佐賀大学 規程集

トップページに戻る
最上位 > 第19編 学部 > 第4章 医学部 > 第7款 附属施設
佐賀大学医学部附属地域医療科学教育研究センター臨床技能開発室運営内規
平成19年1月18日
制        定
(設置)
第1条 佐賀大学医学部附属地域医療科学教育研究センター(以下「センター」という。)規程第8条の規定に基づき,臨床技能開発室(以下「開発室」という。)を置く。
(目的)
第2条 開発室は,本学の学生及び職員の医療技術の習得及び向上を目的とする。
(運営組織)
第3条 開発室の管理運営は,センターの医学教育開発部門の教職員が行うこととする。
(使用対象者)
第4条 開発室を使用できる者は,次の各号に掲げる者とする。
(1) 本学の学生及び職員
(2) 本学に所属する研究科等が主催又は共催する講習会に参加する者
(3) その他医学教育開発部門長が特に認めた者
(使用時間等)
第5条 利用時間等は次の各号に掲げるとおりとする。
(1) 使用時間 午前8時から午後12時
(2) 使用要領等
・学生は学生証で,教職員は附属図書館利用証(要利用申請)で入室する。
・入退室時にはスキルスラボ前の入退室表に所属・氏名等記入する。ただし,医学教育開発部門長が必要と認めたときは,使用を制限することがある。
(使用の範囲)
第6条 開発室は,次の各号に掲げる場合に使用することができる。ただし,医学教育開発部門長が特に認めた場合は,この限りではない。
(1) 実習を伴う授業
(2) BLS,ACLS等の講習会
(3) 自己学習 ただし,上記(1),(2)を優先する。
(順守事項)
第7条 開発室を使用する者は,次に掲げる事項を順守しなければならない。
(1) 火災等の災害予防に留意すること。
(2) 施設,設備,備品等を破損又は紛失しないこと。
(3) 許可された使用時間を守ること。
(4) 許可された目的以外の使用はしないこと。
(5) 使用の中止をしたときは,直ちにセンターの医学教育開発部門教職員に届け出ること。
(6) 使用後は清掃の上,機器等の整理整頓,戸締り及び消灯を行うこと。
(7) その他センターの医学教育開発部門教職員の指示に従うこと。
(損害賠償)
第8条 開発室を使用する者は,故意又は重大な過失により,施設,設備,備品等を破損又は滅失したときは,直ちに医学教育開発部門長に報告するとともに,その指示のもとに原状に復し,その損害を賠償しなければならない。
(物品の取扱い等について)
第9条 開発室における物品の取扱い等については,次に掲げる各号によるものとする。
(1) 機器類の持ち出しは原則として禁止する。ただし,所定の申請書を医学教育開発部門長に提出し許可された者に限り,借用を許可する。
(2) BLS,ACLS等の講習会の消耗品は,主催する研究室等が負担する。
(3) 専門学校等他教育機関の教育・研修等に使用する場合の消耗品は,利用者側が負担する。
(4) (2),(3)以外の消耗品の補充は,医学教育開発部門が負担する。
(5) 高額の修理費及び消耗品費に関しては,医学教育開発部門会において審議する。
(雑則)
第10条 この内規に定めるもののほか,開発室の運営に関し必要な事項は,別に定める。
 
 
附 則
 この内規は,平成19年1月18日から施行する。
附 則(平成30年12月12日改正) 
 この内規は,平成31年1月1日から施行する。