教育研究施設(以下「部局」という。)の長をもって充てる。 
(3) 内部統制推進責任者は,業務の遂行の障害となる要因をリスクとして識別,分析及び評価し,その結果に基づいて,当該リスクの低減に必要な措置を講ずる。 
 
3.モニタリングの実施 
(1) 内部統制担当理事は,本法人における内部統制システムが有効に機能しているか,役員会の議を経て定める項目について,モニタリングを行う。 
(2) 内部統制担当理事は,前号のモニタリングを行うとき,必要に応じて関係職員と面談を行うことができる。 
(3) 内部統制推進責任者は,第1号において役員会が定める項目について,各部局の業務の状況を調査し,内部統制担当理事に対して報告しなければならない。 
(4) 内部統制担当理事は,前号の報告を取りまとめ,役員会に対して報告を行う。 
(5) モニタリングの結果,又はモニタリングの過程において改善すべき事項が発見された場合は,役員会,内部統制担当理事及び関係部局等において改善策の検討を行い,速やかに実行するものとする。 
 
4.その他  
(1) 内部統制担当理事は,必要に応じて大学運営連絡会において,内部統制システムについて意見交換を行う。 
(2) 内部統制システムに関する事務は,総務部総務課が行う。 
(3) 総務部総務課は,内部統制推進のため,人事課と協力して研修を実施する。 
(4) 内部統制システムについては,不断の見直しを行うものとする。